婚活における、最初のデートの心得

目安時間:約 4分

婚活において、最初のデートで心得ておくべきことは何でしょうか?最初のデートで女性に好印象を持ってもらわないと、フェードアウトになるか、交際をお断りされるという運命をたどることになってしまいます。

 

身だしなみを整えるなどの基本的なことをクリアーした上で心得ておくことは、女性の言うことに対して反応することだと思います。

 

おとなしい人は、心の中で反応していても、言葉や表情で、それを表現しない癖がついてしまっています。それでは、お相手の女性にとって、反応していないのと同じことになってしまいます。

 

慣れていなければ、最初は自分の反応の仕方がぎこちなく、かえって不自然に思えて、口に出さない方がましだと思ってしまうかもしれません。口は災いの元なんてことわざもありますしね。

 

今まで、話さないことによって、周りとのトラブルを避けてきた人であれば、余計、何かコメントをすることにより、どんどん印象を悪くするような気がしてしまうかもしれません。

 

婚活を成功させるためには、その考えを改めなければなりません。心の中だけではなく、女性がわかる形で、女性の言うことに反応してください。ほめられるところは、しっかりほめてください。

 

例えば、職業を聞いたとき、保育士だったら、「子ども好きな人なんですね」、ペットトリマーだったら、「動物が好きなんですか?優しい人なんですね」、子どもに英語を教えている人だったら、「うわぁ、すごいですね!僕は英語、全然ダメだったから、英語できるなんてすごいと思います」とか、笑顔で、大袈裟に。

 

職業が事務関係など、それ自体をほめるのがおかしい場合は、「お仕事、楽しいですか?」などと聞いて、「今、仕事内容をやっと理解してきて、面白くなってきたところです」というような返事が返ってきたら、「そうですか。てきぱきと仕事ができそうな人に見えます」とほめてみるとか、「あ、僕もそういうとき、あったなぁ」と共感してみてもいいです。

 

「今の仕事、すごくきつくて、転職を考えているんです」というような返事だったら、「そうですか。すごくきついんですか。大変なんですね」などと、共感するのです。

 

そうやって、気持ちに寄り添うことを示せると、女性が、「あ、この人とは波長が合う感じ」と思って、あなたの印象が良くなります。心の中だけで、「へぇ、そうなのか」とか、「ふ~ん、大変なんだな」と思っているだけでは、あなた一人で、「なんか波長が合いそうだな」と思っていて、お相手の女性はあなたが「無反応」と思ってしまいます。

 

女性の言うことに反応することを心得てください。ほめるところはほめる、共感するなど、女性の気持ちに寄り添えるといいと思います。

 

まとめ

 

婚活における最初のデートでは、良い印象を持ってもらえるように、女性の言ったことに対して、ほめたり共感したり、しっかり反応を示すようにする。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
お手頃価格の結婚相談所



無料ご相談窓口-お気軽にご利用ください!

    管理人プロフィール

    管理人:婚活サポーターCarmina

    ラテン文化の中で培った経験と、持ち前の勤勉さで習得した婚活の知恵、及び、自身の恋愛、結婚話を、絶妙なコンビネーションでブレンドして、婚活を応援するための情報として、発信しています!

    詳しいプロフィールはこちら

    ページの先頭へ