婚活における、最初3回のデート

目安時間:約 5分

婚活における、最初3回のデートというのは非常に重要です。お互いに、結婚を前提としたお付き合いを始めるかどうかを見極める機会となるからです。いわゆる「普通のデート」と同じではいけないわけです。

 

その女性と初めてのデートで緊張するし、会話に自信がなかったりすると、喫茶店やレストランで差し向かいでずっとしゃべる自信がないので、デート先として、美術館とか、水族館とかをつい選んでしまいますよね。

 

「この絵、素晴らしいですね」とか、「タツノオトシゴってすごいかわいいですね」とか話して、間を持たすことができて、帰り際、「今日はとても楽しかったです」なんて女性に言われたら、今日のデートは成功って思うかもしれません。

 

でも、そういうデートを3回続けた後、手をつなごうとしたり、告白しても、うまくいかないんじゃないかと思います。なぜって、3回のデートの後、女性はあなたのことが全然わかってないからです。

 

婚活における、最初3回のデートは「楽しい時間を過ごす」だけが目的ではないのです。あなたのプロフィールを女性は知っているかもしれませんが、それ以外のことで、あなたが結婚する相手であり得るのかどうかを判断したいのです。

 

ここで悪党が出現して、彼女が危険な目に遭いそうになり、あなたが悪党をこてんぱんにやっつければ、何も会話せずに、彼女はあなたと結婚したいと思うでしょう。でも、そういう状況にならない平和な今時は、言葉によって、彼女を説得するしかないのではないでしょうか?

 

素晴らしい絵のことや、タツノオトシゴのことなどを話しても、彼女があなたと結婚して大丈夫かどうかの判断材料にはなりにくいですよね?だから、3回デートしていても、内容の薄いデートだったと言わざるを得なくなります。

 

美術館が悪いわけではありませんが、帰りに落ちついて話せる喫茶店のようなところに寄って、彼女があなたと結婚することに躊躇しないような方向で、しっかりと話をする必要はあります。何を言うつもりか、あらかじめ考えておいた方がうまくいくと思います。あなたの、将来に対する考え方を、彼女を安心させる形で自信を持って言うのです。

 

具体性があった方が、安心できると思います。住むところはどうするつもりなのか、貯金がいくらあって、それをどのように使うつもりがあるのか。彼女の希望も聞いて、その希望が叶えられるために、自分がどのような役割を果たせるか。年収が少ないならなおのこと、その辺の不安を払しょくすべく、気持ちだけは誰にも負けないとか、一緒にどんなことでも頑張っていきたいとか、後悔はさせないとか、あなたの言葉で伝えることです。

 

それは好意を伝えていることになります。そうやって、1回目のデート、2回目のデート、3回目のデートと回を重ねるごとに、彼女にあなたの考えていることや、あなたの気持ちがしっかりと伝わっていくようにするのです。プロフィールのデータだけでなく、あなたのことをわかってもらえた上で、告白するという流れです。

 

同じ3回のデートでも、そういうことをしていないと、告白されても判断のしようがなくて、「好き」という恋心が芽生えているのでもない限り、お断りということになってしまいます。

 

冗談を言って笑わしたりできていたとしても、いろんな楽しいところに連れて行ってあげたり、おいしいものをたくさんごちそうできたとしても、あなた自身の性格が、彼女に安心感を与えるものであったとしても、一番大切なことが抜けていたら意味がないと思います。一番大切なことは、女性に「この人となら結婚してもいいかも」と思ってもらえるような安心感を言葉で与えることです。

 

まとめ

 

婚活における、最初の3回のデートはとても重要。ただ、女性を楽しませることだけを考えたデートではなく、落ち着いて話のできる状況を毎回作って、女性があなたとの結婚を思い描いて安心できるように、言葉で伝えていく。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
お手頃価格の結婚相談所



無料ご相談窓口-お気軽にご利用ください!

    管理人プロフィール

    管理人:婚活サポーターCarmina

    ラテン文化の中で培った経験と、持ち前の勤勉さで習得した婚活の知恵、及び、自身の恋愛、結婚話を、絶妙なコンビネーションでブレンドして、婚活を応援するための情報として、発信しています!

    詳しいプロフィールはこちら

    ページの先頭へ