男の浴衣の帯結び(夏のデートの下準備)

Pocket

夏になると、花火を見に行ったり、婚活パーティーでも、「浴衣デー」などがある場合もあったりで、男性も、浴衣を着たくなりませんか?今回は、夏のデートの下準備ということで、男の浴衣の帯結びのやり方を説明していきます。

「貝の口」という名の帯結びは2種類ありますが、最もポピュラーな結び方で、きりっとした結び上がりになる方の「貝の口」の解説です。

「貝の口」の結び方


「て」先の帯幅を二つおりにします。「て」の長さは、腰骨から、こぶし一つ分にして、帯を胴に2~3回巻いていきます。


 

片手幅いっぱいの長さを「たれ」で取り、残りの帯は内側に折り返しておきます。そして、腰骨の位置でしっかり引き締めてください。


「て」先と「たれ」先の長さが、背中央で同じになるようにします。そして、「たれ」先を上にして交差させてください。それから、「たれ」を「て」の下から通して、しっかりと結んでください。


結んだあと、「て」先を右斜め上に折り上げてください。それから「たれ」を「て」先にかぶせます。


「て」の下側から、降ろした「たれ」を左ななめ上に入れて、「て」先と「たれ」先をひっぱって結びます。


貝の口、仕上がりました!

浴衣の着装


浴衣の着装は、左前になるように気を付けてください。左前になっていると、衿の合わせの間に右手を入れることができます。

衿合わせが反対になっていると、どこかのおばさんが、突然ツカツカと近寄ってきて、あなたの胸元を掴んで、無理やり脱がそうとするかもしれません。

亡くなった方の着物の衿合わせは右前にするので、あなたが間違えていることに気が付く人がいたら、直してくれようとするかもしれないわけですね。だから、左前になるように注意して着てください。

それから腰ひもを腰骨の位置に当てて締めます。結び目は前中央にならないように気を付けてください。

そして、上で説明した帯結びをします。

男の浴衣の帯結び・まとめ


日本人に浴衣はとても似合うと思います。それに、着心地もいいものです。デートの時、女性が浴衣なら、男性も合わせたいですよね。

でも、ぶっつけ本番はやめてくださいね。デートの最中に帯が崩れてしまっては困りますから。何回か、事前に練習しておけば、粋な着こなしができるようになります。今、彼女がいなくても、練習しておけば、いざというときに落ち着いて着れます。

ちょっと絵がよれよれしていて申し訳ないですが、私は着付けの免状を持っていたりするので、最後に帯結びで締めようと思いました。自分で着れるようになるといいですね。

今まで男性の婚活を応援してきました。だいたい伝えたいことはすべて伝えきったかな、と感じています(ちゃんと伝わったかどうかはまた、別の話ですが)。婚活に関する多くの悩みの解決策は提案できたと思います。もし、あなたにとって役に立てる記事があったなら、大変うれしいです。

「婚活を成功させるための男性限定ブログ」は、いったん更新を止めて、新たなチャレンジをしようと思っています。もし、スペイン語に興味がありましたら、スペイン語講座 というブログに遊びにきてくださいね。

オーストラリアやメキシコのことを書いている雑記ブログは更新しています。よかったら、こちらにも遊びに来てください!

今まで、本当にありがとうございました。あなたが素敵な女性とめぐり合って、幸せな結婚へとつながっていきますよう、心から祈っています!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA