婚活ビジネス以外の出会いの場

目安時間:約 4分

日本には、婚活ビジネスというものが存在し、お金を出せば、さまざまな形で出会いの場を提供してくれていて便利です。では、婚活ビジネスなるものが、あまり、または全然ない国の人たちは、どうやって結婚相手をみつけているのでしょうか?

 

私はメキシコに随分長い間暮らしていました。メキシコでは、よっぽど高いレベルの社会層の人でもない限り、お見合いのようなものはありませんから、自力でお相手をみつけるしか方法がありません。そういうわけで、彼らはしょっちゅうパーティーに出かけます。大抵のパーティーというのは、日本のように、限定された招待客だけということはなく、来る者は拒まない、いわば、収拾のつかないようなパーティーです。

 

どさくさに紛れて誰でも参加していいわけですね。めちゃくちゃだな、と思うかもしれませんが、男女の出会いの場としては、非常にいいのです。でも、そんなのんきな国ばかりではありませんよね。結局、どんな国でも男女は出会って結ばれていきます。

 

婚活ビジネスは大いに利用してください。でも、この世の約半分は女性なのですから、婚活ビジネスを利用しなくても、出会いはそこここにあるはずなんです。

 

例えばいつも行くコンビニの店員さん、買うときに、無言でお金を渡すのではなく、何か一言交わしてみてはいかがですか?買ったあと、笑顔を作って、目を見て、「どうも」って言いながらぺこっと頭を下げてみるとか。そんなことが何回かあれば、二言、三言、会話を交わす関係に発展することだってできます。

 

その店員さんには彼氏がいるかもしれないとか、結婚してるかもとか、遠慮する必要ないと思います。さわやかに挨拶することが悪いわけがありません。会話ができるようになったら、そのうち彼氏がいるのかどうかなどもわかってくると思います。彼氏がいるとわかって、急に冷たくしたりしないでくださいね。休み時間に同僚の女の子に、あなたの好印象を話したりするかもしれないんですから。他の女の子につながっているんですよ。

 

出会いがないからと言って、毎日いい加減な服装とかはやめてくださいね。仕事への往復で、彼女になり得そうな女性がまわりにいないからと、髪形もぼさぼさのままでは、出会いはありません。まわりに結婚相手になりそうな女性がいなくても、デートに行くようなつもりで清潔感漂わせて出かけてください。

 

「でも、仕事場では作業着だし・・」と思うかもしれませんよね。作業着でも、姿勢を良くすることはできますよね?人に親切にすることはできますよね?人と笑顔で接することはできますよね?同僚に好印象を持ってもらえれば、「誰か紹介してください」と頼んだときに、快く妹や娘を紹介してくれる人がいるかもしれません。あなたが感じのいい人でなければ、誰があなたに自分の妹や娘を紹介するでしょうか?

 

老若男女を問わず、あなたが日々、人と接しているならば、その人はあなたに良縁をもたらしてくれる人かもしれないということを理解して、結婚したいなら、お見合いのときだけでなく、毎日、身だしなみを整え、誰にでも親切にするようにしてください。そういう日々の努力が、出会いをもたらしてくれるのです。

 

まとめ

 

婚活ビジネス以外でも、出会いの場はそこここにある。その出会いの場を引き寄せるために、日々、身だしなみに気を付け、挨拶もきちっとできるようにし、人に笑顔で接することや親切にすることを心掛ける。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ