婚活における、最初のデートで食べるもの

目安時間:約 4分

これは最初のデートに限ったことではないのですが、婚活において、デート中に何を食べますか?まさか、ファミレスに入って、コーヒーだけしか注文しなかったなんてことないでしょうね?初めてのデートは特に緊張して、何か食べる気にならないのはわかります。でも、あなたがコーヒーしか頼まなかったら、彼女も飲み物しか頼めませんよね。

 

彼女のことを思いやりたいなら、まず、あなたがちゃんと食べ物も注文して、女性も頼みやすいような状況を作ってあげてください。喫茶店なら、ケーキ、レストランならうな丼でも何でも頼んでください。男たるもの、食べ物位、食べてください。

 

話しが途切れたら、食べ物があれば食べれば、間を持たすこともできますよね。おいしければ、「あ~、このうな丼、うまいな~」と言えば、会話のきっかけにもなります。コーヒー一杯だったら、「このコーヒー、なかなかおいしいですよ」と一回言っておしまいですが、うな丼だったら、3回立て続けに言うのもありです。「ほんとにうまい」、「なんか、まじでめっちゃうまい」とか。

 

ちょっと演技が入っていていいんです。本当においしそうに、幸せそうに食べるんです。そうしたら、女性に安心感を与えることができますよね。「食べない男」より「食べる男」の方が頼もしいに決まっています。会話が途切れ気味であったとしても、女性の方から思わず言葉が出てしまうと思います。「ほんとにうなぎ、好きなんですね」とか。

 

そうなると、女性もリラックスできて、食べ物を食べることができます。おいしそうに食べるあなたの姿を見たら、結婚後、彼女の作った手料理もおいしそうに食べてくれそうな予感がします。二人とも、お腹に食べ物が入れば、精神的に落ち着いてくるものだということも、ご存知でしたか?

 

テーブルに食べ物や飲み物がいろいろあればあるほど、会話もしやすくなります。テーブルの上にあるものを見て、コメントしやすいですからね。「それ、おいしそうですね」とか、「なんか、ボリューム多いですよね」とか。目の前に飲み物しかなかったら、あんまりにも寂しすぎる気がします。ケチな感じもしますしね。

 

女性も緊張しているのです。お互いの緊張をほぐすために、まず、あなたが率先して食べ物、飲み物を注文し、女性にも頼みやすいようにしてあげることです。男性の前で、食事をするのも緊張するものです。だから、あなたがまず、彼女の前で、おいしそうに食べて、彼女が「食べてもいいんだ」、と思える環境を作ってあげてください。

 

信じてください。それが、男らしさというものです。あなたがイニシアティブをとっているからです。お互いに緊張しているにも関わらず、あなたの方が勇気を出して、率先してやっているからです。そういう行為が、彼女をリラックスさせ、あなたへの好感度を上げさせることになるのです。

 

まとめ

 

婚活における、最初のデートで、飲み物しか頼まないと、会話も弾みにくいし、女性をリラックスさせることもできにくい。婚活を成功させるためには、女性の前で、おいしそうにしっかり食べること。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
お手頃価格の結婚相談所



無料ご相談窓口-お気軽にご利用ください!

    管理人プロフィール

    管理人:婚活サポーターCarmina

    ラテン文化の中で培った経験と、持ち前の勤勉さで習得した婚活の知恵、及び、自身の恋愛、結婚話を、絶妙なコンビネーションでブレンドして、婚活を応援するための情報として、発信しています!

    詳しいプロフィールはこちら

    ページの先頭へ