婚活で告白して保留にされた時の成功例

目安時間:約 7分

婚活で女性に告白をして保留にされてしまった時、どう対応したらいいか悩んでしまうところです。今回は、そんな状況から結婚するにまでいたった男性の成功例をご紹介します。すべての方に当てはまるわけではないですが参考にしていただければ、と思います。

 

婚活で女性に告白するまでの状況

Aさんから相談を受けたのは、彼が婚活をしていて出会った女性に告白をして保留にされてしまった後でした。それで、とりあえずはその女性に2週間程、連絡を取らないように言って、告白するまでの状況を聞いてみました。

 

私はAさんとは面識がないのですが、写真を添付してもらったので雰囲気はわかります。優しそうな印象の男性です。年齢は34歳で技術職についていらっしゃるとのことでした。本人曰く、中肉中背。

 

とある婚活パーティーで初めて出会ったときから好きになってしまって、しかも、初めてカップリングできた女性だったんだそうです。

 

婚活をやり始めて3か月、一度もカップリングできたことがなかったのに、出会った瞬間から気に入った女性とカップリングできてしまったことに、有頂天になりすぎたのかもしれない、とおっしゃっていました。

 

その日は婚活パーティーの後、近くのカフェでお茶を飲んで、その次の週に水族館に行く約束をしたのだそうです。それで、水族館デートの後、イタリアンレストランで食事中に告白して「少し考えさせてください」と保留になってしまったそうです。

 

「どうしてそんなに急いで告白したのですか?」と聞いてみたら、「水族館、すごく楽しかった」とうれしそうな顔をして言われたので、いてもたってもいられなくなって告白してしまったのだそうです。

 

女性はメーカーに勤める30歳の方とのことでした。

 

反省点

年齢的にも真剣に婚活していた女性だと思うので、結婚を前提としたお付き合いを始めるためには、もう少しお互いをよく知れるチャンスがあった方が良かったと思います。

 

デートも、早い段階で水族館というのはあまりおすすめできるスポットではありません。Aさんも、水族館ではもっぱら魚の話ばかりで、お互いのことはほとんど話していなかったことを認めていました。

 

婚活での最初3回くらいのデートは、落ち着いたレストランのようなところで、会話をたくさんすることが重要です。なぜなら婚活の場合は、デート3回くらいで、結婚を前提としたお付き合いをしてもいい人かどうかを見定めなければならないからです。そのためには会話の時間を多く取る必要があるのです。

 

ほとんどお相手に自分のことを理解してもらうための十分な情報を与える機会も持たずにいたなら、告白されても女性は答えられないと思います。そんな場合に保留されることはよくあります。

 

 

Aさんの成功例

でも、保留されてしまったら、「今度こそたくさん話をしてお互いのことをよく知り合えるようにしよう」と思っても遅いのです。女性は告白されてしまったら「付き合うか付き合わないかどっちか」に決めなければならない状況に陥ってしまうのです。

 

男性の方は「返事はまだでもいいからまたデートしたい」という気持ちがあるかもしれませんが、女性側からすると、それはありえません。

 

だからAさんのように、2週間は連絡をとらずにそっとしておいた方がいいです。1週間というのは割とあっという間に過ぎますが、2週間というのは少し長いので、女性に気持ちの変化が生まれます。

 

女性は保留にして最初の1週間は「会えない」と固く思っていても、1週間を過ぎて連絡が全くないと、いろんなことを考えだして気持ちが揺れてきます。最初の1週間は自分が保留にしたんだから「ほっておいてほしい」と思っているわけですが、1週間以上経って何の音沙汰もないと勝手なもので、「あれ、なんで連絡くれないのかな」なんて不安になったりするものなのです。

 

Aさんには、2週間経って、彼女に連絡するときも、告白の返事を求めないことや、そういう雰囲気にならない限りはデートにもまだ誘わずに、軽い感じで連絡を取るだけにするよう言ってありました。

 

Aさんなりに考えて、2週間後の彼女への連絡は短いメールだけにしたそうです。内容は、彼女が元気にしてるか聞いた後、何曜日の何時のどこの婚活パーティーに行こうと思うけど、良かったら来ない?みたいな感じに明るく書いたそうです。

 

婚活パーティーに行く気はなかったそうですが、かけだったんだそうですよ。そうしたら、彼女から返事が来て、短いやりとりを何回かした後、婚活パーティーではなくちゃんとデートしたんだそうです。今度はいろんなことを話すように努力したら、別れ際に彼女の方から「こんな私で良かったら」ってお付き合いOKの返事をしてくれたそうです。

 

それから2か月も経たないうちに「結婚することになりました」と連絡いただきました!

 

 

婚活で告白して保留にされた時の成功例・まとめ

婚活で告白して保留にされた時の成功に持っていけた一例のご紹介でした。みんながみんな、同じようにしてうまくいくとは限らないですが、やはり、保留にされてしまったら、2週間は連絡せず、というのはいい方法だと思います。その後、連絡を取るときも、短めに、明るく、告白したことを忘れたかのように振る舞った方がうまくいくと思います。

 

2週間の間に女心について詳しく研究しておきたい場合は↓こちらがおススメです。
    これを読めば女心が理解できるようになる!   

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ