外国の女性との国際結婚について

目安時間:約 5分

婚活において、外国の女性との国際結婚が選択肢に入ってくることがあると思います。今回は、日本人男性と外国人女性との結婚について考えてみたいと思います。

 

私自身が国際結婚をしています。メキシコ人男性と結婚しました。日本人男性と外国人女性の組み合わせではないわけですが、国際結婚がうまくいったケースですので、その理由をお伝えしようと思います。

 

私がメキシコ人と結婚した時は、メキシコに10年以上住んでいて、メキシコ文化のことがよくわかっていた時でした。メキシコはスペイン語ですが、言葉の問題もなくなっていたので、彼とも、彼の家族ともコミュニケーションをしっかりとれました。メキシコ人のことをよく理解していましたし、好きでした。

 

これが、メキシコに行ってまだ月日が浅い頃に結婚したのであれば、話が全然違っていたと思います。言葉が通じなかったり、お互いの文化や宗教の違いなどを乗り越えていくのは、簡単ではないと思います。

 

外国人女性が日本に長年住んでいて、日本文化が好きで、理解があり、日本語がだいぶできる人なら、結婚を考えても大丈夫かな、と思います。

 

でも、日本に来てまだ1年もたっていない人で、日本語も片言であるなら、交際期間は1年以上と、長くした方がいいと思います。その間、できるだけ、お互いのことを知るよう努力してください。日本語もできるだけ勉強してもらってください。

 

もしあなたが外国にいて、そこで知り合った女性と結婚したいと思う場合、あなたがその国で、職を得て、経済的に彼女を支えることができるのなら、結婚を考えてもいいと思います。でも、あなたはその国に根を張る覚悟が必要だと思います。それができるでしょうか?あなたがその国に順応して、言葉も上達しなければなりません。

 

もしあなたが外国にいて、そこで知り合った女性と結婚したいと思う場合で、その女性を日本に連れてきたいと思うケースもあると思います。あなたが日本で仕事をするつもりだからです。その場合が一番難しいケースかもしれません。

 

女性はあなたのことが好きでも、日本に住んだことがなければ、これから、言葉や文化の壁を乗り越えていかなければならないからです。ホームシックにもかかると思います。相思相愛だったとしても、女性が壁を乗り越えられなければ、結婚はうまくいきません。

 

日本人男性でメキシコ人女性と結婚して、日本に連れてきて住んでいる人がいました。そのメキシコ人女性と話したことがあります。日本人男性が仕事で外出している間、彼女は日本語ができないので話す相手もいないで、毎日、家で、目を指でつついているんだと言っていました。

 

辛さがわかるでしょうか?だから結婚するな、というわけではありません。けれど、彼女との破局を迎えるのを避けるためにも、特別な計らいは必要です。同じ国の人たちのサークルがあれば、それに参加できるようにしてあげるとか、日本語を苦痛にならずに学べるような環境を整えてあげるなどもしてください。

 

何か好きなことがあるのならやらせてあげてください。縫い物が好きだとか、動物が好きだとか、歌が好きだとか、何かあるはずです。そして、できるだけ、あなたが彼女と多くの時間を過ごせるよう、仕事を調整してくださいね。

 

あなたのスペックが低かったり、借金を抱えていたり、病気の親と同居しているなど、婚活で、日本人女性から相手にされなくて、疲れ切っているとき、外国人の女性を結婚の対象として考えることがあると思います。

 

それは悪いことではないと思います。ただ、日本人とは考え方や行動の仕方も違うかもしれないし、言葉もうまく伝わらないようでは、結婚がうまくいかない場合が多いと思います。結婚の前に、交際期間を長くとって、お互いのことをよく理解した上で、結婚に至ってくださいね。

 

まとめ

 

日本人男性と外国人女性が国際結婚を考える場合は、交際期間を長くとって、お互いのことをよく理解してから結婚するようにする。特に、外国で知り合って、結婚して、外国人女性を日本に連れてくる場合は、特別な配慮と、日本人男性の寛大な愛情が必須。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ