結婚してみた感想(婚活している人を応援する理由)

目安時間:約 6分

今回は、私が結婚してみた感想をお伝えしたいと思います。結婚と一言で言っても人それぞれだと思います。私の場合は、結婚適齢期にメキシコに住んでいたので、結婚した相手はメキシコ人です。私にとってそれはとても自然なことだったと思います。まわりに日本人の男性は全くいませんでしたから。

 

メキシコ人と結婚して良かったと思うのは、私が和食を作るのが下手でも問題のなかったことです。私が下手な和食を作っても、日本食ってこんなものかと思って食べてくれました。私は日本人だから、メキシコ料理が下手でも許されました。要するに、お料理ができなくても許される結婚生活だったことは幸運でした。

 

子どもができるまで10年以上かかり、もう子どもはできないものと思っていたので、夫婦生活をエンジョイすることができました。恋人のような期間が長かったのも幸運だったと思っています。子どもがいないで、二人だけで暮らしている場合は、家の中に大事にする人がお互いに、一人しかいないわけですからね。

 

結婚して10年以上たってから、娘二人を授かりました。子どもができると、子どもの方に重点が置かれてしまって、夫婦の間がちょっと空いてしまったりする期間があります。でも、自分の子どもという共通点ができるというのは大きいことだと思います。

 

自分一人だけでもいろんなことがあるのに、結婚して二人になると、もっといろんなことがあります。子どもが一人、二人と増えれば、もっともっといろんなことがあります。楽しいことや幸せなことは人数が増えた分だけ多くなります。でも、悲しいことや辛いことも増えますよね。病気とか。

 

でも、悲しいことや辛いことがあったときは、家族で支えあうことができます。大変でも、自分が大黒柱であると感じることは、あなたに生きがいを与えてくれると思います。私も、ただの女の子だったのに、結婚して、試行錯誤で子育てしたり、看病したり、お料理を作ったり、仕事してお金を得たり、いろんな問題をどうしたら解決できるか考えたり、相談にのったり、いつの間にかたくさんの役割を担って生きています。

 

自分が誰かに必要とされているということは、あなたに生きる力を与えてくれると思います。あなたに自信を与えてくれると思います。それはあなたに安心感をも与えてくれます。生きる喜びも与えてくれます。私もそれらを得ることができました。

 

結婚してできる冒険というのもあります。二人の人間が結婚するのですから、どちらかが、思いもよらないことを提案することもあります。最初はびっくりしても、そのうち二人で協力して、あなた一人の時には思いもよらぬような冒険をするかもしれませんよ。

 

私は前述したように、メキシコでメキシコ人と結婚しました。その後で、二人で日本で暮らし、その後オーストラリアに移住して、オーストラリアで二人の子どもをつくって育てています。長女は本人の好きなスポーツでオーストラリア代表となり、世界選手権大会にも出場しました。次女は14歳で日本語を勉強していて、「タトと書いて、外(ソト)と読むの?」とか「タタと書いて、多(オオ)と読むの?」なんて言っています。

 

一人だった時には想像もしなかったようなことが、結婚してから起こっているのです。結婚って、二人の人間が結婚することは先にも言いましたけど、本当に、あなた一人の時より世界が広がります。

 

確かに、子どものことで、ずいぶん喧嘩もしました。価値観が同じ人と結婚したと思ってたって、子どもが寝る時に、子どもに靴下をはかせて寝かすか否かで、大喧嘩にまで発展する騒ぎになったこともありました。いろんなことがあります。

 

でも、結婚して良かったと思います。だからあなたが結婚したいと思っているなら、私はあなたを応援したいです。

 

まとめ

 

結婚は人それぞれに違います。でも、私の場合は、結婚してから子どもができなかった時期があったり、いろんなことがあったけれど、結婚して良かったというのが感想です。だから、私はあなたの婚活を応援します!

 

結婚するために、婚活をしていて、もし、女性との会話が質問ばかりになってしまうなど、うまくいかないな、と感じているようでしたら、↓下のテンプレ会話術は管理人イチオシの教材です!

 

テンプレ会話術 感想

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ