婚活は悠長に構えていていいのか

目安時間:約 3分

私が結婚したのは26歳の時でしたが、一人目の子どもを産んだのは37歳の時でした。私や旦那さんの家族や親戚には、子どもができにくかった人がいなかったので、まさか、自分たちが子どもができないなんて、思いもよらないことでした。最終的に子どもはできましたが、こういうことは、必ずしも予定通りにことが運ぶとは限らない、ということを頭に入れておいてください。

 

だから私は婚活に対して、悠長に構えていていいですか?と声を大にして言いたいです。婚活はなんとなくやっていれば、そのうちできるだろうと考えるのは、甘いような気がするのです。

 

私が二人目を産んだのは、41歳の時でした。晩婚ではなかったのに、です。私の旦那さんは私より2歳年下ですが、下の子が大学を卒業する頃は、61歳になっているはずです。へとへとになりそうですよね。彼は24歳で結婚して、こんなことになっているのです。

 

婚活は楽しんでやった方がうまくいくと思います。遊び心は持っていた方がいいです。悲壮感が漂っていると、うまくいくものも、うまくいかないからです。でも、「とりあえずやっていれば良い」というものでもないと思います。「本気」があった方が成功に近づけると思います。

 

20代の頃は、30代の自分がハゲていることなど、想像できていないかもしれません。20代の頃は、会社帰りに飲み屋に寄っている結果、30代の自分がビール腹になっていることも想像できていないかもしれません。20代の頃は、だんだん給料が上がっていくものと信じていて、30代の自分が失業しているなど、夢にも思わないかもしれません。その他にも、病気や怪我など、人生はままならないということがわかるのは、実際に自分の身の上に何かがあってからなのかもしれません。

 

最初はなんとなくやり始めた、というのでいいと思います。でも、ずっと何年も、「なんとなく」のままではいい結果を出すのは難しいと思います。徐々に「本気度」を上げていってください。周りがお膳立てしてくれるわけではないのですから、自分でお膳立てしていくのです。

 

早く結婚できた方がいいと思うのは、私が身を持って経験していることを通して痛く感じることです。婚活を本気で取り組んでみてください。

 

まとめ

 

婚活は、いつまでも悠長に構えていると、だんだん負のスパイラルに陥る可能性がある。子どもが欲しいなら、早く結婚した方がいいので、本気度を上げて、取り組むようにする。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
お手頃価格の結婚相談所



無料ご相談窓口-お気軽にご利用ください!

    管理人プロフィール

    管理人:婚活サポーターCarmina

    ラテン文化の中で培った経験と、持ち前の勤勉さで習得した婚活の知恵、及び、自身の恋愛、結婚話を、絶妙なコンビネーションでブレンドして、婚活を応援するための情報として、発信しています!

    詳しいプロフィールはこちら

    ページの先頭へ