婚活において、女性の趣味に興味がなかったらどうするか

目安時間:約 5分

婚活において、相手の女性の趣味に興味がなかったら、どうしますか?「僕はそういうのには興味がありません」なんて素直に言ったら嫌われそうだから、興味のあるふりをしますか?

 

婚活パーティーなどで初対面の女性と話すとき、プロフィールの中で一番話のきっかけになりやすいのは「趣味」ですよね。たまに面白い内容をたくさんしゃべれるような職業の人もいると思いますが、そうでない職業の人が多いと思います。学歴についてしゃべるのもなんだし、結局、趣味の部分に目がいきます。

 

別に同じ趣味の人を探しているわけでもありません。ただ、同じ趣味の人だったら、初対面で、話がはずむ可能性がありますよね。話がはずむとあなたに興味を持ってもらえたり、カップリング成立になったりする可能性は出てくるかもしれません。

 

でも、いろんな趣味があるわけですから、同じ趣味の人にあたる可能性は高くないし、そうなると、違う趣味を話のきっかけにして、どうその女性と楽しく話ができるかっていう課題が出てくるわけです。楽しくないとつまらないですからね。つまらないとあなたのことは忘れられてしまいます。

 

彼女の趣味について詳しく聞こうとするのはつまらないと思います。あなたにとってもつまらないわけですよね。興味のないことについて根掘り葉掘り聞くなんて、本当に婚活がつまらないものになってしまいます。

 

例えば女性の趣味が海外旅行だったら、「どこの国に行かれたんですか?あ、当てさせてください。そーですね。フランスですか?」なんて聞いてみてはいかがですか?当たっていても当たっていなくても、女性はちょっと面白いと思ってくれると思いますよ。「どうしてそう思ったんですか?」って聞かれたら、「なんとなく、パリの街の片隅にたたずんでいそうな雰囲気、持ってられるから」とか。

 

コンセプトはお相手を喜ばすこと。自分が海外に行ったことなくても、海外に行ってみたいと思ってなくても、趣味をきっかけに、楽しく会話することは可能です。とっさに思いつかないでしょうから、あらかじめ、考えておくんです。予習ですね。よくありそうな趣味をいくつか考えて、「この趣味にはこういうふうに言ってみよう」って考えておくんです。

 

「私は海外に行ったことはありませんが、もし行くとしたら、どこに行きそうなイメージに見えますか?」なんて、聞いてみてはどうでしょうか?「なんて言うかな?」とちょっとわくわくしませんか?女性が考えたあと、「ヒマラヤ?」なんて答えたら、楽しくなりませんか?

 

音楽にしてもそうです。女性の趣味がライブ音楽を聴きにいくことだったとして、あなたには全然興味のないことだったとします。誰の音楽が好きかとか、どこに行くのかとか、聞いたって「そうですか」としか答えようがなかったりしますよね。

 

「あなたの趣味はあなたのイメージにぴったりな感じですね」。理由を聞かれたら「快活な感じがします。華やかで。そうじゃないですか?」と性格の話にもっていく。など。こんな聞き方の方が良くないですか?

 

こういう風に言ったらいい反応だった、こういう風に言ったら反応があまりなかったなど、婚活パーティーが終わるたびにノートに書き込んで、復習していけば、回数を重ねるごとに、良くなっていくと思いますよ。

 

あなたが楽しめたらお相手も楽しんだと思います。婚活を楽しめるようになったら、成功もすぐそこです。

 

まとめ

 

女性の趣味でありそうなものをあげてみて、それぞれの趣味に対して、どういう質問をするか、あらかじめ考えておく。念頭に置くのは、女性を喜ばすこと。どういう質問をしたら、女性が楽しめるかを考える。そうすることで、自分自身も楽しめるようになるし、結果として女性に自分を印象づけることになる。予習復習は必須。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ