婚活を成功させるための秘策

目安時間:約 5分

婚活ってうまくいけば楽しいけど、うまくいかないことが立て続けに続くと疲れちゃうと思います。自分が否定され続けてると思えるから、自分の何が悪いんだろうって考えて、毎回そんなこと考えてたら、だんだん自分が本当にダメ人間みたいに思えてきちゃうと思います。

 

本当は自分の運命の相手とまだめぐり合っていないだけの話なんだと思いますけど。100人も200人も出会いを重ねて、やっと結婚相手をみつける人がいるのだから、それを考えたら、楽しみながら婚活しないと続かないですよね。

 

私は婚活をしたことがない既婚女性だから、婚活ってちょっとうらやましい気がします。でも私はやってはいけないこと。当たり前ですよね。

 

あなたは堂々と婚活できる。たくさんの異性と出会うことがとてもいいことで、いろんな女性とデートを楽しむのを許される身。いつ、なんどきでも恋に落ちて良い状況にある人です。こういう状況って、普通は人生のうちのほんのわずかの期間だけなんですよね。だから思う存分楽しんで!

 

こう言われて、「そうか!じゃあ気持ちを切り替えて楽しむぞ!」ってなればいいんですけど、なかなかそう簡単じゃないですか?じゃあ、とっておきの秘策を伝授します。例えば婚活パーティーで使える秘策。使いたい人だけ使ってください。

 

プロフィールの内容、あんまり変えられるところないでしょうけど、「趣味」の部分は変えられる、または追加で加えられますよね。でも、新しい趣味に費やす時間もお金もない。婚活で忙しいんだから当然です。じゃあここで、私こと、婚活サポーターCarmenがあなたの趣味を伝授します。

 

趣味の部分に「スペイン語」って書いてみて。注意を引けるかもしれない。

 

婚活パーティーって、少しの時間でプロフィール見ながら話しますよね?「スペイン語」という言葉を見て、どんな風に思われるでしょうか?「え、この人、スペイン語が趣味なの?意外・・・」とか?

 

短い時間でどんなイメージが浮かぶでしょうか?「闘牛士」とか「フラメンコ」とか「タンゴ」とか「情熱的」とかでしょうか?あなたのことが印象に残るかもしれませんよね。

 

でもうそはいけないから、あなたも少しは努力してください。遊び心で。

 

毎日練習してほしいのは「巻き舌」です。スペイン語は[R]が言葉の最初に来たり、ダブルのR、[RR]のとき、巻き舌になります。

 

巻き舌は毎日練習してるとそのうちできるようになります。歩いているときや、トイレの中、お風呂に入っているとき、いつでも練習できます。まだできるようになっていなくても、「今巻き舌の練習中なんです」って言っておけばいいんです。できるようになっていれば、やって見せられますしね。

 

趣味は話のきっかけに使えればいいと思うんです。もしその後、その人とお付き合いが始まったんなら、「実は巻き舌は、婚活パーティーで興味を引くために練習したんですよ」と種を明かすのもありです。

 

巻き舌くらいで婚活の流れに新鮮味が出て、楽しめるきっかけになれば本当にいいな、と思います。

 

一応、巻き舌のスペイン語の言葉をいくつか教えておいた方がいいですね。

 

「rompope」はたまご酒。   ロンポペの「ロ」が巻き舌。

「perro」は犬。        ペロの「ロ」が巻き舌。

「Roma」はローマ(地名)。  ローマの「ロ」が巻き舌。

「torre」は塔。        トーレの「レ」が巻き舌。

「río」は川。         リオの「リ」が巻き舌。

「ron」はラム酒。       ロンの「ロ」が巻き舌です。

 

できそうですか?女性が興味を持ってくれて、その人が、あなたがカップルになりたいような人だったら、「あなたもスペイン語が似合いそうなイメージですね」なんて言ってみてはいかがですか?

 

婚活を楽しめれば、成功にもっていくことも、そう遠いことではないかもしれません。頑張ってくださいね。応援しています。

 

まとめ

 

婚活を成功させるためには、婚活を楽しむこと。秘策として趣味を「スペイン語」にしてみる。巻き舌を練習して、普段と違う婚活の雰囲気を自分で演出してみる。そうすると表情も明るくなり、結果として女性の反応も良くなる可能性が上がる。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ