婚活を成功させるための趣味

婚活を成功させるための趣味はこれです、なんてものはありません。ここでは、趣味は婚活において、どういう役割を果たすかということについて考えていきたいと思います。

 

趣味というのは、話のきっかけになる、というのが一つ、メリットとしてあげられると思います。もう一つは、趣味を通じて出会いの数を増やすことができる、というメリットです。

 

趣味を話のきっかけとして利用するためには、プロフィールに書く趣味は、意外性のあるものの方が効果がありますよね。意外性のある趣味なんてないって思うかもしれませんが、あなたの趣味に、ちょっとひと工夫加えるだけで、興味を引く趣味に早変わりする可能性はありますよ。

 

例えば、あなたの趣味が囲碁将棋だったとします。囲碁将棋って書く代わりに、「五目並べ」って書いてみては?別に「五目並べなんてほとんどやりません」なんて、ばか正直なことを考えなくていいんです。五目並べも囲碁のうちですからね。「え、五目並べって何ですか?」って反応があるかもしれませんよ。

 

そうしたら、とっても楽しそうに説明すればいいんです。囲碁将棋って、地味な感じがしますけど、「五目並べ」だと、女性がふと「五目焼きそば」でも想像してくれたら、白黒の世界ではなくて、緑(さやいんげん)とかオレンジ(にんじん)が入った、ちょっとカラフルなイメージになるわけです。人って話しながら、いろんなイメージが頭に浮かぶものですからね。

 

例えばあなたの趣味がゴルフだったら、一回くらいミニゴルフをやってみる。そして、趣味のところに、「ゴルフ、ミニゴルフ」と書いてみる。もちろんお相手の女性がゴルフをやる人だったら、ゴルフの話で盛り上がるかもしれませんが、ゴルフに興味のない人だったらゴルフについて、別に話したくないですよね、多分。

 

でも「ミニゴルフ」って書いてあったら、「ミニゴルフってゴルフとどう違うんですか?」とか、本当に興味を持って聞いてきてくれるかもしれません。「ミニゴルフ」と聞いただけで「かわいい」という印象を受けます。大の男がミニゴルフ?と思って思わず笑顔になるかもしれません。

 

ミニゴルフを一回しかやったことがなくても、「この前初めてやってみたら、はまりそうなほど面白かったです」って話せばいいのです。誰も、「1回しかやっていなくて、趣味に書いちゃっていいんですか?」なんて、思いはしませんよ。

 

趣味を通じて、出会いの数を増やせば、婚活を成功に近づけることができます。オフ会や社会人サークルに積極的に参加してみてください。自分が楽しめることをすれば、彼女をゲットできなくてもそれなりに楽しむことができます。いろんなアクティビティーを楽しむという過程の中で、男性女性問わず、友達をたくさん作っているうちに、結婚したい、と思える人に出会うこともあると思います。

 

たかが趣味、されど趣味です。

 

まとめ

 

趣味は、話のきっかけとして使うために、意外性のある趣味をプロフィールに書く工夫をしてみる。また、婚活を成功させるためには、結婚相談所などだけでなく、オフ会や社会人サークルにも参加して、趣味を通した出会いを求めてみる。

女性と泊まることを2度拒否されたらどうするか

女性と付き合い始めて3か月以上たっていて、お互いに結婚も意識しているのに、お泊りを打診してみて、2度断られたらどうしたらいいでしょうか?女性のテンションも落ちてきているように感じたら、どう考えたら良いのでしょうか?彼女が嫌なことはやりたくないから、もう誘うべきではないでしょうか?

 

彼女のテンションが落ちているのは、「あぁ、2度も断ってしまったから、もう2度と誘ってくれないかもしれない」と落ち込んでいるからです。誘ってほしいんです。あなたと一緒に泊まりたいんです。

 

では何故2度も断ったのでしょうか?それは結婚前に妊娠したくないからだと思います。

 

まだあなたに対して、「ちゃんと避妊のためのもの、使ってね」なんて言えるほどの仲にはなっていないのですよね?そうしたら、女性の方が避妊を考えなければなりません。

 

この段階で、経口避妊薬を使っているような、周到な人でなければ、普通は基礎体温法などのリズム法による避妊になると思います。基礎体温をきちっと毎日計って表につけているような、几帳面な女性であったとしても、基礎体温は体調によっても変化するし、排卵日を特定するのは難しいことです。

 

排卵日がわかれば翌々日からは男性と関係をもっても妊娠はしない、とわかるわけですが、それがなかなかわからないのですね。しかも、私もつけたことがありますけれど、面倒な作業なので、やっていない人の方が多いと思います。

 

そうすると、月のものの周期で妊娠しない日を予測することになるわけです。月のものが来たときはゼッタイ妊娠しないわけですが、たくさん出血してるときは嫌ですよね。出血が減ってきていても、下着にパッドをつけているときは全然ロマンティックじゃないからやっぱり嫌なわけです。女性にもよりますが、1週間以上出血が続く人も普通にいます。

 

月のものが来てから14日目位の前後何日かが排卵日ゾーンの危ない日々と考えて、出血も終わっていている日から、次の月のものがゼッタイまだ来ないと思われる日まで(これも割とあてになりませんから)から「危ない日々」を取った日々が「お泊りOKな日々」になるのです。

 

その「お泊りOKな日々」から仕事の日とかをとったら、「このウィークエンドなら大丈夫」なんていうときが「いつでも」ではないのがわかってもらえるかと思います。

 

あなたは「今度のゴールデンウィークに」とか、「クリスマス・イヴに」とか、「今日」とか泊まる日を指定していませんでしたか?できれば、女性に日にちを選ばせるようにした方がいいと思います。

 

それと、結婚前に妊娠したりしないように、あなたがちゃんと配慮していること、つまり、あなたが避妊のものを使うということは、伝えておいた方が、女性を安心させることができていいと思います。女性からは聞きづらいのですから、あなたから言ってあげてください。

 

更に、女性にとってハードルが低くなるように、二部屋予約して、それを伝えてあげればいいと思います。女性が拒否したければ、いつでもできる状況を作っておいてあげるのです。その位はしておいた方が、3度拒否された、なんてことになりにくいと思います。

 

まとめ

 

女性にはあなたに体を許すか許さないか、という問題だけではなく、許したくてもできない生理的な事情があることがあるのを理解する。だから、誘いを拒否されたら、必ずしもあなたと関係をもちたくないという意味ではない、ということを知っておく。女性を安心させる配慮を怠らない。そして、「その日」は彼女に選ばせる。

好感を持たれていた女性から音信不通にされたら?

女性の方からデート中、腕を組んで来たり、積極的にデートに誘ってきたりとてもいい反応だったとします。2回目のデートでハグもしていたかもしれません。お互いにとても楽しくて、次のデートの約束もちゃんとしていたとします。それがドタキャンになって、その後音信不通になったとします。どういうことでしょうか?

 

別に、告白して保留にされたわけでもありません。混乱しますよね?女性があんなに好意を示してくれていたのに、1週間後には見向きもしなくなる、なんてことが実際あるのでしょうか?

 

確かに、婚活というものをやっている以上、複数の異性と同時進行でデートしている可能性はあります。そして、その女性が明るく積極的な性格であるのかもしれません。でも、複数の男性と同時進行で、腕を組んだり、手をつないだり、嬉しそうに次のデートに誘ったり、ハグされるがままになっていたり、ということはしていないと思います。

 

ただ「手をつなげた」とかいうことだけでなく、ありとあらゆる面において、好感を持ってくれていたと感じられる女性で、あなた自信もハグするなど、彼女に対して愛情を示すことができていたと思えるなら、不安でしょうけれど、彼女を信じて待ってあげた方がいいと思います。

 

世の中には不慮の出来事というのがあるものです。骨折とか風邪とか、平気で言えることもありますが、家族の病気や死、離婚話や経済状況の悪化など、まだ知り合って間がない人に言うには重すぎる内容のことである可能性もあるわけです。彼女自身がパニックに陥っていることなのかもしれません。

 

あまりしつこく連絡を取ると、彼女にとって問題がもう一つ増えたみたいな感じになってしまうかもしれないので、あなたがきちんとメッセージを残しているのなら、待った方がいいと思います。普通はどんなごたごたでも、1か月以内には、メールするべき人にはメールするような余裕は出てくると思います。

 

人生って山あり谷ありですよね。いろんなことに一喜一憂します。その先にきっといいことが待ち受けていますよう、心から願っています。

 

まとめ

 

どう考えても女性が自分に対して好感を持ってくれていたと思うのに、突然音信不通になった場合は、女性が本当に連絡を取れない状況に陥っている可能性がある。自分の気持ちを優先させると、しつこくなってしまうので、じっと返事があるまで待ってみる。

 

 

女性に交際を断られた後、連絡してみていいか

婚活サイトで知り合った女性と何回かのデートのあと、告白し、保留されたとします。でも手もつないだ女性だったとします。その後の電話やメールのやりとりで盛り上がり、またデートの約束もできたとします。ところが、突然デートの予定がキャンセルになって、メールに返事も来なくなったとします。

 

しばらくして再度気持ちを伝えたら、はっきりと交際を断られたとします。どうしてもあきらめきれないから、少ししてからまた、連絡してみてもいいでしょうか?

 

振り回されたあげくに振られたのです。失恋です。辛いですよね。最初から態度がけんもほろろであったなら、まだよかった気がします。一時は告白を受け入れてもらえるような気配で、うれしい感情が湧きあがったあとの、この仕打ちです。ひどいですよね。

 

でも、本当にこれが婚活の現実なんだと思います。ネットお見合いだと、女性は普通、複数の男性と同時に交際していると思っていいと思います。女性会員と男性会員との割合が、3対7位だそうです。だから、男性がやっとの思いで一人の女性とデートにこぎつけていても、女性の方は、たくさんの男性の中から一人を選ぶ作業をしていると言えます。

 

あなたが女性と何度かデートしていたなら、かなり選ばれていた人だったんだと思います。男性によっては、100人申し込んでも、一人の女性も受けてくれなくて、デートまで至らないなんてこともあるのですから。

 

連絡をしてみても無駄です。あきらめてください。もう彼女は他の人を選んでしまったのですから。あなたは選ばれなかった男性たちの中の一人で、彼女はもう前へ進んでしまっていて、後を振り返ることはありません。

 

彼女は婚活を楽しんで、成功しかかっているのだと思います。その婚活を楽しむ過程の中にあなたがいて、そしてあなたを苦しめたことを、婚活成功の真っただ中にいる彼女はあまり気に留めていないんじゃないかと思います。婚活って、成功した人は本当に幸せだけど、成功していない人にとってはときに、すごく残酷だと思います。

 

あなたは何も悪くなかったんです。一生懸命やって、そして傷つけられたんです。でも多分、彼女も悪くなかったんです。それをどうかわかってください。こういう辛い経験をして、あなたは前よりもっと、人間性豊かな人に成長していると思います。それがきっと、あとで婚活を成功させる力になってくるんだと思います。

 

一刻も早く立ち直って、次へ進んでください。

 

まとめ

 

女性に交際をはっきり断られたら、たとえ手をつないだり、仲が良かったと思えていたとしても、未練がましく連絡をとってみたりしない。あきらめる。あなたの運命の女性ではなかった。

 

 

女性と手をつなぐ勇気が出なかったらどうするか

もしあなたが婚活を通して知り合った女性と7回もデートをしていて、まだ手をつないだことがないとします。お仲人さんなどに、手をつなげ、とかハグしろ、とかキスしろ、とかはっぱをかけられているにも関わらず、勇気が出ないんだとします。どうしたらいいでしょうか?

 

婚活中なのに、7回もデートしていて、手もつないでない、告白もしてないでは、さすがの彼女も離れていってしまうかもしれませんよ。それでいいのですか?

 

7回もデートを重ねているのなら、まず、断られないのではないかと思うので、思い切って、「好きです。結婚を前提に、付き合ってください」って言ってみてはどうでしょうか?受け入れられてからの方が、手をつなぎやすいのではないですか?

 

そもそも、告白するより先に手をつなぐのは、お相手の自分に対する好意を確かめるためですし、自分が相手に対しても、ただの友達としてではなく、異性として好意を抱いていることを示すためでもあると思います。急に告白してびっくりされないように、あらかじめわからせるようにするわけですね。

 

告白してしまうと、YesかNoかで、別れなければならなくなったりすることもあるわけです。でも、手をつなごうとして、女性が受け入れてくれなかったとしても、そのあと、別れなければならない、ということにはならないのです。手をつなぐのを女性が受け入れなかったとしても、必ずしもそれが、あなたのことを嫌っているという意味ではないからです。まだその段階ではなかったということだからです。

 

だから、手をつなぐのを受け入れてもらえなかったら、あなたの人間性をすべて拒絶されたように思わないでください。7回もデートしてるんだったら、受け入れられないことはないと思いますよ?

 

手をつなぎたいのに、勇気がどうしてもでないというのは、そういう状況になっていないせいかもしれません。どんな状況でも手をつなげる人もいるのだと思いますが、あなたはムードが必要なのではないですか?手をつなげるような、ロマンティックな状況を次のデートで意識して作ってみてください。

 

7回もデートしていたら、「いつもこういうパターン」というのがあると思います。思い切って、全然違うデートにしてみてはいかがですか?いつも日中デートしているのなら、夕暮れ時から夜のデートにしてみる。いつもだいたいこの位の予算内で食事している、というのがあったら、夜景の美しいレストランでちょっと豪華なディナーとか。

 

予め、どこのレストランか知らせておいて、あなたも彼女もドレスアップしていくようにしてみては?いつもと違う自分や彼女であることで、気持ちが高揚するようにもっていくんです。ワイングラスを傾けて、など、お酒の力も借りた方がいいかもしれません。あなたがお酒が飲めない人でも、彼女には飲ませてあげてください。

 

海の音が聴こえる、なんていいと思います。食事の後、外に出て波打ち際を散歩とか。蚊がいっぱいいるところだと、ロマンティックじゃなくなりますからね。携帯も消音にしておくべきです。ポケットからプレゼントをだしてあげる。婚約指輪みたいに高価なものじゃなくていいんです。安っぽいのはやめてくださいね。ちょっとすてきな指輪かネックレスを彼女につけてあげてください。

 

誕生日とか、理由があればそれでもいいけれど、理由がなくても、「君に似合いそうだったから」とか言ってあげたらいいんじゃないですか?手をつなぐためにここまでするのか?って思いますか?7回もデートして、手をつなぐ勇気が出なかったのなら、そうです。ここまでするべきです。

 

手をつないだら、その後更に、ハグとかキスのハードルがって思うかもしれませんが、手をつなげれば、あとのものは、ハードルが下がると思いますよ。その日のうちに、全部できてしまうかもしれません。

 

手をつなぐたびにこれらのことをするわけではありません。最初だけです。だから、気合いを入れて計画を練ってみてください。きっとうまくいきます。

 

まとめ

 

デートを何度も重ねているのに、手をつなぐ勇気が出ないのだったら、先に告白してみても良い。ロマンティックなデートを演出して、お互いの気持ちが高揚するようにすれば、手をつなぐのも、スムーズにできるようになる。ケチらない。

 

 

デートしてみたいから婚活するのは不謹慎?

あなたが今までに、女性とデートを一度もしたことがなくて、まだ結婚は考えてないけど、デートしてみたい、恋愛してみたいという理由で婚活するのは不謹慎でしょうか?結婚相手を探すために婚活している人たちに対して、失礼でしょうか?

 

そんなことはありません。やってみたいと思うなら、やってみるといいと思います。ただ、女性はまじめに結婚相手を探している人が多いでしょうから、デートしても、「あ、この人はなんか違う」と思われたらすぐ、音信不通になったりして、その先が続かなくなってしまいます。

 

一度でいいからデートしてみたい、というのなら、一回デートできたら万々歳、と今は思うかもしれませんが、実際にデートのあと、フェードアウトされてしまったりすると、がっくりくるものだと思いますけれど。でもそれは、その時はその時で考えればいいことだから、婚活に是非、挑戦してみてください。

 

それから、出会いの場にお金を払って参加してみても、必ずしもすぐ、デートにこぎつけるとは限りません。だから、婚活をするのなら、ただ、会費などのお金を払って登録するだけではなく、自分を女性との恋愛を楽しめるレベルまで引き上げるための努力を惜しまないぞ、という心構えは必要です。

 

心構えができたら、自分磨きを貪欲に実行していくことです。婚活ってお金がかかりますけど、まわりに出会いがないのなら、婚活パーティーなど、一度にたくさんの女性と出会えるので、活用すべきだと思います。自分を磨いていけば、チャンスも増えていきます。

 

一度でいいから女性とデートしてみたいとか、恋愛というものを味わってみたいと思うことはとても自然なことで、何も悪いことではありません。婚活にもいろいろあるので、街コンとか、趣味のサークルに入ったりする方が、あなたのような、結婚目当てではない人との出会いがあるかもしれませんね。

 

とにかく、何事もやってみないとわからないわけですから、やって経験を少しずつ、積んでいってください。考えていても始まりませんから。出会いのなかった状態から、出会いの場に積極的に出るようになれば、それだけで何かいいことありそうですよね?やってみて、壁にぶち当たったら、その時に考えたり、相談したりして、自分を成長させていけばいいんだと思います。

 

女性でもあなたのように、男性と一度もデートしたことがなくて、婚活しようかどうしようか悩んでいる人もいると思います。婚活の場にいる女性たちは、皆、「婚活のベテラン」なわけでもありません。「私みたいな女性を選んでくれる人なんているのだろうか?」と思いながら参加している人もいるのです。自信を持って!

 

まとめ

 

まだ結婚を考えていなくても、デートをしてみたいという理由でも婚活するのはOK。ただ、お金を出して登録するだけではなく、積極的に自分を磨いて、デートしたり、恋をする経験ができるよう、努力する。

 

婚活は、スペック低くてうまくいくのか?

身長が低かったり、年収も低かったりと、スペックが低いと、条件で絞り込むところでは不利かもしれませんね。更に、会話も苦手だと、婚活パーティーをはじめとして、婚活がうまくいかないことが多いと思います。

 

でも、身長など、直せないことは仕方がないとして、会話はダメだとあきらめる必要はありません。会話の正しいノウハウを習得すれば、めきめき上達することが可能だ、ということは知っておいてほしいと思います。

 

そして、会話というのは、女性に対して、あなたの魅力を存分に与えられるものです。スペックが低いのならなおのこと、コミュニケーションの力を向上させるべく、頑張ってみるべきです。絶対に良くなりますから。婚活をうまくいかすための、必須項目です。

 

そして、あなたがまだ20代なら、若いということはメリットなのだから、今、頑張って婚活してみてください。若いことがいいことだということは、若い時にはあまり気が付かないんですよね。30代や40代になってから、20代の素晴らしさに気が付くんです。20代というだけで、それはとても素敵な魅力なんですよ。

 

スペックが低い人というのは、総じて、謙虚な人が多いと思います。えらそうじゃないってことです。あなたは素直で、性格の良い人ではありませんか?スペックの高い人には、鼻持ちならないえらそうな人が、少なからずいます。そんな人と女性は結婚したくありません。だから自信を持ってください。自信を持って、あなたなりのやり方で、女性を守れることを伝えられるといいと思います。

 

外見はできる限り磨いてくださいね。センスを良くしてください。磨きをかければどんどん良くなることは、積極的にやってください。

 

あなたはもしかしたら、ちょっと引っこみ思案のところがあるのかもしれませんね。会話力の向上を本気で目指すことは忘れないでください。そうすればあなたは、もっと素敵な人になって、自信も出てくると思いますよ。

 

条件で絞り込まれて、最初は落ち込むことがあるかもしれません。けれど、失敗を何度も乗り越えていく勇気を持ってください。そうすればきっと、素敵な結婚相手をみつけられると思います。

 

まとめ

 

スペックが低いと、条件で絞り込まれるところでは、婚活が難航するかもしれない。でも、結婚するためには、スペックがすべてではないことを知る。あなたにはあなたの良さがあるので、自信を持って婚活に臨む。ただ、自分を磨く努力はする。外見を良くしたり、コミュニケーション・スキルの向上をはかる。そして、女性を思いやる心を持っていれば、きっと婚活を成功に導くことができる。がんばってください。心から応援しています!

告白前の女性と電話で何を話すか

婚活パーティーなどで知り合った女性とデートを少なくとも1回は無事終え、こんな女性と結婚できたら、と思っているとします。告白前の状態で、次のデートまで連絡を取り合うことになるわけです。今時は、LINEとか、メールとか、電話とかの連絡を取る方法がありますよね。電話で話すことになるときもあるかと思います。

 

お相手が仕事中などでもなくて、すぐに電話を切るべき状況でないなら、何を話したらいいのか困惑するかもしれません。こんな場合、何を話したらいいでしょうか?

 

まず、あなたの目的は何でしょうか?電話で、できるだけ多くの情報を彼女から引き出すことでしょうか?それとも、できるだけ多くのあなたの情報を、女性に与えることでしょうか?私は、あなたに対して彼女が、少しでも多くの好感を抱いてくれることではないかと思います。

 

だったら、彼女が喜ぶことを話せばいいわけですよね?そうは言ったって、電話中、思いつかないかもしれないわけですから、あらかじめ、考えておいた方がいいかもしれませんね。例えば、彼女の素敵なところをすべて、紙に書き留めてみてはどうでしょうか?三つしかなかった、なんてことはないはずです。

 

紙いっぱいに書き留めて、それを肌身離さず持っていてください。彼女から電話があって、あなたが何かしゃべらなければならなくなったら、こんな風に話してみるのも、一つの方法です。

 

「デートの後、あなたのいいところを書きだしてみたら、紙いっぱいになっちゃいました。照れるから、何書いたかなんて言えないけど」そうしたら、女性は何て言うでしょうね?「え~、何ですか~?気になります~」とか?

 

教えてほしいとか、どうしようかな、とか少しやりとりを楽しんだあと、小出しにしていったらどうでしょうか?女性がコメントしてきたら、そのことについて、しばらく話せばいいし、その後、また次の「いいところ」を教えてあげる。例えば「目もすごくかわいいし」「え~!目がかわいいって言われたの生まれて初めてです!私、たれ目だから、結構、目はコンプレックスだったの。だからうれしい」

 

彼女の思っていることなどわかったりするし、その上、彼女を喜ばしているわけです。話も盛り上がります。

 

「意外としっかりしてそうだし」「え~、全然、そんなことないですよ。甘えん坊だって、よく親に言われてたし。どうして、そう思えたんですか?自分ではいつも、しっかりしなきゃって思ってるんだけど」

 

「あ、これはちょっと言わない方がいいかもしれないから、次は」「え、それ、すごい思わせぶり。教えてくださいよ、何ですか?」失礼にあたるかもしれないからとか、いいから教えてとかやりとりのあった後、「体のラインがすごくきれいだなって」。その後、沈黙になってもいいんですよ。想像の時間があった方がいいのですから。

 

あなたの職業が税理士だったとして、あなたのお仕事の内容、税金だの何だのの話をしていても、ちっともどきどきしないし、面白くないわけですけれど、想像の余地がある話の内容だと、どきどきしたりしませんか?お相手も、電話の向こうでどきどきした可能性はありますよ。

 

婚活を成功させることができたらいいなあ、と心から思います。

 

まとめ

 

告白前の女性と、電話で何を話したらいいかわからないときは、どうしたら彼女を喜ばすことができるか?ということを考える。行き当たりばったりではなく、あらかじめ、話せることを考えておく。

 

 

3回目のデートで告白していいか

婚活をしているということは、結婚する相手を探しているということだから、無意味にだらだらと交際を継続していくのは良くありません。時間は貴重なのだから、3~4回目のデート位で、ケジメをつけるべきという考えは間違ってはいないと思います。だいたい3~4回目位のデートで、お相手が結婚したいと思える人かどうかわかりますからね。

 

でもそれは、一般的に、という話です。「3回目のデートで告白しなければならない」というものではありません。あなたの中に迷いがあれば、きっと3回目のデートで告白はせず、持ち越すと思うのです。きらいではないし、女性の方から好感を示してくれているけど、全然ときめかない。と言って、交際を断るほどの理由もない、みたいなときです。

 

反対にあなたの方が女性をすっかり好きになってしまっていたらどうでしょうか?一刻も早く告白してしまいたいですよね。でも、そういう場合はちょっと待った方がいいと思います。そういうときは、冷静さを欠いていると思いますが、あなたの気持ちのことばかり考えていないで、女性はあなたのことをどう思っているか、と考えてみた方がいいです。

 

デートというのは、相手のことを好きじゃなくてもできるわけですよね?でも告白してしまったら、女性はそれを受けるか、受けないかの選択を迫られることになり、受けなかったらそれで関係は終わりです。告白した後に、デートに誘おうとしても、もう遅いですよね。

 

だから、女性が自分のことを好いていてくれているのかわからないのなら、そして、あなたが彼女のことをとても好きなら、慎重になった方がいいと思います。もう少しデートを重ねて、彼女があなたのことを好きになってくれる努力をしてください。結婚したら、あなたが彼女を守るので安心してほしい、ということが具体的にわかるように、自信を持って説明してください。

 

焦らずに、デートの回数を重ねるごとに、あなたが彼女を守りたいという強い信念に、彼女の気持ちが動くように努力してください。そして、自分の気持ちばかりを優先させないで、彼女の気持ちを察するように気を付けてください。彼女がデート中、楽しそうにしているかな?、リラックスしているかな?ということに気を遣ってください。

 

まとめ

 

彼女のことをとても好きだから「3回目のデートで告白」、と考えるのは性急すぎる。彼女があなたのことをまだ、そんなに好きでないときに告白したら、デートすらできなくなってしまうので、注意する。女性のことをとても好きなら、女性が結婚相手に何を望むだろうかと考えて、その希望に添えられる自分を理解してもらえるよう、努力する。

 

 

メールで「手をつなぎたい」旨を伝えてもいいか

女性と手をつないでも大丈夫かどうか、メールなどで予め「手をつなぎたい」旨を伝えてもいいでしょうか?

 

基本的には、メールなどでは聞かない方がいいような気がします。女性が答えにくいんじゃないかと思うからです。それで、スルーされたら、あなたは余計どうしたらいいかわからなくなりませんか?

 

それでデートキャンセルにならなかったとして、デートの日、気まずくなりませんか?彼女はあなたの意図を知ってしまっているのですから、彼女の方から手をつなぐのでない限り、「手をつなぐ許可を得られなかった男と、手をつなぐ許可を出さなかった女」というカップルになってしまいますよね。

 

いろんな人がいるわけだから、「いいですよ(笑)」なんて答えてくれる人もいるのかもしれません。そうしたらラッキーですよね。でも、最悪、デートキャンセルになる場合もあり得るのでやめておいた方がいいかな、と思います。

 

どうしてメールで打診してみたいと思うのかと言えば、手をつなごうとして彼女に拒絶されるのが怖いからですよね。女性は好きな人とだったら手をつなぎたいと思います。あなたのことを女性が好きになっているかどうか、まだわからないのですよね?それだったら、手をつなぐのは、女性の気持ちがわかってからでもいいと思います。つまり、告白してからです。

 

女性があなたと一緒にいるとき、とっても楽しそうにしていて脈がありそうだな、と感じられたのなら優しくゆっくり手をつないでみてもいいと思います。突然触ってくるのは痴漢みたいだからやめた方がいいです。女性は誰とでも手をつなぎたいわけではありませんから。好きになりかかっていたとしても、タイミングが早すぎるとうまくいかないかもしれません。

 

「手をつなぐ」というのは結婚するために必要なステップというわけではないと思います。焦らない方がいいです。

 

それでも手をつなぎたい。でもどうしても勇気が出ない、というのであれば、手相を少し勉強して、自分の手でいろいろ説明してみてはいかがですか?女性が興味を持って、自分から手を差し伸べてきたら、あなたの手にとって、話込めばいいと思います。ネガティブなことは言わないこと。知っていることをすべて言い尽くしたら、あとは自分で勝手に付け加えていけばいいんです。

 

「海外に行く相が出てますね。新婚旅行でかな?」とか、「運命の相手が近くにいるって出てますよ。俺のことかな?」とか。女性もあなたが適当なこと言ってるのがわかって、笑い出すかもしれません。そうなれば、手をつないでも大丈夫というサインだと思います。

 

逆に、あなたに彼女の手相を見させないようなら、触られたくないんだと思います。

 

まとめ

 

女性とのデート中に手をつないでもいいかどうか、メールなどで聞いてみたいと思っても、それはしない方が得策。手をつなぐ勇気が出ないなら、無理に手をつなごうとしなくて良い。手をつなぐのは、告白して、受け入れられてからでも大丈夫。