婚活サイトで盛り上がった女性にすっぽかされた場合

目安時間:約 5分

婚活サイトにおいてメールのやりとりで盛り上がり、いよいよ初顔合わせでどこかの駅の改札で待ち合わせしたとします。婚活サイトによっては、自分の写真を出していないと相手の写真も見れないようになっていることがあり、お互いにどんな顔か知らない状況だとします。

 

待ち合わせ時間に女性から電話で迷子になっているとのこと。電話を切ったあと、いくら待っても来ず、電話したらブロックされていて、メールもブロックされていたとしたらどう考えますか?

 

私はこういう目に遭った男性の報告をネットで読んで、非常にショックを受けました。私はブログで、何度も交際を断られても、前向きに婚活を続けて成功に持っていけるように、いろんなアドバイスを伝えてきました。でも、この件については本当にこの男性がかわいそうだったと思ってしばし呆然となりました。

 

婚活ってときにこんなにも残酷なものなのだろうかと思いました。いつも見た目でお断りされて、デートにこぎつけない、というのより更にきついと思います。先に中身で勝負していて、それで会おうという段階になっていたわけです。待ち合わせ時間に電話がきたのは、遠くで隠れて、あなたが会う予定の人かどうかチェックしたのだと思います。

 

その後、消えて、電話もメールもブロックしたということは、明らかに外見で会う資格なし、と決めつけられたかのように思えますよね。あなたの中身を知っている人にそれをやられた・・・。会ってデートをした後、お断りを申し渡されるより後味が悪いと思います。

 

そんなことをされたら、婚活を続ける意欲もなくなってしまいますよね。自己嫌悪にも陥りそうです。俺の顔ってそんなにひどいかなとか、俺の身長ってそんなに決定的にダメなほどなのかなとか、俺の体型って、中身を気に入られていてもそれと関係なく没なのかとか、奈落の底に落ちていく感じです。

 

どうかお願いです。お願いですから、次のように考えてもらえますか?その女性はものすごいコンプレックスを抱えている人なんだと思います。彼女の容姿のコンプレックスです。不美人であるとか、すごく太っているとか、背が高くてそれが理由で男性に敬遠されたことがあるとかかもしれません。

 

改札の近くにいるあなたを遠くから隠れて見ていて、電話をしてあなたであることを確認したわけですが、あなたが思いのほかかっこ良かったので、彼女を見た途端、嫌そうな顔をされると思って消えたのだと思います。あなたが、ブサイクだったり、太っているなど外見が悪ければ安心して出ていけたんだと思います。多分、プロフィールの体重を10kg以上少なく記載していたかもしれません。

 

男性に会ってすぐ、彼女の容姿の悪さ故に、男性側から不快な顔をされ、傷ついたことが何度もある人なのかもしれません。お相手の男性も同じように見てくれが悪ければ、安心できたのだと思います。だから、あなたの容姿が悪くなかったので、絶対に拒絶されると勝手に決めつけて彼女は去って行ったのだと思います。傷つくのが怖かったからです。そんな自分が嫌で、あなたとのメールや電話をブロックしたのでしょう。

 

モテる男の周りに女が群がるといっても、普通は容姿にものすごいコンプレックスを持っている人は群がった中に入っていないはずです。そういう女性もいるのです。私ははこのように思いました。あなたもそう思ってください。あなたのせいでは決してありません。

 

まとめ

 

婚活サイトにおいて、メールで趣味の話など盛り上がって、いざ、会う段階になってすっぽかされた場合、女性がどこかからあなたのことを見ていたと思われるのなら、自分の外見のせいだと思うかもしれない。そう思ってはいけない。反対に、あなたの外見が良かったから、女性が引いたんだと思うようにする。

婚活に成功するのはモテる男か

目安時間:約 4分

婚活に成功するのはモテる男でしょうか?確かに、モテる男の周りには女が群がるので、その中から一番いい子を選んで、成功するんじゃないかと思えますよね。

 

「婚活に成功する」というのは「結婚しようと活動して、結婚にこぎつける」ということだと思うので、そういう意味でモテる男が婚活をすれば、成功までの道のりが短いのかもしれません。

 

では、モテない男は婚活に成功しないかと言えばそんなことはありません。ただちょっとじたばたして時間はかかるかもしれません。逆に言えば、じたばたすれば成功に至る可能性が出てくるということです。

 

それに、婚活の目的は結婚ですよね。婚活に成功したということは結婚できたということだけれど、それは結婚生活のスタートラインに立てたということです。結婚生活が成功だったかどうかというのは、婚活が成功したこととは別問題です。結婚生活が成功するのはモテる男かと言えば、モテるモテないは関係ないんじゃない?って話になってきますよね。

 

結婚できても結婚生活が失敗してしまったら悲しい出来事だと思います。だから、結婚が失敗とならないように、婚活のとき、しっかり相手を見極めることができていなければなりません。モテる人の方が、うわべに惑わされて結婚してしまうという状況に陥る確率は多いでしょうね。モテない人の方が、うわべに惑わされても、受け入れてもらえない分、うわべ以外の部分にも目を向けるようになってくるわけです。

 

結果として、しっかりお相手を見極めて結婚に至る確率が高くなってきますよね。婚活に成功するまでの時間は長くかかっても、結婚はうまくいく可能性があるということです。婚活で苦労する間に、人間的にも成長していくチャンスがあるからです。

 

こう考えると、モテない人の方が得なのかもしれない、と思えませんか?でも、モテないままではいけませんよね。じたばたするのを忘れないでください。大いに悩んで、大いに自分を磨いて、積極的に出会いを求めて婚活してください。コミュニケーション・スキルを学んで、女性の気持ちを理解できるよう想像力を膨らませて、自分の考え方にもメスを入れてください。デートのときは演出も心掛けてください。

 

モテる人が努力を怠ったまま結婚するのを横目に、こつこつと努力を重ねていってください。うさぎと亀の話のように、最後に笑うのは、亀、つまりモテなくて苦労した人の方かもしれません。

 

まとめ

 

婚活に成功するのはモテる男だけではない。ただ、モテる男の方が婚活に成功するまでの道のりが短いかもしれない。しかし、結婚後のことにまで思いを馳せれば、モテなくて婚活においてじたばたした男の方が、人間として大きく成長し、お相手もしっかり見極めて、より幸せな結婚生活を手に入れる可能性は多分にあると言える。

合コンや飲み会に、よく誘われるのに彼女ができない理由

目安時間:約 4分

婚活における出会いの場として、合コンや飲み会があります。割とよく誘われるのに、彼女ができないというジレンマを抱えていますか?理由は何でしょうか?

 

合コンや飲み会は、お見合いなどと違って、1対1ではないので常に比較される対象があるわけです。あなたは誰かの引き立て役になってしまっているのかもしれませんね。でもじゃあ、誘いを断れ、ということではありません。出会いの数は多いに越したことはないのですから。対策を練ればいいだけです。

 

いつも同じ男性から誘われてませんか?その人が明らかにあなたよりルックスがいいのであれば、あなたのやることは、会話力を磨くことです。

 

逆にどう考えてもあなたの方がルックスがいいと思いますか?その場合、あなたの落ち度は何なのかを検討する必要があります。いずれにせよ、会話の勉強はしておいて損はありません。でも、その他に何か、他の人がやっていない余計なことをやっていて、あなたの評価が下がっているのかもしれません。よく考えてみてください。

 

お酒を飲むと陽気になって、毎回必ずあなたの得意な名人芸みたいなことを披露していますか?もしそうなら、その後、女性がドン引きしていないか注意を払う必要があります。毎回やっていることなら、一度、やらないでみたらどうかと思います。やらないつもりなのに、ホストの男性が無理やりあなたにやるよう仕向けるようなら、あやしいと思ってください。それが理由で女性に引かれているのかもしれません。

 

酒癖が悪いのは良くないですね。自分でそれがわかっているのなら、交際相手をみつけるための飲み会だということを自覚して、飲む量はコントロールすべきです。飲むとすぐ寝てしまうとか、ぐだぐだ説教じみたことをしゃべりだすとか、下品になるとか泣き出すとか、女性に嫌われるようなていたらくになってしまうのなら、いっそのこと飲まないでみてください。

 

飲み会で飲まないなんてって思うかもしれませんが、一度、強い決断力で実行してみてはいかがですか?それで彼女ができるかもしれないんですから。目的はお酒ではなくて女ですよね?

 

いろんな人から合コンや飲み会に誘われているのなら、あなたは交友関係が広くて出会いの場を多く持ててとても良いことだと思います。チャンスを大事にしてください。コミュニケーション・スキルを磨くことは忘れずに。そして、お酒を飲むことによる粗相で、女性を取り逃がしていると思うなら、飲み会でもお酒を飲まない男意気を見せてください。

 

まとめ

 

合コンや飲み会に、よく誘われるのに彼女ができない理由は、なんらかの理由であなたが他の男性の引き立て役になってしまっている可能性あり。会話力の問題なら会話の力をつける。お酒のせいで、女性に引かれるようなことをしでかしているのなら、お酒が好きでも酒なしでチャレンジしてみる。何かいいことあるかも。

 

 

婚活を成功させるためのトイレ頻度

目安時間:約 4分

婚活を成功させるためのトイレ頻度とは?婚活の最初の頃のデートでは、女性はなかなかトイレに行きたいことを言えないものです。だから、必ず2時間以内おきに、女性がトイレに行きやすい状況を作りだしてあげてください。それが、婚活を成功させるためのトイレ頻度です。

 

相手の立場に立ってものを考える、ということはよく言われることですよね。でもこれって、とても難しいことで、なかなかできていないと思います。あなたがトイレに全然行きたくないからって、お相手の女性も行きたくないとはかぎりません。あなたが行きたくなくても、率先してトイレに行くなどして、女性が行きやすい状況にしてあげてください。

 

女性がトイレに入って、出てくるのが遅いからイライラして、「大の方でもやってんのかな」なんて思ったことあるんじゃないでしょうね。女性がトイレに行くのは「小とか大とか」のためだけではないのですよ。化粧直しだってするし、月のものが来ているときは、時間がかかるものなんです。

 

時間がかかるものなのに、男性に「大の方やってる」という嫌疑をかけられたくないから、必死に急いだりするのです。疲れきりますよね。そんなときは、「今度はどこに行きましょうか?」なんて脳天気なこと聞いてないで、ささっとチョコレートでも手渡して、すみやかに帰宅の途につかせる方が無難です。

 

どうしてそんなに時間がかかるのかとか、どうして2時間以上トイレに行かさないと良くないのかとか、女性の立場に立って考えることが難しい場合は、実際に女性と同じことを経験してみてください。

 

あなたに妹や姉がいるなら、どこかにしまってある生理ナプキンをこっそり一つ取って、自分のパンツにつけてみてください。それが出血により濡れるんですよ。水でも含ませてそれを2時間つけてみてください。濡らさないままつけていても、2時間もつけていたら蒸れてきますよね。あそこがかゆくなってくるかもしれません。塗り薬でも買いますか?

 

生理ナプキンにはウイングがついているものもあります。なぜかというと、出血の量が多いときは、脇から血が漏れて、下着を汚してしまうからです。ウイングがついていると、交換したりするのにもっと時間がかかりますよね。更にタンポンも着用していたらもっと時間がかかります。

 

タンポンは男性はつけてみることはできないですが、手に入ったらコップに水を入れて、水を吸収させてみてください。膨らみます。それを、女性はひもを引っ張って取り出して、トイレットペーパーなどに包んで捨てるわけです。想像してください。その後、新しいのを挿入するのです。指で入れるか、プラスティックなどの挿入するための器具を使います。

 

これらすべて、全っ然楽しくないことです。それなのに、トイレから出たら、あなたの前でほがらかにしなければならないのです。相手の立場に立ってものを考えること、少しはできそうになりましたか?

 

女性は男性にいちいち言えないことをたくさん抱えています。どうか、トイレくらい、心置きなく行けるよう、配慮してあげてください。

 

まとめ

 

女性が言わなくてもちゃんと、2時間以内おきに、トイレに行きやすいような状況を作ってあげられる男こそが、婚活を成功させるだけの力のある人。

婚活中の男が陥る縁結び病

目安時間:約 4分

私が高校生のとき、20代男性の車に乗せてもらったことがあります。車に乗った途端に気持ちが悪くなったのを覚えています。車内のミラーにいくつも、縁結びのお守りをぶらさげていたのです。私はこれを、縁結び病と名付けました。縁結びのお守りぶらさげは、気持ち悪いからやめた方がいいと思います。

 

別に縁結びのお守りを買うな、と言っているわけではありません。自分の部屋の片隅にしまっておけばいいのではないでしょうか?女性が見えるところにぶらさげておくメリットがあるのでしょうか?どんな気持ち悪さかと言えば、縁結びのお守りをペンダントのように首からさげているような感じです。

 

出会いの数を増やすために、周りの人たちに嫁さがしをしていることを公言するのはとてもいいことです。でもそれは、お嫁さん候補になりえる未婚女性に公言するのではなく、お嫁さん候補を紹介してくれそうな人たちに公言するということです。初対面の女性に「俺、婚活中~えへへ」と公言して、気持ち悪くないですか?

 

確かに、うわっつらなことを言ってないで、本音を言った方が仲が良くなれる可能性が出てきます。でもそれは、「会話の中で本音を言っていく」ということであって、始めっから最後までずっと目の前で、「嫁欲し~、嫁欲し~、嫁欲し~」とぶら下がっていていいということではありません。「もう誰でもいいよ」と言っているようなものです。

 

車が好きな人で、女性を助手席に乗せてあげたいと思っている人で、結構、気が付かずにやっている人がいるんじゃないかと思います。それで、毎回交際を断られて、なんでかわかってなかったりするんだと思います。縁結びのお守りぶらさげ、やっていたら即刻やめましょう。

 

とにかく、これ見よがしに、女欲しいというのを表に出すのは気持ち悪がられる、というのを理解しておいてください。

 

わかりやすいように、反対の立場で考えてみましょう。お見合いで、ふと見たら女性のバッグに縁結びのお守りがぶら下がっていたらどうですか?お見合いだから、当然婚活中なのはわかりますし、それが悪いことでもありません。でも、それを見て喜ぶ男性がいるのでしょうか?

 

女性に「手料理ごちそうするから遊びに来て」と誘われたとします。期待を胸に、彼女の一人住まいの家に行ったとします。玄関を入った途端に、縁結びのお守りがそこここにぶら下がっていたら?あなたは「よっしゃ!結婚するぞ!」ってなりますか?

 

まとめ

 

婚活中の男が陥る縁結び病とは、結婚願望が強すぎるあまり、こういうことをしたら女に嫌われる、ということがわからなくなってしまっている状態。車の中に縁結びのお守りをぶら下げるのはやめておくこと。

 

 

 

 

婚活における、一期一会の精神

目安時間:約 4分

「一期一会」という言葉をご存じだと思います。一生に一度限りのことであると考えて、お相手に誠意を尽くすことです。「一期」というのは「一生」という意味です。特に、婚活においては、この一期一会の精神でお相手と接してみるべきだと思います。

 

「そうは言っても、婚活パーティーで、何度も同じ女性に出くわすんですけど」なんて思う人がいるかもしれませんね。それでも、一期一会の心で臨んでください。今日という日はもう二度とないのです。来週また参加するつもりでも、来週のあなたは今日のあなたと違うのです。

 

お見合いで会うときは、もうその日がその女性と会える最後かもしれないと思って誠意を持って接してください。これから先、何十回もお見合いを繰り返すとしても、その女性とは、その日で最後かもしれないと思うのです。そうすれば、その女性に余韻を残せるかもしれません。機械的に何回もお見合いをこなすのではなく、一回一回を特別なものと思って臨むのです。

 

特に一番最初のデートはそうでなければなりませんね。ものの1~2時間位で、その女性のことを深く知ることは無理ですし、あなたのことをよく理解してもらうのも難しいです。でも、その短い時間をできるだけ気持ちよく過ごしてもらえるよう、精一杯の努力を心掛けるのです。

 

人には誰にでもいいところがあるはずです。短い時間内で、お相手の女性のいいところを探すようにしてください。会う前から、今度会う女性のいいところはどんなところだろうかと、楽しみにするようにもっていってください。

 

欠点だけの人間というのはあり得ません。もし、欠点が見えてしまったと思ったらすかさず、その欠点に隠れて見えにくくなっている長所を探るようにしてください。

 

あなたも、限られた時間内で、彼女が分かりづらいあなたのいい点を教えてあげてください。ここで注意したいのは自慢ではない、ということです。プロフィールをお相手が見て知っているはずならば、あなたが仕事でどんなに成功しているかとか、自慢するのは逆効果です。女性がその話で快く感じるかを想像してみてください。

 

もちろん、おいしいものをごちそうしてあげることも、一期一会の精神です。おいしいものをおいしそうに食べながら、お相手の言うことに耳を傾けて、「穏やかな人なんですね」とか、「しっかりした人なんですね」とか、「なんか僕の欠点を、欠点と思わないでいてくれそうな人だな、と思いました」とか彼女のいいところを探し当てて指摘してください。

 

そして、ほんの1~2時間の間に、プロフィールと外見だけでは知りえない、あなたのいいところを、自慢になることなく、伝えられるといいと思います。「こつこつと仕事することぐらいしか取り柄のない人間だけど、僕のことを信じてもらえるなら、必ずあなたを幸せにします」なんて、言わないと、女性はわかりませんからね。

 

1回目のデートでも、彼女に霊感を感じるなら、そのくらい言って彼女の心を揺さぶってもいいと思います。淡々と言うのではないですよ。感情を込めて言うのです。言わないでおいて、1回目のデートの後、お断りされたら、悔やんでも悔やみきれないですよね?思い出してください。一期一会。

 

まとめ

 

婚活においては、後悔のないように、一期一会の精神で臨むこと。特に初顔合わせのお見合いなどは、お相手がどんな女性であろうと、一期一会の精神で接する。そうすることで、婚活を楽しむことができるようになる。

婚活における、コミュニケーションの極意

目安時間:約 4分

婚活において、コミュニケーションはとても大切です。コミュニケーションの極意を知れば、鬼に金棒かもしれません。自分の本音を感情を込めて言うこと。これは勇気のいることかもしれません。でも、これこそが、コミュニケーションの極意と言えるのではないかと思います。

 

もちろん、お相手を傷つけることを言うのは当然ダメです。批判も良くないですね。でも、それ以外なら、本音を感情を込めて言うことこそ、会話の直球がお相手にバシッとぶつかっていくことになるんだと思います。

 

何でもいいのです。「デートに遅刻してくるのって、俺、軽視されてんのかな」とか。言わないで、がまんするのではなく、言ってしまう。「あ~、君と今すぐにでもホテルに行きたい!」とか。嫌われるかもしれないと思っても言ってみる。「なんか、話が途切れると緊張しちゃいます」とか。「え、そんなに手がきれいなのに、お料理上手ってホントですか?」とか。

 

感情表現はたくさん使ってください。「寒い」「おいしい」「お腹がすいた」「好きです」「きらいです」「おもしろい」「やりたい」「行きたい」「信じられない」「きれいだ」「怖い」「すごい」「照れる」「緊張する」などなど。

 

今まで、余計な口を利かないように教育されてきていたら、なかなか難しいですよね。でも、婚活においては、あなたの気持ちや考えていることをぽろぽろ出した方が、女性があなたに対して安心感を抱くので有利なのです。

 

大袈裟にするときがあってもいいと思います。毎回大袈裟なのもおかしいですけど、たまに、「えー!それ、すっごい意外!!」とびっくりしてみるとか、気持ちに変化をつけられるといいと思います。

 

何を言っても、同じトーンで表情に乏しいと、お相手も会話の直球を投げるのに疲れてしまいます。急にはできなくても、回を重ねるごとに、感情表現を多く使えたとか、ちょっと大袈裟に言えたとか、改善していけると、コミュニケーションも上達していきます。

 

まず、自分で自分が何を考えているのかわかることが先決ですね。自分で自分が何を感じているかもです。それすらわかっていないと、口に出して言うことができないからです。だから、普段から練習してください。暑いと感じたら「暑いなぁ」と言ってみる。おいしそうだなぁ、と思ったら「すっごいおいしそうだなぁ」と言ってみる、という風にです。

 

本音を言うと、嫌われるリスクがあると思いますよね?でも、そのリスクを避けて通ろうとすると、会話がつまらないものになってしまうのですよね。それにあなたのことも、彼女には見えてきません。そんな何考えてるかわからない人と結婚しようと思う女性はあまりいないと思います。

 

あなたの考えていることや気持ちを、直球で彼女にぶつけてみてください。それがコミュニケーションの極意です。

 

まとめ

 

女性に嫌われることを恐れないで、あなたの本音を感情を込めてお相手にぶつけてみる。それが、婚活における、コミュニケーションの極意。

婚活中に女性をホテルに誘うときのタイミング

目安時間:約 4分

婚活中、女性をホテルに誘うときはどうしたらいいでしょうか?タイミングは?そうですね。女性はいつでも誘いに応じるわけではありませんよね。でも結構いいところまでいっていると感じられるのなら、誘ってみたいと思います。

 

女性があなたのことを好きだと仮定しましょう。それでも誘いに応じるとは限りません。たとえ結婚するつもりの男性であってでもです。月の使者が訪れていて、タンポンを入れているかもしれませんしね。男性とやる前に取らなければなりませんよね。全然ロマンティックじゃないし、キスと上半身タッチまででそれ以上はなし!って感じですね。

 

妊娠してしまう可能性のある時期だったらやっぱり、ハグまででおしまい!って感じになるかと思います。そこまでになるとは予測していなくて、下着などが納得のいくものでない、などの理由でも拒否されるかもしれません。ヘアーの処理をしていないとか、そんな理由でもあるかもしれません。

 

だから、1回断られたくらいで、しょげる必要は全然ありません。女性にだってちゃんと、月一のペースで発情ホルモンは分泌されているんですからね。そうでないと種の保存が危うくなるわけです。

 

でも、基本的に女性の方が受け身にできていますから、彼女の方から「ねぇ、ホテル、行きましょうよ」なんて言われることは期待できないと思います。だから、男性がちょっとプッシュするような形になるわけですよね。

 

無理やりはダメですよ。犯罪になってしまいますから。でも、あなたがホテルに行きたいということは、彼女にわからせておくべきだと思います。そうした上で、彼女にその日を選んでもらえるように、仕向けるといいですね。何度も頼めば、彼女も満更でもないと思っているはずです。

 

終電がなくなっちゃった、なんて言ったら、「今日は大丈夫」という意味かもしれません。酔っぱらっていても、酔っぱらっているふりをしている可能性もあります。ここは彼女のプライドを立てて、ちゃんとしたホテルに招待してあげてください。結婚を考えている女性なのですから。

 

全然下心がないようにふるまっておきながら、突然、襲いかかるような真似をするよりも、日頃から「ここの温泉、すごくいいらしいよ。君の都合がいいときに、1泊旅行してみたいなぁ」なんて、カタログを見せながら言ったりしていれば、彼女も心の準備もできてくるのでそのうち、「今週末、○○さんは空いてるんでした?私は土日とも何も予定入ってないんだけど」なんて言ってくるかもしれませんよ。

 

女と寝るのが目的ではないわけです。結婚するのが目的なのですから、女性の気持ちを大切にしながら、自分の欲していることもちゃんと伝えていけるといいと思います。

 

まとめ

 

婚活中に、女性をホテルに誘うことは悪いことではない。でも、女性の気持ちを無視して無理やりしようとするのは当然良くない。彼女と一緒に泊まりたいという希望を伝えていれば、誘うタイミングは向こうからやってくる。

婚活において、デートに遅刻してくる女性の気持ち

目安時間:約 4分

婚活において、付き合う前のデートに遅刻してくる女性の気持ちはどんなものなのでしょうか?ちょっとくらい遅れたって許されるだろうと思っているのでしょうか?時間を守れない、問題のある女性なのでしょうか?

 

遅れてきて、平気な顔をしているわけではないですよね?急ぎ足で来て、ごめんなさいと謝ったりしていますか?それだったら、多分あなたのことがとても好きなんだと思います。

 

あなたのことがとても好きで、あなたに嫌われたくないのだと思います。ためしに、今度遅刻してきたら、少し怒ってみてください。少しですよ。ピタッと遅刻してこないようになると思います。嫌われたくないからです。

 

あなたに好かれたいから、洋服や靴、バッグ、アクセサリーなど悩みに悩んでいるのだと思います。前日にちゃんと着るものの用意をしていても、当日になってみたら、思ったより気温が高くて、「これじゃ、やっぱりおかしいかな」とまた一からやり直したり。良かれと思って新しく買ったハイヒールも、出かける直前に履いてみたら、「ヒールが高すぎると思われるかな」と不安になって他の靴にしようかと悩んだり。

 

好かれたいと思うから、いつもはつけないアイライナーを不慣れな手つきでつけてみて、失敗して、修正するのに時間がかかったりとか。お化粧はいつもと同じではないはずです。

 

あなたと何かがありそうな予感があれば、ランジェリーにまで気を遣っていると思います。普段仕事に行くのに、そこまで心配する必要がありますか?毎日の仕事には遅刻しないで行っていると思います。

 

だから、次のステップに進んでも大丈夫じゃないかと思います。つまり、本交際に入るってことです。告白しても断られないと思うし、体に触れる行為も拒絶率は低いと思います。

 

本交際に入った後も遅刻してくるようだったら、ちょっと本気で怒った方がいいかも。多分、ちゃんと反省して遅刻しなくなると思います。怒った後は許してあげてくださいね。多分あなたにぞっこんなのかもしれないから。

 

そして、彼女の努力の跡もちゃんと気付いてあげてください。髪はいい香りで、とてもきれいになってませんか?全体的にかわいいファッションになっていませんか?リップも、いつキスされてもいいように、きれいになっていませんか?

 

「遅刻してくる」という結果だけでなく、そこまでのプロセスにも想いをはせてもらえたらと思います。それとも、時間より早く来て、仕事に行くときと同じ要領で準備してきた女性と結婚したいですか?

 

まとめ

 

婚活において、デートに女性が遅刻してきて、謝っている場合は、あなたのことが好きで、あなたに好かれたくて、一生懸命になりすぎている可能性がある。そのことを理解しつつ、時に、怒る姿勢は見せた方が関係は良好に。付き合う前の段階なら、告白しても受け入れられる可能性大。

 

 

婚活における、デートの場所と時間と連絡頻度

目安時間:約 4分

婚活における、デートの場所はどこがいいでしょう?ディズニーランドなんかは、付き合うことが決まってからに取っておいてくださいね。まだお互いのことがわかっていないうちは、基本的には、落ち着いて話ができるところということで、レストランなどが一番妥当な線かもしれません。

 

毎回、同じところ、というのはやめてくださいね。毎回、違う所にしてください。「今度はこんなレストランで」というのを予告して、女性が楽しみにするように仕向けると、キャンセル率が低くなると思います。それに、どんなところかを予め伝えておいた方が、女性も着るものを選びやすくて親切です。

 

駅から遠くて、たくさん歩かなければならないというのは、最初のうちは避けるべきです。ヒールの高い靴をはりきって履いていたなら、すっかり疲れて機嫌が悪くなってしまいます。ヒールが高くなくても、買ったばかりの靴を履いている可能性もあり、靴擦れでもできたら、あなたにとってマイナス点です。

 

時間も2時間以上のデートは、初めのうちは長いと思っていいと思います。女性も緊張している可能性があるわけですから、2時間以上は疲れさせてしまいます。初めの頃のデートは、短く切り上げて、その代り、できるだけ1週間に1回は会うよう、心がけた方がいいと思います。

 

デートが終わって別れた後、女性が帰宅した頃に、LINEやメールなどで必ず短いメッセージを入れてください。無事に帰宅できたかどうかを聞いて、その日のデートのお礼と、楽しかったことなどを伝えて、また次回のデートのことで連絡する旨を書いてください。

 

連絡の頻度は基本的に、彼女から返信が来たらまた書く、という感じがしつこくならなくていいと思います。返信が来ていないのに次々書くと、うっとうしく思われてしまいます。内容も、始めのうちは、短いメッセージの方が好感を持たれると思います。次回のデート場所の新しい情報をちらっと出すと、デートのことを思い出させる効果もあるし、楽しみにさせることもできるかもしれません。

 

デートで話をして、だんだんお相手の趣味や嗜好などがわかってきたら、それに合わせてデートの場所と時間も変えていけばいいのです。例えば、お酒が好きな人だとわかれば、おしゃれなバーを次回のデート先にするとか、登山やハイキングが趣味の人だったら、遠出を考えてもいいわけです。

 

でも、最初のうちは、失敗のないように、女性が行きやすい場所(女性の住む家の近くはやめた方が無難)で、駅からそれほど歩かなくても行けるレストランなどにしてくださいね。

 

まとめ

 

婚活において、最初のうちは、お互いをよく知るために、話がしやすい雰囲気のレストランなどがデートスポットとしてはおすすめ。女性を疲れさせないために、時間は2時間以内で、駅から歩いて近いところが理想。最初の連絡は、デートの当日、女性が帰宅した頃に入れる。短いメッセージで、女性から返信が来たらまたメッセージする。できるだけ1週間に1回は会えると理想的。

 

 

 

 

 

 

管理人プロフィール

管理人:婚活サポーターCarmen

ラテン文化の中で培った経験と、持ち前の勤勉さで習得した婚活の知恵、及び、自身の恋愛、結婚話を、絶妙なコンビネーションでブレンドして、婚活を応援するための情報として、発信しています!

詳しいプロフィールはこちら

ページの先頭へ