婚活がうまくいかない時の処方箋(オーストラリア編)

目安時間:約 9分

今回は、オーストラリアでの「えっ」とびっくりした体験をお話して、それに絡めて、婚活がうまくいかない原因となる、タイミングについて書いています。そしてもちろん、処方箋も出していますので、婚活がうまくいかない→婚活が成功する、という流れに方向が変わるのが目的です!

オーストラリアでの娘の引っ越し

私はオーストラリアに住んでいて、オーストラリア生まれの2人の娘がいます。長女が高校を卒業し、自宅から1,000km離れた大都市の大学に入学が決まりました。大学の近くの大規模な寮にも入れることになりました。

 

2泊だけなら無料で、娘の個室に泊まって良いということだったので、私も娘の引っ越し荷物を持って(自転車、フライパン、布団など)、娘と列車で14時間の旅に出ました。

 

どんな学生寮?

学生寮は12階建てで、真ん中のエレベーターから降りると、右側と左側に長い廊下が延びていて、その両側に個室がずらっと並んでいます。

 

エレベーターから降りた右側と左側、同じような造りになっているので、同じフロアにキッチンスペースが2か所、シャワー・浴室・トイレが2か所、勉強部屋やミーティングルーム、ラウンジなどもそれぞれ2か所ありますが、シャワー・浴室、トイレは片方が女性用、もう片方が男性用となっています。

 

最初は右側が男子寮、左側が女子寮かとも思ったのですが、そうでもなく、男女混ざっているようでした。

 

1階には大きなキッチンスペースがあって、たくさんのガスコンロや流し台などがあり、何十人もが同時にお料理できるような設備になっています。

 

ですので、各階のキッチンスペースには、電子レンジと冷蔵庫と流し台や収納棚はたくさんありますが、トースターなどの電化製品はつかってはいけないことになっていて、広々とした、きれいなスペースとなっています。

 

廊下との間に壁もないので、エレベーターの両隣にあるキッチンスペースは、誰もが毎日通って目にする所です。

 

ここだけの話

近代的な設備が整えられていて、貼り紙などもないので、とてもクリーンなイメージです。が、貼り紙、実は1枚だけあります。キッチンの引き出しの一つに。

 

しかも黄色い紙に黒の太文字で「コ○○ー○の引き出し」と書いてあります。もちろん、○○と書いてあるわけではありません。英語でそのものの単語がはっきりと書いてあるのです。

 

その下にはこう書いてあります。「なくなったら、電話で、○階にコ○○ー○がないと知らせてください。補充いたします」と。

 

「えっ」。目が点になりました。日本もこうですか?違いますよね。まさかひょっとして、私だけが知らないだけとか?見ようによっては「ご自由におやりください」ともとれます。

 

まわりに誰もいなかったので、そっと引き出しを開けてみました。ありました。2つ。そのものが。

 

私は静かに引き出しを閉めると、娘が待つ個室へと戻り、娘とそのことについて語り合いました。・・・というのはウソです。そのことについては触れませんでした。旦那さんにも言えないでいます。それでここで暴露しているのです。

 

まだ結婚するタイミングじゃない

大きな大学です。すごい出会いの場ですよね。既婚の人もいらっしゃるでしょうけれど、大半が未婚者です。しかも大半が10代後半~20代前半。男性も女性も身体は大人でもっとも輝かしい年頃ですよね。惹かれあうことがあっても、それは自然なことです。

 

でも、学生だから勉強が本分です。結婚するタイミングとしては早いのですよね。子どもをつくっている場合じゃない。女性は妊娠してしまったら、学業を続け辛くなります。だから、この引き出しはあった方がいいのかもしれません。

 

本気で婚活している女性がいる所

それにひきかえ、婚活している女性は、結婚できるタイミングの人です。だから、結婚したいと思った時、結婚相談所や婚活パーティー、婚活サイトで婚活するのは効率の良い方法だと思います。

 

ただ、婚活パーティーや婚活サイトによって、本気で結婚したいと思っている人が多く集まっている所と、そうでない所があるので気を付けてください。

 

あなたが本気で婚活をしていても、まわりの女性たちが本気で婚活していないのなら、たとえ、相性が合う女性であったとしても、うまくいきません。

 

婚活パーティーでかわいい子が多いというのは、若い子が多いというのと同義だと思いますが、同時に、婚活に対する本気度が低い人が多いとも言えます。婚活がうまくいかない時は、年齢層が少し高めの女性が集まる所を狙った方が、うまくいく可能性はあります

 

デートしている女性が20代前半の場合は、あなたに早く結婚したいという気持ちがあっても、焦らず、お相手の結婚に対する考えを聞いてみて、その考えを大事にしながら、場合によっては長期戦を覚悟した方がうまくいくと思います。急がば回れというやつですね。

 

20代前半の方でも、結婚に前向きな女性もいらっしゃるので、まずは、お相手の結婚観を知ることが先決です。

マッチングサイトなどで、婚活をやっていてうまくいかない場合もありますよね。100人に申し込んで、1度も返事をもらったことがないとか。

 

マッチングサイトによっては、女性の数が多くても、婚活に前向きな人が少ないサイトもありますから注意が必要です。もっと本気度の高い女性が集まる婚活サイトに鞍がえするか、結婚相談所で婚活し直すのもいいと思います。

 

いずれにせよ、条件で絞り込みをかける時、女性の年齢の幅を少し上げてみると、婚活がうまくいくかもしれないのでやってみてください。若い人がいいと思っていても、本気度の低い女性にばかりアプローチをかけても、なかなかうまくいかないからです。

 

若い女性ほど、本気度、低い人が多いです。ほんの少し、年上なだけで、女性の本気度はだいぶ上がります。

 

もちろん、出会い系の女性がひしめいている中で年齢の幅を上げてみても無意味なので、自分が身を置いている婚活の場が、自分に適したものかどうかは、よく確認してください。

 

カルメンおススメ婚活サイト

  1. エキサイト婚活
  2. ブライダルネット
  3. マッチドットコム

 

カルメンおススメ婚活パーティー

  1. おとコン
  2. 街コンジャパン
  3. エクシオ

 

カルメンおススメ結婚相談所

  1. ルックフォーパートナー
  2. エン婚活
  3. クラブ・マリッジ

 

婚活がうまくいかない時の処方箋(オーストラリア編)まとめ

どんなに素敵な女性でも、どんなに相性が合う女性でも、どんなに相思相愛であっても、お互いの結婚のタイミングが合わないと、婚活はうまくいきません。

 

一概に、婚活パーティーやマッチングサイトと言っても、それぞれだいぶ性質が違うので、一つのところでうまくいかなくても、違うところではうまくいく可能性はあります。

 

自分が身を置いている出会いの場が、出会い系の女性が多い所であったり、”無料”や”ケーキ食べ放題”などにつられて集まっている、婚活に真剣でない女性が多い所であるかを、よく見極めてください。

 

また、年齢が若い人は魅力的ではありますが、一般的に、婚活に対する真剣度は低いですので、普段より、少し年齢が高めの女性に狙いを定めることで、婚活がうまくいく可能性が広がります。

 

結婚相談所の方は、本気で婚活している女性が集まっていると思いますが、もしあなたが、「1年以内に結婚したい」などの、明確な意思を持っていない場合は、真剣な女性との間に温度差があって、やはり、うまくいかないと思います。その場合は、結婚相談所でない方がいいですね。

 

婚活ビジネス以外の出会いの場

目安時間:約 4分

日本には、婚活ビジネスというものが存在し、お金を出せば、さまざまな形で出会いの場を提供してくれていて便利です。では、婚活ビジネスなるものが、あまり、または全然ない国の人たちは、どうやって結婚相手をみつけているのでしょうか?

 

私はメキシコに随分長い間暮らしていました。メキシコでは、よっぽど高いレベルの社会層の人でもない限り、お見合いのようなものはありませんから、自力でお相手をみつけるしか方法がありません。そういうわけで、彼らはしょっちゅうパーティーに出かけます。大抵のパーティーというのは、日本のように、限定された招待客だけということはなく、来る者は拒まない、いわば、収拾のつかないようなパーティーです。

 

どさくさに紛れて誰でも参加していいわけですね。めちゃくちゃだな、と思うかもしれませんが、男女の出会いの場としては、非常にいいのです。でも、そんなのんきな国ばかりではありませんよね。結局、どんな国でも男女は出会って結ばれていきます。

 

婚活ビジネスは大いに利用してください。でも、この世の約半分は女性なのですから、婚活ビジネスを利用しなくても、出会いはそこここにあるはずなんです。

 

例えばいつも行くコンビニの店員さん、買うときに、無言でお金を渡すのではなく、何か一言交わしてみてはいかがですか?買ったあと、笑顔を作って、目を見て、「どうも」って言いながらぺこっと頭を下げてみるとか。そんなことが何回かあれば、二言、三言、会話を交わす関係に発展することだってできます。

 

その店員さんには彼氏がいるかもしれないとか、結婚してるかもとか、遠慮する必要ないと思います。さわやかに挨拶することが悪いわけがありません。会話ができるようになったら、そのうち彼氏がいるのかどうかなどもわかってくると思います。彼氏がいるとわかって、急に冷たくしたりしないでくださいね。休み時間に同僚の女の子に、あなたの好印象を話したりするかもしれないんですから。他の女の子につながっているんですよ。

 

出会いがないからと言って、毎日いい加減な服装とかはやめてくださいね。仕事への往復で、彼女になり得そうな女性がまわりにいないからと、髪形もぼさぼさのままでは、出会いはありません。まわりに結婚相手になりそうな女性がいなくても、デートに行くようなつもりで清潔感漂わせて出かけてください。

 

「でも、仕事場では作業着だし・・」と思うかもしれませんよね。作業着でも、姿勢を良くすることはできますよね?人に親切にすることはできますよね?人と笑顔で接することはできますよね?同僚に好印象を持ってもらえれば、「誰か紹介してください」と頼んだときに、快く妹や娘を紹介してくれる人がいるかもしれません。あなたが感じのいい人でなければ、誰があなたに自分の妹や娘を紹介するでしょうか?

 

老若男女を問わず、あなたが日々、人と接しているならば、その人はあなたに良縁をもたらしてくれる人かもしれないということを理解して、結婚したいなら、お見合いのときだけでなく、毎日、身だしなみを整え、誰にでも親切にするようにしてください。そういう日々の努力が、出会いをもたらしてくれるのです。

 

まとめ

 

婚活ビジネス以外でも、出会いの場はそこここにある。その出会いの場を引き寄せるために、日々、身だしなみに気を付け、挨拶もきちっとできるようにし、人に笑顔で接することや親切にすることを心掛ける。

海外在住者が嫁を探したい場合

目安時間:約 4分

海外在住者がお嫁さんを探したい場合、どうしたらいいでしょうか?親御さんには、外国人はダメとくぎを刺されているし、といって海外にいながら日本人の独身女性との出会いってなかなかないですよね。こんな場合は、お仲人さんのいる結婚相談所にお願いするのが一番融通が効いていいのではないかと思います。

 

今はスカイプ(Skype)なんて便利な無料テレビ電話があるのだから、スマホやパソコンのスクリーンを通じてお相手の方とお見合いをすることも可能です。

 

スカイプではなくて、お見合いはやっぱりちゃんとその人と直接会って話したいということであれば、プロフィール文に、どこの国に住んでいるか、一時帰国はいつする予定であるかを書いておきます。お見合いの申し込みが来たら、お仲人さんがあなたに知らせてくれます。お見合いの日取りをあなたの帰国時に合わせてもらって、場所など細かい調整はお仲人さんに任せればいいと思います。

 

あなたが申込みをしたい場合も、お仲人さんに伝えておけば、何人とでも、あなたの帰国時に合わせて集中的にお見合いできるよう、申し込みの手配をしておいてくれると思います。

 

交際が始まったら、遠距離恋愛になるので、頻繁に、メールやスカイプ、電話を使って仲を深めるようにしてくださいね。住所を知ることができたなら、手紙やプレゼントを送るなどもすると、より良い効果があると思います。

 

そして、できるだけ一時帰国も、早めにできるといいですね。結婚するかもしれないと思っている人と、何か月も会えないでいるというのは不安なものです。帰国している間は、内容の濃い時間を過ごせるよう、演出も考えてください。お土産もちゃんと買ってきてくださいね。

 

結婚したいと思える女性であるなら、結婚までのプロセスを、早めるようにした方がいいと思います。せっかくあなたに対して、好意を持ってくれていても、待たせすぎると他へなびいていってしまいます。

 

どうしても仕事が忙しくて、なかなか帰国できないというような場合は、彼女をあなたの住んでいる国へ一度、招待してみるのもいい手かもしれません。その場合、「宿泊のホテルはこちらで手配しておきます」と言って、あなたの住む家とは違う所に宿泊先を用意することが伝わるようにすると、訪れやすくなると思います。

 

私の妹は、メキシコに住んでいた両親の家を訪れたとき、現地で勤務していた日本人の男性との出会いをセッティングされて、結局、その男性と結婚することになりました。けれどそんな、めったにない出会いを、手をこまねいて待っているだけでは、なかなか結婚できないですよね。ぜひ、お仲人さんのいる結婚相談所に登録して、積極的に婚活してみてください。

 

まとめ

 

もしあなたが、海外在住者で、日本人のお嫁さんを探したい場合は、日本の結婚相談所に問い合わせてみる。お仲人さんなら、あなたのニーズに合わせて、結婚相手探しを応援してくれる。

 

結婚相談所の成婚率とは?

目安時間:約 3分

結婚相談所が言うところの成婚率とは実際のところ、何でしょうか?ある結婚相談所を退会した人たちを100%として、そのうち、その結婚相談所に紹介してもらった人と結婚した人が何パーセントか、というのが、その結婚相談所の成婚率となるわけです。

 

30%とか50%とか、多ければ多いほどいい結婚相談所であるように思いますよね。でも、あまりこの成婚率という数字に振り回されない方がいいと思います。なぜなら、どこも同じ基準で計算しているとは言えないからです。

 

例えば入会の条件が違えば、だいぶ成婚率に違いが出てきますよね。年齢制限をしていたり、年収の低い人の入会を拒否している所は成婚率が高くなるはずです。一生懸命来る人を拒まずに婚活を応援しているような所はおのずと成婚率が低くなります。

 

成婚率が低くならないように、結婚できそうにない人たちは退会しないようなシステムになっているかもしれません。

 

会員が他の結婚相談所にも加入していて、そちらの方で紹介された人と結婚した場合も、自社の方で磨きをかけられたおかげで結婚できた、という解釈のもと、成婚率の割合の中に入れられているかもしれません。ネットお見合いなど、他の所で出会った人と結婚した場合も同じく、自社でその人に力を注いだからこそ結婚できたのだと考えれば、成婚率の中に入れてもしかるべき、と解釈しているかもしれません。

 

個人でやっている仲人さんのところで、会員8人中、2人が結婚したら25%の成婚率になったりするわけです。

 

また、結婚相談所の成婚率の中には、結婚相談所で紹介された人と交際が始まり退会、その後別れて結婚しなかった場合も含まれているのです。

 

「お互いが気に入った者同士の場合」は成婚率が70%、なんてよく考えた答え方を結婚相談所にされることもあるようです。客引きのため、よくいろんなことを考えるなぁ~、と感心いたします。

 

成婚率は記載していない結婚相談所もあります。結婚できるかどうかは、その結婚相談所の成婚率によるのではなくて、あなた自身によるのだということを理解しておくべきだと思います。高いお金を払って入会したのだから、結婚できるだろうと、何もしなければ成婚率は0%、考え方を変えて、積極的に動けば出会いがあり、成婚率100%となる、と考えてください。

 

まとめ

 

結婚相談所が打ち出す成婚率はあまりあてにしない。成婚率が低いのは、お相手に対しての理想を追求しすぎるからだということにも気が付けると良い。、

 

 

婚活における、「お断り」が辛すぎる場合

目安時間:約 4分

婚活をしていて、「お断り」やフェードアウトなどが続いて、辛すぎる場合、どうしたらいいでしょうか?「お断り」が平気にならなければならない、とわかっていても、何度も傷つくと、そう簡単に立ち直れなくて、仕事にも影響してくるかもしれませんよね。婚活していることを周りの人に打ち明けて話を聞いてもらえれば楽になると思っても、公言する勇気がなくて、一人で頑張ってしまっているのかもしれません。

 

婚活において、「お断り」が辛すぎる場合、お仲人さんにお願いするのがいいかもしれません。あなたに必要なのは、いつもあなたの側で、あなたを励ましたり、アドバイスをしたり、話を聞いてくれたり、一緒に考えてくれたりする仲人さんの存在だと思います。

 

私もこのブログで、励ましたり、アドバイスしたり、考えたりしてお役に立てるように頑張っています。それで、いろんなことに気が付いて、婚活を成功させることができれば本当にいいと思っています。でも、あなた専任のお仲人さんがいれば、あなたに適したアドバイスをしてくれると思います。

 

お仲人さんたちが主催する婚活パーティーだと、普通のパーティーと違って、あなたのお仲人さんがそれとなく、あなたのことをサポートしてくれると思います。パーティーが終わった後でも、話ができなかった気になる女性がいたなら、出会いをセッティングしてくれたりもするでしょう。

 

お仲人さんにもいろんな人がいるので、入会する前には事前に情報をよく調べてからにすることをおススメします。あなたのことを親身になって心配してくれるお仲人さんなら、短期間に何度もお見合いに挑戦して、何回かお断りされることがあっても、あなたにぴったり寄り添って応援してくれるので、心強いと思います。

 

お仲人さんのいる結婚相談所というのは、大抵、3か月など、短期間で結婚を決められるような流れになっていると思うので、思い切って信じて、流れに身を任せてみるというのはどうでしょうか?その際、ファッションなどプロのお仲人さんの助言には従ってくださいね。もちろん、どうしても結婚する気になれない女性と結婚する必要はありません。

 

特に仕事ですごく忙しい人などは、お仲人さんのいる結婚相談所に登録してサポートしてもらいながら婚活した方がいいと思います。自分一人では忙しさにかまけて婚活に集中できません。あなたの事情を理解してくれているお仲人さんにナビゲートしてもらわないと結婚までに至れません。

 

既にいろいろ婚活をやってみて失敗を重ねている人ならなおさら、お仲人さんに乗り換えてことがスムーズにいく可能性大です。ただ、「絶対結婚できる」と約束できるわけではありません。お仲人さんのいる結婚相談所の平均成婚率は15%程度だということも頭に入れておいてください。

 

お仲人さんに頼んで1年以内に成婚に至らなくて退会したとしても、客観的な意見をたくさんもらえて自分に磨きをかけられたわけですし、サポートされている間にお見合いも何度もして経験も積んでいるのですから、お仲人さんに頼む前の自分より、各段魅力的になっていると思います。婚活成功に近づけているはずです。

 

まとめ

 

婚活において、「お断り」が辛すぎる場合、いいお仲人さんのいる結婚相談所を出会いの場の選択肢として考えてみる。あなたが自分で気が付いていない、直すべきところを教えてもらえるし、婚活パーティーでもサポートしてくれる。辛いときは相談にのってくれるし、短期間で婚活を成功させるためにあなたを引っ張ってくれる。

ネットお見合いにおけるプロフィール

目安時間:約 4分

ネットお見合いにおけるプロフィールは、その書き方によって女性があなたに興味を持つかどうかが決まってくる、非常に大切なものです。とはいえ、嘘の記載は意味がありません。ばれたら、うまくいくものもうまくいかなくなってしまう可能性が大きいからです。

 

基本的な情報は誠実に記載した上で、プロフィール文は、女性に興味を持ってもらえるような内容を考えましょう。

 

女性に興味を持ってもらえるような内容って、どんな内容でしょうか?万人が書くようなことではインパクトに欠けますよね。具体性があって、あなたのプロフィールを読む女性が、あなたがどんな人なのかを想像できるようだといいと思います。

 

想像できても、それが、不安を伴うものではマイナスのイメージになってしまいます。女性は、自分を安心させてくれる人と結婚したいのだということを頭に入れて、そういうイメージを抱けるようなプロフィール文が書けるといいですね。

 

つまり、悲しいこと、辛そうなこと、心配なこと、みじめなことなどは、書かない方がいいです。反対に、楽しいこと、頼もしいこと、希望を持てることなどを書くといいと思います。

 

例えば「休みの日にはドライブをしたりして、夫婦生活を楽しみたいです」とか、「新築の家を建てて、暖かい家庭を築きたいと思っています」とか、「仕事にやりがいを感じています。家事も積極的に協力したいと思っています」などは、女性が見たときに、あなたがどんな人なのかイメージできて、そしてそれはプラスのイメージですよね?女性が結婚後の様子を想像できたら、申込みをしてOKとなる確率は高くなると言えるでしょう。

 

お相手への要望も、自分の希望をそのまま書くのは能がありません。女性が見て感じが良く思われなかったら、申込みもされないし、申し込んでもお断りされてしまいます。全然申込みOKされないという場合は、お相手への要望の見直しが必要です。嫌われないように、謙虚にお願いします。

 

申込みメールも同じく、女性があなたからメールをもらってうれしい気持ちになるように考えて、書いてくださいね。そうすればきっと、申込みを受けてもらえる可能性も広がってきます。

 

まとめ

 

プロフィールには嘘を書いてはいけない。でも、プロフィール文は、あなたに興味を持ってもらえるように、明るいイメージで、あなたの考えていることや気持ちが伝えられるように書けると良い。読む女性がどう思うかを考えて文を作ること。お相手への要望や申込みメールも、ネットお見合いにおいては、コンピューターの向こう側で、女性がOKするかどうかの判断材料にしているということを念頭に書く。

 

 

ネットお見合いにおける、危険なことまとめ

目安時間:約 4分

ネットお見合いは、料金もお手頃だし、自宅のパソコンで婚活ができるので簡単にできます。誰にも知られることなくできるというのもやりやすい理由かもしれません。

 

それに、初めて婚活を始める人にとって、婚活パーティーのように、初めての所へ赴いて、たくさんの異性としゃべる、というのより、メールから入る出会いの方がハードルが低そうです。本人を証明する免許証などの書類提出くらいで始められるので気軽にできますね。

 

でも何か危険もありそうだな、と思うのが普通です。ですので、危険でありえることを以下にまとめてみました。

 

  • 迷惑メールがたくさんくるようになる
  • 退会できないようになっている
  • 退会させないためにサクラが用意されている
  • お金を払っても会えない

 

これらのような、悪い業者がやっている婚活サイトでないかどうか、登録する前に、よく調べる必要があると思います。利用規約は必ず読むようにしてください。

 

  • 詐欺師がいる

住む家を借りる敷金だとか、欲しい指輪があるとか、どんな理由があるにせよ、お金を渡してはいけません。

 

  • まじめに結婚相手を探していない
  • セールスが目的
  • 個人情報収集が目的

 

これらの人であることに気付くためには、すぐ会う約束を交わさず、事前にしっかりメールのやりとりをした方がいいと思います。それで気付かずに会ってしまったあと、何か変だと思ったらすぐにデートを切り上げて、あなたの情報を教えたり(住所など)、お金を渡したりしないようにしてください。

 

最初は普通、名前や自分のメールアドレスを知らせることなく、何回かメールの交換ができるようなシステムになっていると思います。その間に何かおかしいと感じれば、自分の名前やメールアドレスを教える前に、お断りできます。

 

その他に、危険というほどではありませんが、注意すべき点はあります。身分証明書の提出が必須であっても、その他のデーターは自己申告であるので、プロフィールは100%信じることはできないということです。

 

もちろん、結婚相手を探しているのですから、普通は事実を書いているはずですが、特に女性の場合、体重を偽って申告しているケースはあると思います。

 

プロフィール写真を載せていない場合はどう考えるべきでしょうか?単に顔が悪いから載せていないんだろうと思うかもしれませんね。

 

でも、特に女性の場合、自分の顔写真をネット上に公表するというのは、とても危険なような気がする人は多いと思います。本名とメールアドレスを教えあった後でも、まだ会ったこともない人に、自分の写真を送る、というのは怖い気がします。

 

ネット婚活、大丈夫かな?と、多少なりとも不安を持ちながら登録しているのです。あなたはまじめに取り組んでいる人でしょうけれど、女性が会う前に写真を送ってこないのにはそういう理由もあるということをわかっていてください。

 

まとめ

 

ネットお見合いにおける、危険なことが何かを理解していれば、トラブルを回避することができる。危険を回避して、ネットお見合いを上手に活用すること。

合コンや飲み会に、よく誘われるのに彼女ができない理由

目安時間:約 4分

婚活における出会いの場として、合コンや飲み会があります。割とよく誘われるのに、彼女ができないというジレンマを抱えていますか?理由は何でしょうか?

 

合コンや飲み会は、お見合いなどと違って、1対1ではないので常に比較される対象があるわけです。あなたは誰かの引き立て役になってしまっているのかもしれませんね。でもじゃあ、誘いを断れ、ということではありません。出会いの数は多いに越したことはないのですから。対策を練ればいいだけです。

 

いつも同じ男性から誘われてませんか?その人が明らかにあなたよりルックスがいいのであれば、あなたのやることは、会話力を磨くことです。

 

逆にどう考えてもあなたの方がルックスがいいと思いますか?その場合、あなたの落ち度は何なのかを検討する必要があります。いずれにせよ、会話の勉強はしておいて損はありません。でも、その他に何か、他の人がやっていない余計なことをやっていて、あなたの評価が下がっているのかもしれません。よく考えてみてください。

 

お酒を飲むと陽気になって、毎回必ずあなたの得意な名人芸みたいなことを披露していますか?もしそうなら、その後、女性がドン引きしていないか注意を払う必要があります。毎回やっていることなら、一度、やらないでみたらどうかと思います。やらないつもりなのに、ホストの男性が無理やりあなたにやるよう仕向けるようなら、あやしいと思ってください。それが理由で女性に引かれているのかもしれません。

 

酒癖が悪いのは良くないですね。自分でそれがわかっているのなら、交際相手をみつけるための飲み会だということを自覚して、飲む量はコントロールすべきです。飲むとすぐ寝てしまうとか、ぐだぐだ説教じみたことをしゃべりだすとか、下品になるとか泣き出すとか、女性に嫌われるようなていたらくになってしまうのなら、いっそのこと飲まないでみてください。

 

飲み会で飲まないなんてって思うかもしれませんが、一度、強い決断力で実行してみてはいかがですか?それで彼女ができるかもしれないんですから。目的はお酒ではなくて女ですよね?

 

いろんな人から合コンや飲み会に誘われているのなら、あなたは交友関係が広くて出会いの場を多く持ててとても良いことだと思います。チャンスを大事にしてください。コミュニケーション・スキルを磨くことは忘れずに。そして、お酒を飲むことによる粗相で、女性を取り逃がしていると思うなら、飲み会でもお酒を飲まない男意気を見せてください。

 

まとめ

 

合コンや飲み会に、よく誘われるのに彼女ができない理由は、なんらかの理由であなたが他の男性の引き立て役になってしまっている可能性あり。会話力の問題なら会話の力をつける。お酒のせいで、女性に引かれるようなことをしでかしているのなら、お酒が好きでも酒なしでチャレンジしてみる。何かいいことあるかも。

 

 

婚活は秘密でやるべきことか

目安時間:約 4分

婚活を秘密でやっていますか?どうしてですか?人に知られると恥ずかしいですか?婚活を成功させるためには、秘密でやるべきではありません。結婚したいと思うのは、恥ずかしいことではありません。婚活をやることも恥ずかしいことではありません。秘密にしていると、疲れてしまいますよ。

 

結婚相手を欲していることを公言する勇気を持ってください。そうすれば、いろんな人がお見合い話を持ってきてくれたりして、出会いの数が広がります。それだけではありません。うまくいったとか、うまくいかなかったなんてことを、皆と共有することで、あなたが婚活疲れになるのを減少できます。

 

人に慰めてなんていらない、なんて強がりを言わないでください。人からの意見を聞くことで、失敗した原因が何であったかを、客観的に知ることもできるからです。それに、うまくいかなくて、笑われるなんてことはありませんよ。親身になって元気づけてくれる人が多いと思います。なぜなら、あなたが知らないだけで、皆、大なり小なり、結婚までの過程で苦労した人、またはしている人が多いからです。

 

「結婚相手を探しているのに、全然みつからない」ということを、常日頃公言していれば、それを聞いた人たちは、その言葉を心の片隅にしまっておきます。そして、あなたにいいお相手となりそうな人がいたら、あなたのことを思い出して、なんとか取り持とうと動いてくれると思います。人間ってそういうものだからです。

 

秘密でやっていると、凹むことも多いし、出会いの数もどうしても限られてしまいます。思い切って公言してしまえば、皆、そういう話題が好きだから、職場の休み時間など、いつもあなたのことが話題になるかもしれませんよね。それでいいんです。それが恥ずかしいから嫌だと思ってしまわないでください。毎日話題になれば、皆、あなたのことを忘れずに、あなたの結婚相手探しに目を光らせていてくれます。

 

公言するだけでなく、コンパや飲み会を開いて、出会いを設定してくれるのであれば、紹介してくれる人の飲み代は奢らせていただきます!と伝えておけば、もっと効果があります。1対1での出会いを設定してくれた人には、お礼をちゃんとします!とも伝えておくのです。

 

もともと人間って、そういう男女の仲を取り持つようなことは好きな上に、奢ってもらえたり、お礼をもらえるとなると、余計はりきると思います。その出会いがうまくいってもいかなくても、お金だけではなく、言葉でもきちんとお礼はしてくださいね。「このたびは、女性を紹介していただき、ありがとうございました。今回はうまくいきませんでしたが、また誰かいましたら、よろしくお願いします!」って頭を下げてください。

 

なぜって、それが成功へとつながっていくからです。

 

まとめ

 

婚活を秘密でやるよりも、公言してしまった方が、出会いの数は劇的に増やせる可能性が出てくる。それだけではなく、あなたの精神的なサポートにもなるので、婚活を成功させるためには、婚活を一人で秘密でやっていない方が良い。

 

 

婚活パーティーカップル成立の後が続かない理由

目安時間:約 4分

婚活パーティーでカップル成立したのに、メールアドレスなどの個人情報をもらえなかったり、もらえて連絡をとっても返事がなかったりと、あとが続かないという経験をしている人が結構いると思います。

 

「どうしてだ?」って思いますよね。理由は何なのでしょうか?カップルになれて嬉しかった分、余計落ち込みますよね。

 

女性の料金が安く設定されているから、まじめにやっていない女性がいるかもしれない・・というのはあると思います。それは男性でも同じです。結婚相談所はウン十万円もかかる分、婚活に真剣な人が多いのは当然だと思います。

 

友達同士で参加して、中には彼氏がいる人もいるかもしれません。婚活パーティーってどんなかな?と好奇心で参加してみただけ、という人もいるかもしれません。そういう人にたまたまあたってしまったのなら、アンラッキーでしたね。

 

もちろん真剣な気持ちで参加している女性もいます。でも、初めての参加だったりすると、よくわかっていないので、言われるまま、カップルになりたい候補を、第5候補までとか、第6候補まで書いてしまっているかもしれません。

 

あなたは残念ながら、その女性にとって第2候補以降だったのかもしれません。その女性はきっと、あなたに対して悪かったと思って、次回からは第1候補だけ書くとか、気に入った人がいなければ、誰も書かなかったりするようになったんじゃないかと思います。

 

婚活パーティーの主催者側からすれば、お客を喜ばせたいので、たくさんの候補者を書かせたいのだと思います。カップリングの率が上がった方がいいという考えです。

 

でも、第5とか第6候補まで書かせてカップルを成立させても、実際は無理があるんですよね。

 

サクラがいる可能性は十分あり得ると思います。だって女性の数が少なかったら、そこの婚活パーティーには行きたくなくなりますよね。女性の料金を安くしても頭数が揃わなければ、人数合わせに会社のスタッフや、雇ってでも女性の数を増やそうとすると思います。

 

でもサクラだって生身の人間の女性です。独身の人ならあなたの運命の人になりえる可能性はあると思いますよ。

 

私は、婚活パーティーのような異性との出会いの場を提供してくれるビジネスがあることは、ないよりいいと思っています。たくさんの独身の女性と面と向かって話すことができるのって良くないですか?そういうところって他にあまりないですよね?

 

ただ参加するのではなくて、毎回少しずつ自分のどこかを磨いてステップアップしていけるように考えてみてください。ノートを買って、婚活パーティーが終わったあと、そこであったことや感じたことをすべて書いてみるといいかもしれません。

 

反省すべき点はどこかを考えて、書き記してください。良かったと思う点も書いてみてください。毎回書いていくことで、見えてくるものがあるかもしれません。自分を客観的に見ることができるようになってくると思いますよ。

 

まとめ

 

婚活パーティーでカップルになったのに、あとが続かない理由:

遊びで参加していた女性だった

自分が女性の第1候補ではなかった

サクラだった

 

こういうこともあると割り切って、自分を磨いて、婚活を成功させるために次回に臨む。

 

 

 

 

■テンプレ会話術~女性に好かれる会話のテンプレート~

■テンプレ会話術~女性に好かれる会話のテンプレート~

■これがわかれば婚活に成功する!女性との会話例

■ちょっとだけ真似して使ってみるだけで、女性の反応がずっと良くなる具体的な会話が15例も載っています。その15のテンプレートは状況別になっていて、例えば、告白して付き合いたい時に、どう言ったらいいか、手をつなぎたい時にどう言ったらスムーズに手をつなげるようになるのか、合コンや街コンで、初めて会った女性と打ち解けたい時はどのような会話をしていけば良いかなどが、具体的にわかりやすく書かれています。

■LINEテンプレート~女性に好かれるメール術~

■LINEテンプレート~女性に好かれるメール術~

■女性に好かれるメールの法則を知る!

■女性と連絡先を交換した後から、女性とどうやってメールのやりとりをして、デートに誘えるようになるのかなどの流れが、具体的に書いてあり、よくわかるようになります。メール実録も入っていて、読めば、どのようにメールによって女性に好かれるようになっていくのかが手に取るようにわかります。絵文字や顔文字、LINEのスタンプの上手な使い方も解説されています。女性に好かれるための、メールのルールなどについても説明されていて、既読スルーされてしまう原因も書かれています。

■パブロフの彼女:女性がMになるいじりのテンプレート

■パブロフの彼女:女性がMになるいじりのテンプレート

■いじりの会話テンプレートで、女性をリードできるようになる!

■女性をMにさせて、連絡先を交換したい時や、デートに誘いたい時など、男性がリードして、女性が要求を受け入れてくれる状態にもっていく方法が詳しく書かれています。女性をリードできない11の原因について解説してあり、なぜ、ただの良い人で終わってしまうのか、なぜ、なかなか女性を落とせないのかが、わかるようになります。いじり方を含む、女性をリードする方法が、ステップバイステップで本当に詳しく説明されていて、とてもよく理解できるようになります。

 

ページの先頭へ