外国の女性との国際結婚について

目安時間:約 5分

婚活において、外国の女性との国際結婚が選択肢に入ってくることがあると思います。今回は、日本人男性と外国人女性との結婚について考えてみたいと思います。

 

私自身が国際結婚をしています。メキシコ人男性と結婚しました。日本人男性と外国人女性の組み合わせではないわけですが、国際結婚がうまくいったケースですので、その理由をお伝えしようと思います。

 

私がメキシコ人と結婚した時は、メキシコに10年以上住んでいて、メキシコ文化のことがよくわかっていた時でした。メキシコはスペイン語ですが、言葉の問題もなくなっていたので、彼とも、彼の家族ともコミュニケーションをしっかりとれました。メキシコ人のことをよく理解していましたし、好きでした。

 

これが、メキシコに行ってまだ月日が浅い頃に結婚したのであれば、話が全然違っていたと思います。言葉が通じなかったり、お互いの文化や宗教の違いなどを乗り越えていくのは、簡単ではないと思います。

 

外国人女性が日本に長年住んでいて、日本文化が好きで、理解があり、日本語がだいぶできる人なら、結婚を考えても大丈夫かな、と思います。

 

でも、日本に来てまだ1年もたっていない人で、日本語も片言であるなら、交際期間は1年以上と、長くした方がいいと思います。その間、できるだけ、お互いのことを知るよう努力してください。日本語もできるだけ勉強してもらってください。

 

もしあなたが外国にいて、そこで知り合った女性と結婚したいと思う場合、あなたがその国で、職を得て、経済的に彼女を支えることができるのなら、結婚を考えてもいいと思います。でも、あなたはその国に根を張る覚悟が必要だと思います。それができるでしょうか?あなたがその国に順応して、言葉も上達しなければなりません。

 

もしあなたが外国にいて、そこで知り合った女性と結婚したいと思う場合で、その女性を日本に連れてきたいと思うケースもあると思います。あなたが日本で仕事をするつもりだからです。その場合が一番難しいケースかもしれません。

 

女性はあなたのことが好きでも、日本に住んだことがなければ、これから、言葉や文化の壁を乗り越えていかなければならないからです。ホームシックにもかかると思います。相思相愛だったとしても、女性が壁を乗り越えられなければ、結婚はうまくいきません。

 

日本人男性でメキシコ人女性と結婚して、日本に連れてきて住んでいる人がいました。そのメキシコ人女性と話したことがあります。日本人男性が仕事で外出している間、彼女は日本語ができないので話す相手もいないで、毎日、家で、目を指でつついているんだと言っていました。

 

辛さがわかるでしょうか?だから結婚するな、というわけではありません。けれど、彼女との破局を迎えるのを避けるためにも、特別な計らいは必要です。同じ国の人たちのサークルがあれば、それに参加できるようにしてあげるとか、日本語を苦痛にならずに学べるような環境を整えてあげるなどもしてください。

 

何か好きなことがあるのならやらせてあげてください。縫い物が好きだとか、動物が好きだとか、歌が好きだとか、何かあるはずです。そして、できるだけ、あなたが彼女と多くの時間を過ごせるよう、仕事を調整してくださいね。

 

あなたのスペックが低かったり、借金を抱えていたり、病気の親と同居しているなど、婚活で、日本人女性から相手にされなくて、疲れ切っているとき、外国人の女性を結婚の対象として考えることがあると思います。

 

それは悪いことではないと思います。ただ、日本人とは考え方や行動の仕方も違うかもしれないし、言葉もうまく伝わらないようでは、結婚がうまくいかない場合が多いと思います。結婚の前に、交際期間を長くとって、お互いのことをよく理解した上で、結婚に至ってくださいね。

 

まとめ

 

日本人男性と外国人女性が国際結婚を考える場合は、交際期間を長くとって、お互いのことをよく理解してから結婚するようにする。特に、外国で知り合って、結婚して、外国人女性を日本に連れてくる場合は、特別な配慮と、日本人男性の寛大な愛情が必須。

結婚してみた感想(婚活している人を応援する理由)

目安時間:約 6分

今回は、私が結婚してみた感想をお伝えしたいと思います。結婚と一言で言っても人それぞれだと思います。私の場合は、結婚適齢期にメキシコに住んでいたので、結婚した相手はメキシコ人です。私にとってそれはとても自然なことだったと思います。まわりに日本人の男性は全くいませんでしたから。

 

メキシコ人と結婚して良かったと思うのは、私が和食を作るのが下手でも問題のなかったことです。私が下手な和食を作っても、日本食ってこんなものかと思って食べてくれました。私は日本人だから、メキシコ料理が下手でも許されました。要するに、お料理ができなくても許される結婚生活だったことは幸運でした。

 

子どもができるまで10年以上かかり、もう子どもはできないものと思っていたので、夫婦生活をエンジョイすることができました。恋人のような期間が長かったのも幸運だったと思っています。子どもがいないで、二人だけで暮らしている場合は、家の中に大事にする人がお互いに、一人しかいないわけですからね。

 

結婚して10年以上たってから、娘二人を授かりました。子どもができると、子どもの方に重点が置かれてしまって、夫婦の間がちょっと空いてしまったりする期間があります。でも、自分の子どもという共通点ができるというのは大きいことだと思います。

 

自分一人だけでもいろんなことがあるのに、結婚して二人になると、もっといろんなことがあります。子どもが一人、二人と増えれば、もっともっといろんなことがあります。楽しいことや幸せなことは人数が増えた分だけ多くなります。でも、悲しいことや辛いことも増えますよね。病気とか。

 

でも、悲しいことや辛いことがあったときは、家族で支えあうことができます。大変でも、自分が大黒柱であると感じることは、あなたに生きがいを与えてくれると思います。私も、ただの女の子だったのに、結婚して、試行錯誤で子育てしたり、看病したり、お料理を作ったり、仕事してお金を得たり、いろんな問題をどうしたら解決できるか考えたり、相談にのったり、いつの間にかたくさんの役割を担って生きています。

 

自分が誰かに必要とされているということは、あなたに生きる力を与えてくれると思います。あなたに自信を与えてくれると思います。それはあなたに安心感をも与えてくれます。生きる喜びも与えてくれます。私もそれらを得ることができました。

 

結婚してできる冒険というのもあります。二人の人間が結婚するのですから、どちらかが、思いもよらないことを提案することもあります。最初はびっくりしても、そのうち二人で協力して、あなた一人の時には思いもよらぬような冒険をするかもしれませんよ。

 

私は前述したように、メキシコでメキシコ人と結婚しました。その後で、二人で日本で暮らし、その後オーストラリアに移住して、オーストラリアで二人の子どもをつくって育てています。長女は本人の好きなスポーツでオーストラリア代表となり、世界選手権大会にも出場しました。次女は14歳で日本語を勉強していて、「タトと書いて、外(ソト)と読むの?」とか「タタと書いて、多(オオ)と読むの?」なんて言っています。

 

一人だった時には想像もしなかったようなことが、結婚してから起こっているのです。結婚って、二人の人間が結婚することは先にも言いましたけど、本当に、あなた一人の時より世界が広がります。

 

確かに、子どものことで、ずいぶん喧嘩もしました。価値観が同じ人と結婚したと思ってたって、子どもが寝る時に、子どもに靴下をはかせて寝かすか否かで、大喧嘩にまで発展する騒ぎになったこともありました。いろんなことがあります。

 

でも、結婚して良かったと思います。だからあなたが結婚したいと思っているなら、私はあなたを応援したいです。

 

まとめ

 

結婚は人それぞれに違います。でも、私の場合は、結婚してから子どもができなかった時期があったり、いろんなことがあったけれど、結婚して良かったというのが感想です。だから、私はあなたの婚活を応援します!

 

結婚するために、婚活をしていて、もし、女性との会話が質問ばかりになってしまうなど、うまくいかないな、と感じているようでしたら、↓下のテンプレ会話術は管理人イチオシの教材です!

 

テンプレ会話術 感想

 

 

婚活で女性を安心させるためにすること

目安時間:約 5分

婚活では、女性に安心してもらうということは、どの位重要なことでしょうか?女性は、安心を与えてくれる男性との結婚を望みます。ただ、恋愛の延長で結婚したいと思っている女性は、安心できる男性との結婚に迷いが生じることもあると思います。

 

でも、最初に気持ちが揺さぶられる恋愛感情から入ったとしても、結婚を考えるのであれば、女性に安心感を与えることは必要です。どんなに好きな男性でも、いつまでも失業中では、結婚に踏み切れないでしょう。

 

どんなに好きな男性でも、「愛している」とか「早く会いたい」とかの言葉ばかりで、なかなか会えないのでは、見切りをつけるしかありません。

 

どんなに好きな男性でも、借金を抱えているのなら、返せる目途がついていることをわからせるか、計画的に返していてコントロールできていること、やむを得ない借金であったことを理解してもらう努力をするなどしない限りは、関係を終わりにするしかないと思います。

 

どんなに好きな男性でも、いつも責められたり非難されたりしていたら、不安になってしまいます。また、いつも女性の方に決断をゆだねているようでは、心許ないですね。「好きだ」という意思表示を全然しないようでも、離れていってしまいます。

 

自分の要求だけを押し通そうとして、女性の要求に耳を傾けようとしない男性も、女性に安心してもらうことはできません。

 

女性は、不安があるのに、その気持ちを押し殺して、結婚に踏み切る人もいます。でも、そういう女性と結婚してしまった男性も、女性と同じく、健全な結婚生活を保つことはできないと思います。

 

婚活で、女性に安心してもらうためには、女性を大切にしてあげてください。女性の不安は解消してあげてください。基本的に嘘はつかないでください。もし、問題を避けるため、言う必要がないことがある場合は、その秘密というべきものを、あなたが死ぬまで出さずにいてください。

 

失業中であるなら、婚活をしている場合ではないと思いますが、もし、どうしても結婚したいと思う女性がいるのなら、必ず職を早く得ることを約束して、必死に職探ししてください。

 

メールや電話で甘い言葉を言っているだけでは、女性を結婚に踏み切らせるのは難しいと思います。遠距離恋愛などでも、できるだけ会えるようにしてください。

 

借金があることを隠しているのは、結婚を前提としてお付き合いしている女性に対しては非常に失礼です。どういう経緯で借金ができたのか、返済の状況など、誠意を持って説明して、理解を求めるしかありません。

 

本音で話せる関係というのは大切なことですが、いつもあなたが文句を言う方なら、関係はうまくいかなくなってくると思います。文句を言う前に、深呼吸して、女性を気遣える自分がいるかどうか、考えてみてください。それができないなら、結婚する意味はないと思います。

 

いつも、「どこに行きますか?」、「何をしたいですか?」などと、女性に聞いてからでないと行動をとれないでいると、そのうち女性の方から、お断りとなってしまいそうです。あなたの方から、イニシアティブをとれるよう努力してみてください。

 

いつまでたっても友達のようで、その女性が「特別な存在」であると感じられるようなことを言動で表していない場合も、女性を不安にさせてしまいます。好意を伝えるには、手をつなぐとか、キスするとか、特別なプレゼントをするとか、特別な言葉で言う、特別な演出を考えるなど、いろいろあると思います。

 

あなたがハイスペックで上段に構えているなら、女性を安心させることはできません。自分がハイスペックであることを意識しているなら、偉そうになっていないか自分を振り返ってよく考えてみなければ、結婚は程遠いと思います。

 

まとめ

 

婚活では、結婚に至るために、女性に安心してもらうことが大切。そのためには、女性を大切にすること。女性があなたに対して持っている不安は解消するよう努力する。

結婚を成功させるための婚活

目安時間:約 4分

言うまでもなく、婚活のゴールは結婚ですが、どうせなら、結婚も成功と言えるような結果になるように、婚活すべきですよね。婚活が長引いて、なかなか結婚できないでいると、結婚さえできれば、その後は離婚になってもいいとまで思ってしまったりするかもしれません。

 

婚活中にいろいろ、傷つくことがあるかもしれませんが、結婚が失敗したときの痛手というのは、いろんな意味で本当に大きいですよ。だから結婚相手を選ぶときは、「自分を受け入れてくれるかどうか」とか、「若いかどうか」、「かわいいかどうか」といったような基準で選んでいると、後々不幸な結果になり得ます。

 

「若さ」で選んでしまうと、確かに、子どもを産んでくれる確率は高いと思うので、子どもができたら、そのことに関しては、良かったと言わざるを得ませんが、歳というのは皆とっていくものです。あっという間に「若くない嫁」になってしまいます。「若さ」のほかに女性に魅力を持てなかったのなら、結婚生活は地獄のようになってしまいます。

 

「かわいい子」という基準で、結婚相手を選んだのであれば、その女性がかわいくなくなった時点で、結婚生活は墓場と化してしまいますよね。結婚後、歳をとったり、太ったりで、いつまでもかわいいとは限りません。年を重ねても、かわいくい続けようと、内面、外面ともに努力し続けるような女性でなければ、かわいい期間というのは、ほんの何年かだけかもしれません。

 

婚活をしていて、断られ続けたりしていると、自分を受け入れてくれる人なら、誰でもいいと思ってしまいそうです。でも、その女性は、あなたが一生守ってあげたいと思えるような女性でしょうか?その女性は、あなたのことをずっと好きでいてくれるような人でしょうか?しっかり見極めてください。

 

あなたの年収だけに魅力を感じている女性なら、何らかの理由であなたの年収が下がったら、大ゲンカになるのかもしれません。あなたの職業だけが魅力に思っている女性なら、あなたが転職しようと思ったとき、あなたが退職したとき、離れていってしまうのかもしれません。

 

あなたのモテ顔だけに魅せられている女性なら、結婚後、もっといい顔の男が現れたら、そちらに流れていってしまうかもしれません。

 

お相手が「ウン」と言わなければ、婚活は成功に至りませんが、あなたが「ウン」と言ったなら、結婚後のことに関しては、何があっても、あなたにも責任の一端があるということをわかっていてください。その女性を選んだのは、あなた自身だからです。

 

まとめ

 

婚活は、結婚を成功させることを念頭にする。結婚相手を選ぶときは、うわべに惑わされない。自分で責任を持ってお相手の女性を選ぶこと。

結婚と恋愛の違い

目安時間:約 4分

結婚と恋愛の違いは何でしょうか?結婚したい人というのと、恋愛したい人というのがいますよね。ディズニープリンセスなんかは大抵、恋愛してから結婚というゴールにたどり着いています。そんなラブストーリーがちまたにあふれているから、恋愛をしてから結婚というスタイルに憧れるのかもしれません。

 

結婚というのは安定した社会的ステータスです。人間には性欲というのがありますけど、結婚するとその欲は満足させられます。恋愛の場合も、体の関係になっているのなら欲望が満たされていると思いますか?結婚の場合は子どもができても良いという安心感のもと、行為ができるわけですよね。恋愛関係の場合はどうでしょうか?

 

女性は「できてしまったらどうしよう」という不安を胸に、行為に及んでいるわけです。できてしまったら、未婚の母になる可能性がありますからね。一般的に未婚の母というのは社会的に厳しい状況です。それを避けるために中絶をしたら、精神的にも物理的にも、女性は傷つくことになります。

 

男性は逃げればいいのでしょうか。すべてを女性に背負わせて、自分は逃げれば大丈夫だと思うのでしょうか?でも、自分自身をだますことはできませんよね。自分がひきょうものであることは自分自身が一番よくわかっているはずです。自分の分身をすら、見捨てる男・・そしてこの先堂々と、生きていけるのでしょうか?

 

女性に結婚を迫られる場合もありますよね。結婚したいと思わない女性と結婚する羽目になるかもしれません。そういう可能性が頭をかすめる中、行為に及ぶのでしょうか。だから男性も心のどこかに不安のかけらを持っているはずだと思います。

 

結婚というのは落ち着いた状態です。たとえ、子どもがもう二人いて、これで終わりにしようと夫婦で合意していたとしても、3人目ができてしまったら、不安にはなりませんよね。経済的に大変になるよ、と思うことがあっても、自分たちも周りからも、おめでたいこととして、受け入れられていきます。

 

恋愛のドキドキ感は結婚後にはなくなってしまいますよね。だから結婚前に恋愛をしてこのドキドキ感を味わいたいと思う人が多いのだと思います。恋愛をしてると女性があなたのことを好きなのか好きじゃないのかわからなくて、不安ですよね。好きならどの程度まで受け入れてくれるのか?と、その気にさせる言動の一つ一つに振り回されて、恋焦がれていきます。気持ちの変化を例えるなら、まるでローラーコースターに乗っているようですよね。

 

結婚後は、自分が受け入れられていることがわかっているのだし、お互いのこともよくわかっているのですから、感情が振り回されることがなく、安定した状態です。だから、他のことにエネルギーを使うことができるのですね。生活していくための仕事などです。

 

でも、婚活中は、結婚したいと思う女性とめぐり合うことができたら、恋愛も経験できますよ。そして、恋愛ばかりしていてもぬけの殻になってしまう前に、結婚という安心できる場所に行きつくことができるといいですね。

 

恋愛の末に二人が願って結婚できるといいと思います。でも結婚するためには、その女性があなたに安心感を与えてくれる人なのかどうかを見極める必要があります。何か不安な材料があるのなら、恋心を持っていても、結婚はしない方がいいかもしれません。

 

まとめ

 

結婚と恋愛は違う。でも、婚活を通して、結婚したいと願える女性とめぐり合えたら、恋愛も経験できる。結婚できる男というのは、責任を持てる男ということ。

結婚相談所の女性は男性に恋をするか?

目安時間:約 3分

確かに、条件で相手を選んでいく結婚相談所での出会いでは、女性は男性に恋をするというイメージより、打算で選んだ相手とゴールイン、というイメージの方が強いかもしれません。

 

女性が男性に対して、大卒を希望し、身長170cm以上で年収500万円以上をも希望すれば、90%の男性があぶれることになるそうです。それで女性は、「いい出会いがない」なんて嘆いているんですよね。

 

「いい出会い」は、あぶれた90%の男性たちの中にあるんだと思います。そんなわけで、あなたがあぶれた90%の中に入っていたら、「結婚相談所の女性は男性に恋をするか?」という問題の前の段階で立ち往生してしまいます。

 

でもまあ、デートの段階までいったとします。女性だって生身の人間なのですから、結婚相談所経由だろうと道すがらだろうと、恋に落ちることはあると思います。それはあなた次第だと思います。女性だって、「恋愛」⇒「結婚」というストーリー展開に憧れていると思います。

 

でも。若くなければ結婚に至るまでの時間をのんびり過ごしている暇はないと思います。恋愛と結婚は違いますから、結婚が目的なら、恋愛抜きで考える人もいて当たり前です。

 

あなたが女性に対して、甘い言葉をかけたり、甘いまなざしでみつめることが得意だったとしても、経済的に家庭を支えられるだけの基盤がなかったり、将来へ向けてのしっかりした目的意識がなかったりなど、結婚相手として不安を与える要素があれば、早い時点で交際をお断りされるのは目に見えていると思います。

 

もし今まで付き合ってきた女性たちがいるのなら、そして別れてしまっているのなら、その理由は何なのか、よく考えてみた方がいいと思います。結婚相談所に登録しても、また同じ理由で結婚に至らないかもしれないからです。その原因となるものを解決してから結婚相談所に登録してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

 

結婚相談所に登録して、恋愛をしてから結婚したい、という場合は「恋愛」と「結婚」という二つの目的があることを理解する。最終目的が「結婚」であるなら、相手に「この人となら結婚してもやっていけそう」という安心感を与えることができなければ、「恋愛」だけで終わってしまう。そして、結婚相談所の女性があなたに恋をするかどうかは、あなたの力量次第。

好きになれない女性に告白されたらどうするか

目安時間:約 4分

もしあなたが、もう30歳にもなっていて、女性と付き合った経験がなかったとします。婚活をしてみて、女性とデートをしてみて、告白されたとします。性格は合うような気がします。きらいでもない。でも「好き」という感情が湧いてこない。そういう状況で、結婚を前提としたお付き合いを始めるべきでしょうか?

 

私はこう思います。

 

結婚は恋愛と違うから、「ドキドキ感」がなくても結婚して、良い家庭をつくることはできます。もう30歳なのだったら、結婚してもいい年です。

 

でもあなたが、この30年間、一度も女性と恋愛をしたことがないのなら、結婚する前に、一度は恋愛を経験してみた方がいいのではないかと思うのです。

 

結婚前に恋愛をすることはいいことだけれど、結婚後に他の女性と恋愛をすると、不倫になってしまうわけだし、子どもがいたら、離婚だなんだで、複数の人を傷つけることになってしまいます。欲求不満のまま結婚するのは、相手の女性に対しても失礼だと思います。

 

恋愛経験のある人が、そろそろ年貢の納め時ということで、「好き」という気持ちが生じていなくても、相性が合って、お互いに居心地の良い相手であるなら、結婚しても良いと思います。

 

あなたは恋愛をしている最中に、結婚できたら、と思うかもしれません。でも、そういう状態で結婚したとしても、恋愛感情というものは、いずれ冷めるものです。そのあとは、愛情でつながっていれば良いのです。

 

だから、結婚するのに、恋愛感情は必ずしも必要ではありません。

 

それで、いずれ恋愛感情なしで結婚することになるとしても、その前に、一度は恋愛経験をした方がいいと思います。だから「婚活は続けたい」ということを言ってみてはどうかと思います。

 

女性が「それでもいい」と言うのであれば、デートは続ければいいのでは、と思います。「好き」になれなくても、女性なのですから、経験にはなりますよね?

 

「婚活を続けるのであれば、もうお付き合いできない」ということであれば、それでおしまいにすればいいと思います。あなたの中では、この経験が少し自信となって、きっと次のいい出会いへとつながっていくと思いますよ。

 

今度はあなたが「好き」な女性にアプローチしてみてください。あなたはもう、「30年間女性経験ゼロの男」ではなく、「女性に告白されたことがある男」なのですから、以前のあなたとは違うはずです。大丈夫。あなたは恋愛できますよ。

 

まとめ

 

相性はいいと思うけれど、どうしても好きになれない女性から告白されたら、30歳まで女性と付き合ったことがないのだから、贅沢言える立場じゃないし、結婚を前提にお付き合いを始めるべきか?私の意見。婚活を続けてください。焦らないで。

 

 

3回目のデートで告白し、保留されたらどうするか・解決法は?

目安時間:約 5分

 

結婚相談所の婚活パーティーなどで知り合った女性に、3回目のデートで告白し、保留されてしまったら、その後の対応をどうしたらいいのかわからなくなってしまいますよね。答えを保留にされたとき、どうすべきかを紹介していきます。打開策を提案していますので、参考にしていただけるとうれしいです。

 

3回目のデートで告白して保留されることってよくあること?

告白した後、保留されて、「まだ答えが出ていなくてもいいから」と更にデートに誘ったら、「ちょっと会い辛い」と断られることもあります。そうなったら、パニック状態に陥るかもしれません。実は、3回目のデートで告白して保留されることって、意外とよくあることなんです。

 

解決策は?

3回もデートをしたのだったら、あなたのことを嫌っていたわけではないと思います。でも、婚活をしている女性だったら、他の男性とデートしている可能性は十分ありえます。他の男に取られるかもしれない、このままフェードアウトかもしれない、と思うと余計焦って何か手を打ちたくなるのも理解できます。

 

でも、しつこくするのは逆効果です。女性にはもう、あなたにとって彼女が特別な存在であることを伝えてあるのですから、これ以上追い詰めると墓穴を掘ることになります。保留にされたのなら、男らしく、2週間はじっと待てる男であることを示してください。2週間、連絡一切なしです。

 

それで、2週間後にデートに誘っていいかと言えば、そうでもありません。我慢です。3回もデートをしたんだったら、それなりに彼女から情報を引き出していたでしょうから、彼女が何に興味があるのかは知っていますよね?2週間ぶりの連絡は、彼女の興味を引きそうな話をさくっとするだけ。

 

彼女からの反応があって、デートに誘われたそうなニュアンスがあったとき初めて、軽い感じで誘ってください。その場合も、お付き合いを求めたことに対する返事は求めないでください。反応がない場合や、反応があってもデートに誘われたそうな感じが読み取れない間は、また1週間後くらいに短く、彼女の好きそうな話題を振る。デートには誘わない。我慢強い男を演出してください。

 

忍耐力を見せてください。「彼女のためには、苦しくても我慢できる男」を。「自分が欲しいものは何が何でも欲しい、わがままな男ではない」ことを見せてください。すぐに彼女とよりを戻したい、なんて思わないでください。長期戦を覚悟してください。そうすれば、可能性はあります。

 

なぜ保留されたのか?

そして、彼女と復活できたときのために、何が彼女を思い留まらせているのか、よく考える必要があります。

 

婚活の場合は、告白してお付き合いを始めるとしたら、それは結婚を前提としてですよね?プロポーズではなかったにしろ、プレ・プロポーズみたいなものですよね。女性は慎重になると思います。

 

恋愛と結婚は違います。結婚は女性にとって、「これからの人生、この人と一緒であれば何事も乗り越えていける」という安心感がなければ、踏みきれないと思います。あなたは、彼女に対して、それだけの安心感を与えることができていなかったのかもしれません。

 

最悪の場合には・・・

2週間ほど連絡せずにいると、女性は「え!?私のこと好きなんじゃなかったの?そんなに簡単にあきらめちゃったの?それとも私のこと、そんなに好きじゃなかったのかしら?」などと思って、女性を不安にさせる効果があるので、反応がよくなる可能性があります。試してみてください。

 

それで、デートを受け入れてもらえるようになっても、全然告白に対する返事をいつまでたってももらえない、という場合や、メールしても返信してもらえなくなった場合、どうしても状況を打開したい場合は、こちら を参照してください。必ず、状況が好転します。

 

まとめ

 

3回目のデートで女性に告白し、保留されて、焦ってしつこく追い回すと引かれてしまいます。2週間は連絡せずに待てる男になってください。そのあとも、デートには誘わず、彼女がその気になるまで、我慢強く待つのが得策です。それが彼女への思いやりでもあります。

 

白黒をつけようとせず、告白したことを忘れたかのようにふるまって、時間をかけて少しずつ好感を得ていけば、可能性は出てきます。

 

 

 

婚活における、一人暮らしか否かの問題

目安時間:約 5分

婚活というのは、結婚することを目的として活動しているわけです。中には、恋愛を目的にしている人もいるかもしれません。でも、基本的に結婚を考えている人が、婚活をしています。

 

結婚というのは恋愛と違って、男女二人だけの問題ではありません。お互いの家族も巻き込むビッグ・イベントです。だから慎重になりますよね。

 

あなたが一人暮らしをしていなくて、家族と同居しているのなら、一人暮らしの人と比べて、婚活はハードルが高くなっていると思います。一人暮らししている人は、家賃を家族に依存していないという意味で、頼りがいがあると思われますしね。

 

結婚したら、夫婦で独立して居を構えるつもりでいるなら、その旨をはっきりと女性に伝えておいた方がいいです。

 

結婚したら、お嫁さんを、自分の家族の家に同居させるつもりでいるなら、早い時点で、はっきりと、それをお相手に伝えておく必要はありません。

 

なぜかって。そんなことをしたら、価値観の違いとかなんとかで、別れることになるのがオチですから。

 

あなたとこの先何十年も、一緒に仲良く暮らしていけるだろうか、と考えている最中に、あなたのお母様他、ご家族と同居してうまくやっていけ、と言っていることになるのです。普通は嫌だと思います。

 

あなたにとってこの世にただ一人の大切なお母様でも、今の時点では、彼女にとっては赤の他人です。まだ、あなたたち二人の関係が、揺らぎのない関係になっていない間は、あなた以外の要因で別れてしまうのは残念です。

 

今の時点では、お相手の気持ちを聞いておくぐらいに留めておくのが得策だと思います。「結婚したらどこに住みたいですか?」くらいに。お相手の答えが何であろうと、その気持ちを受け止めてあげるくらいの度量は持っていた方がいいです。

 

まちがっても「僕は、母一人残すことはできません」なんて言わないように。いっかんの終わりです。嘘はつくべきではありませんが、あなたも少しは、彼女の希望に添えられる方法を模索してみるぐらいはしてみても、ばちは当たらないのではないでしょうか?

 

家族経営の仕事をしていて、同居が明らかに必要な場合を除いて、どうしても家族と同居してほしい場合は、タイミングをみて言ってください。

 

いつがタイミングかって?彼女をぞっこん惚れさせた後です。

 

あなたの家族との同居も、いい面もありますよね。お相手の女性が仕事を続けたい場合、お子さんができたら、保育所に入れなくても家で面倒をみてもらえるかもしれませんよね。家賃が浮くというのも魅力的です。彼女に家族との同居を求めた時は、そういう魅力をアピールすることです。

 

まず、家に招待して、特に、あなたのお母様と彼女の相性が合うかどうかみてからですね。仲が良くなるといいですよね。

 

結婚って本当に一大事です。二人だけの問題ではないですから。

 

家族との同居のような、重い問題を出す前に、まず、お二人の間の関係を、しっかり育んでくださいね。結婚はお互いの家族を巻き込むものですが、一番大切なのは、あなたと女性との絆ですから。

 

まとめ

 

一人暮らししている男性の方が、家族と同居している人より女性にとっては魅力的。

今、家族と同居していても、結婚したら独立するつもりなら、その旨を女性に伝える。

結婚後も、家族と同居を続けるつもりなら、それをはっきり伝えるのは、女性との関係が揺るぎないものになってからが良い。

 

 

■テンプレ会話術~女性に好かれる会話のテンプレート~

■テンプレ会話術~女性に好かれる会話のテンプレート~

■これがわかれば婚活に成功する!女性との会話例

■ちょっとだけ真似して使ってみるだけで、女性の反応がずっと良くなる具体的な会話が15例も載っています。その15のテンプレートは状況別になっていて、例えば、告白して付き合いたい時に、どう言ったらいいか、手をつなぎたい時にどう言ったらスムーズに手をつなげるようになるのか、合コンや街コンで、初めて会った女性と打ち解けたい時はどのような会話をしていけば良いかなどが、具体的にわかりやすく書かれています。

■LINEテンプレート~女性に好かれるメール術~

■LINEテンプレート~女性に好かれるメール術~

■女性に好かれるメールの法則を知る!

■女性と連絡先を交換した後から、女性とどうやってメールのやりとりをして、デートに誘えるようになるのかなどの流れが、具体的に書いてあり、よくわかるようになります。メール実録も入っていて、読めば、どのようにメールによって女性に好かれるようになっていくのかが手に取るようにわかります。絵文字や顔文字、LINEのスタンプの上手な使い方も解説されています。女性に好かれるための、メールのルールなどについても説明されていて、既読スルーされてしまう原因も書かれています。

■パブロフの彼女:女性がMになるいじりのテンプレート

■パブロフの彼女:女性がMになるいじりのテンプレート

■いじりの会話テンプレートで、女性をリードできるようになる!

■女性をMにさせて、連絡先を交換したい時や、デートに誘いたい時など、男性がリードして、女性が要求を受け入れてくれる状態にもっていく方法が詳しく書かれています。女性をリードできない11の原因について解説してあり、なぜ、ただの良い人で終わってしまうのか、なぜ、なかなか女性を落とせないのかが、わかるようになります。いじり方を含む、女性をリードする方法が、ステップバイステップで本当に詳しく説明されていて、とてもよく理解できるようになります。

 

ページの先頭へ