ネットお見合いにおけるプロフィール

目安時間:約 4分

ネットお見合いにおけるプロフィールは、その書き方によって女性があなたに興味を持つかどうかが決まってくる、非常に大切なものです。とはいえ、嘘の記載は意味がありません。ばれたら、うまくいくものもうまくいかなくなってしまう可能性が大きいからです。

 

基本的な情報は誠実に記載した上で、プロフィール文は、女性に興味を持ってもらえるような内容を考えましょう。

 

女性に興味を持ってもらえるような内容って、どんな内容でしょうか?万人が書くようなことではインパクトに欠けますよね。具体性があって、あなたのプロフィールを読む女性が、あなたがどんな人なのかを想像できるようだといいと思います。

 

想像できても、それが、不安を伴うものではマイナスのイメージになってしまいます。女性は、自分を安心させてくれる人と結婚したいのだということを頭に入れて、そういうイメージを抱けるようなプロフィール文が書けるといいですね。

 

つまり、悲しいこと、辛そうなこと、心配なこと、みじめなことなどは、書かない方がいいです。反対に、楽しいこと、頼もしいこと、希望を持てることなどを書くといいと思います。

 

例えば「休みの日にはドライブをしたりして、夫婦生活を楽しみたいです」とか、「新築の家を建てて、暖かい家庭を築きたいと思っています」とか、「仕事にやりがいを感じています。家事も積極的に協力したいと思っています」などは、女性が見たときに、あなたがどんな人なのかイメージできて、そしてそれはプラスのイメージですよね?女性が結婚後の様子を想像できたら、申込みをしてOKとなる確率は高くなると言えるでしょう。

 

お相手への要望も、自分の希望をそのまま書くのは能がありません。女性が見て感じが良く思われなかったら、申込みもされないし、申し込んでもお断りされてしまいます。全然申込みOKされないという場合は、お相手への要望の見直しが必要です。嫌われないように、謙虚にお願いします。

 

申込みメールも同じく、女性があなたからメールをもらってうれしい気持ちになるように考えて、書いてくださいね。そうすればきっと、申込みを受けてもらえる可能性も広がってきます。

 

まとめ

 

プロフィールには嘘を書いてはいけない。でも、プロフィール文は、あなたに興味を持ってもらえるように、明るいイメージで、あなたの考えていることや気持ちが伝えられるように書けると良い。読む女性がどう思うかを考えて文を作ること。お相手への要望や申込みメールも、ネットお見合いにおいては、コンピューターの向こう側で、女性がOKするかどうかの判断材料にしているということを念頭に書く。

 

 

■テンプレ会話術~女性に好かれる会話のテンプレート~

■テンプレ会話術~女性に好かれる会話のテンプレート~

■これがわかれば婚活に成功する!女性との会話例

■ちょっとだけ真似して使ってみるだけで、女性の反応がずっと良くなる具体的な会話が15例も載っています。その15のテンプレートは状況別になっていて、例えば、告白して付き合いたい時に、どう言ったらいいか、手をつなぎたい時にどう言ったらスムーズに手をつなげるようになるのか、合コンや街コンで、初めて会った女性と打ち解けたい時はどのような会話をしていけば良いかなどが、具体的にわかりやすく書かれています。

■LINEテンプレート~女性に好かれるメール術~

■LINEテンプレート~女性に好かれるメール術~

■女性に好かれるメールの法則を知る!

■女性と連絡先を交換した後から、女性とどうやってメールのやりとりをして、デートに誘えるようになるのかなどの流れが、具体的に書いてあり、よくわかるようになります。メール実録も入っていて、読めば、どのようにメールによって女性に好かれるようになっていくのかが手に取るようにわかります。絵文字や顔文字、LINEのスタンプの上手な使い方も解説されています。女性に好かれるための、メールのルールなどについても説明されていて、既読スルーされてしまう原因も書かれています。

■パブロフの彼女:女性がMになるいじりのテンプレート

■パブロフの彼女:女性がMになるいじりのテンプレート

■いじりの会話テンプレートで、女性をリードできるようになる!

■女性をMにさせて、連絡先を交換したい時や、デートに誘いたい時など、男性がリードして、女性が要求を受け入れてくれる状態にもっていく方法が詳しく書かれています。女性をリードできない11の原因について解説してあり、なぜ、ただの良い人で終わってしまうのか、なぜ、なかなか女性を落とせないのかが、わかるようになります。いじり方を含む、女性をリードする方法が、ステップバイステップで本当に詳しく説明されていて、とてもよく理解できるようになります。


ページの先頭へ