告白して保留された後のメールの内容

目安時間:約 5分

女性に告白して保留された後、女性の方からは連絡が来ておらず、こちらからメールやテクスト・メッセージなど送ろうと思っている場合、どんな内容にしたらいいでしょうか?ここでは、そんな状況においてのメールなどの内容について考えてみます。

 

 

告白して保留された後のメールの内容

普通の状況ではない、デリケートな場面だと思うので、注意が必要です。

 

まず、長々としたメールを送るべきではないので、短い文面を考えます。

 

そして、暗くならないこと。これ、すごく重要です。

 

告白したことに対する返事を求めるのは絶対にダメです。

 

告白したその日のうちに出すメールの場合は、「今日はありがとう!楽しかった」程度のシンプルなもので、あえて、「告白」のことに関しては触れない方が明るいイメージになっていいですね。

 

その後、彼女の方から連絡が何もなくても、2週間はこちらからも何もメールなどしない方がいいです。

 

「告白されて保留にした」という状況は、少なくとも彼女にとってはまだあなたのことを好きにはなっていないということです。嫌ってはいなかったのだと思いますが、女性って、しつこくされると嫌いになるという習性があるというのは、かなりの場合に当てはまると思います。だから、嫌われていなかったのに、ここへきて嫌われてしまう可能性があるのです。それは避けなければなりません。

 

メールなどするなら、相手の反応が鈍い間は2週間おきに、短いメッセージのみ。できれば、その短いメッセージの中に、彼女が笑顔になるような内容を考えて入れられるといいですね。返事は強要しないで。それが思いやりです。

 

そして、長期戦を覚悟しつつ、その2週間おきのメッセージは、いつもきっかり2週間後の同じ曜日、同じ時間位に送ってみたらどうでしょう?毎回、彼女を楽しくさせる短い文面で。

 

そうすると、うまくいけば、女性を「そろそろ彼からメッセージが届く頃かも」と期待させることができるかもしれません。もし、短い文面の中で、彼女を楽しい気分にさせることに成功していたなら、「ワクワク」させることも可能になってきているかもしれません。

 

そうなったら、少し「好き」な感情に近づけることができていることになります。

 

「楽しい気分にさせる短い文面」って、別にギャグを入れるとかそういったことではありません。例えば「元気ですか?コロナで気が滅入るから金魚買ったよ、結構癒される(笑)」とか、そんなことでいいのです。

 

要は、どんなことを書けば、彼女の気持ちがほぐれるかな?ということをよく考えて、それを実行するということ。「告白の返事を聞きたい」とか、「彼女とどうしても付き合いたい」とか「自分の欲求を優先させる」のではなく、「彼女の気持ちを優先させる」ということを根気強く続ければ、状況を打開することができる可能性がでてきます。

 

 

告白して保留された後のメールの内容・まとめ

焦れば焦る程、いいことありません。気持ちはわかります。早く白黒つけてほしいですよね?「保留」というのは本当に辛い状況だと思います。いっそのこと「お断り」された方がまだ良かったと思うこともあるかもしれません。

 

でも、「保留」されてしまったなら、しつこくして嫌われてしまわないように注意して、長期戦を覚悟して、2週間おきの短くて明るいメール作戦で状況を打開してください。

 

彼女の方からメールをくれるようになったり、彼女のメールの反応がよくなってきたら、焦らず、少しずつ、まずは告白前の状況に戻れるようにしてください。そして、今度は、彼女の方を好きにさせてから告白できるといいですね。そのためには、彼女を「ワクワクさせる」ことを引き続き行ってください。

 

 

メールで女性を魅了できる人、できない人

目安時間:約 5分

メールで女性を魅了できる人とできない人の違いは何でしょうか?その違いについてと、どうしたらメールで女性に好かれるようになるのかという解決策を講じます。

 

メールで女性を魅了できる人は、連絡先を女性からもらった後、何回かメールのやり取りをして、デートの約束を取り付けることができます。

 

メールで女性を魅了できる人は、デートの後、メールによって女性の好感度を上げて、次のデートへとつなげていけます。メールも会話もコミュニケーションなのだから、メールで女性を魅了できる人というのは、会話でも同じ要領で、女性を魅了できている可能性は大きいです。

 

メールで女性を魅了できない人は、やっとの思いで女性から連絡先をもらっても、メールを無視されてしまってそれでおしまいになってしまうかもしれません。それでまた、違う女性に声をかけて、連絡先をもらうことの繰り返しです。

 

不公平だと思いませんか?片方はどんどん女性との関係が進展していくのに、もう片方は、食事に誘っても断られたり、既読スルーとか。この違いは何でしょうか?

 

それは、メールで女性を魅了できるための知識があるかどうかだけの違いです。もちろん、知識を得たら、その通りに実行する必要はありますよね。でも、正しい知識がないまま実行しているから失敗するのです。正しい知識を得れば、PCでのメールでも、LINEでも、女性を魅了することができるようになる、ということは、言っておかなければなりません。

 

私はこのブログを通じて、婚活におけるコミュニケーション力の大切さについて、伝えてきました。私なりに、役に立てる情報を出してきたつもりです。でも、私自身で伝えきれない部分は、他のもっといい情報を出せる人に任せるべきだと思いました。

 

もしあなたが、LINEなどでの女性とのやり取りがうまくいかないと思っているのなら、そして、なんとか、メールで女性を魅了できる方法を知りたい、既読スルーされたくない、食事に誘ったり、デートに誘ったらOKの返事をもらいたい、と思っているのなら、私が購入してみて、きっと役に立ついい情報教材だと思えたものがあるので、それを試してみるのも一つの方法だと思います。

 

それは「LINEテンプレート~女性に好かれるメール術~」という情報教材です。テンプレートは、読めば流れがよくつかめるように、解説付きで丁寧に書かれています。どうやってデートに誘っていくのか、2回目、3回目のデートにつなげていくやり方、電話の仕方、話題について、メールを無視された時のうまくいくメールの送り方など、とても充実した内容になっています。

 

実録もついていて、他人のメールを盗み見しているようで、ちょっとドキドキしますが、読めば、どういう風にメールしていくのかが、よくわかると思います。すごく長いから、読むのに時間がかかりますが、解説も付いていて、ポイントがどこにあるのかがわかりやすいです。色の使い分けがしてあって、とても読みやすいです。メールでデートの約束を取り付けていくやり方などがよく理解でき、その後の展開なども書いてあるので、ちょっとしたドラマのシナリオのようです。

 

女性が好感を得るメールのやり方というのがあって、それを教えてくれている人がいるのですから、それを手に入れれば、今までの苦労が何だったんだろうという感じで女性の反応が良くなると思います。既読スルーされることもなくなります!

 

 

まとめ

 

メールで女性を魅了できる人とできない人の違いは、そのための正しい知識を持ち合わせているかどうかだけ、たったそれだけです。もし本気で、LINEなどで、素敵な女性を食事に誘ったりできるようになりたいと思うなら、おススメの方法があるので試してみてください。

 

 

 

LINEテンプレート感想

 

 

 

 

 

 

 

 

メールで「手をつなぎたい」旨を伝えてもいいか

目安時間:約 4分

女性と手をつないでも大丈夫かどうか、メールなどで予め「手をつなぎたい」旨を伝えてもいいでしょうか?

 

基本的には、メールなどでは聞かない方がいいような気がします。女性が答えにくいんじゃないかと思うからです。それで、スルーされたら、あなたは余計どうしたらいいかわからなくなりませんか?

 

それでデートキャンセルにならなかったとして、デートの日、気まずくなりませんか?彼女はあなたの意図を知ってしまっているのですから、彼女の方から手をつなぐのでない限り、「手をつなぐ許可を得られなかった男と、手をつなぐ許可を出さなかった女」というカップルになってしまいますよね。

 

いろんな人がいるわけだから、「いいですよ(笑)」なんて答えてくれる人もいるのかもしれません。そうしたらラッキーですよね。でも、最悪、デートキャンセルになる場合もあり得るのでやめておいた方がいいかな、と思います。

 

どうしてメールで打診してみたいと思うのかと言えば、手をつなごうとして彼女に拒絶されるのが怖いからですよね。女性は好きな人とだったら手をつなぎたいと思います。あなたのことを女性が好きになっているかどうか、まだわからないのですよね?それだったら、手をつなぐのは、女性の気持ちがわかってからでもいいと思います。つまり、告白してからです。

 

女性があなたと一緒にいるとき、とっても楽しそうにしていて脈がありそうだな、と感じられたのなら優しくゆっくり手をつないでみてもいいと思います。突然触ってくるのは痴漢みたいだからやめた方がいいです。女性は誰とでも手をつなぎたいわけではありませんから。好きになりかかっていたとしても、タイミングが早すぎるとうまくいかないかもしれません。

 

「手をつなぐ」というのは結婚するために必要なステップというわけではないと思います。焦らない方がいいです。

 

それでも手をつなぎたい。でもどうしても勇気が出ない、というのであれば、手相を少し勉強して、自分の手でいろいろ説明してみてはいかがですか?女性が興味を持って、自分から手を差し伸べてきたら、あなたの手にとって、話込めばいいと思います。ネガティブなことは言わないこと。知っていることをすべて言い尽くしたら、あとは自分で勝手に付け加えていけばいいんです。

 

「海外に行く相が出てますね。新婚旅行でかな?」とか、「運命の相手が近くにいるって出てますよ。俺のことかな?」とか。女性もあなたが適当なこと言ってるのがわかって、笑い出すかもしれません。そうなれば、手をつないでも大丈夫というサインだと思います。

 

逆に、あなたに彼女の手相を見させないようなら、触られたくないんだと思います。

 

まとめ

 

女性とのデート中に手をつないでもいいかどうか、メールなどで聞いてみたいと思っても、それはしない方が得策。手をつなぐ勇気が出ないなら、無理に手をつなごうとしなくて良い。手をつなぐのは、告白して、受け入れられてからでも大丈夫。

 

 

■テンプレ会話術~女性に好かれる会話のテンプレート~

■テンプレ会話術~女性に好かれる会話のテンプレート~

■これがわかれば婚活に成功する!女性との会話例

■ちょっとだけ真似して使ってみるだけで、女性の反応がずっと良くなる具体的な会話が15例も載っています。その15のテンプレートは状況別になっていて、例えば、告白して付き合いたい時に、どう言ったらいいか、手をつなぎたい時にどう言ったらスムーズに手をつなげるようになるのか、合コンや街コンで、初めて会った女性と打ち解けたい時はどのような会話をしていけば良いかなどが、具体的にわかりやすく書かれています。

■LINEテンプレート~女性に好かれるメール術~

■LINEテンプレート~女性に好かれるメール術~

■女性に好かれるメールの法則を知る!

■女性と連絡先を交換した後から、女性とどうやってメールのやりとりをして、デートに誘えるようになるのかなどの流れが、具体的に書いてあり、よくわかるようになります。メール実録も入っていて、読めば、どのようにメールによって女性に好かれるようになっていくのかが手に取るようにわかります。絵文字や顔文字、LINEのスタンプの上手な使い方も解説されています。女性に好かれるための、メールのルールなどについても説明されていて、既読スルーされてしまう原因も書かれています。

■パブロフの彼女:女性がMになるいじりのテンプレート

■パブロフの彼女:女性がMになるいじりのテンプレート

■いじりの会話テンプレートで、女性をリードできるようになる!

■女性をMにさせて、連絡先を交換したい時や、デートに誘いたい時など、男性がリードして、女性が要求を受け入れてくれる状態にもっていく方法が詳しく書かれています。女性をリードできない11の原因について解説してあり、なぜ、ただの良い人で終わってしまうのか、なぜ、なかなか女性を落とせないのかが、わかるようになります。いじり方を含む、女性をリードする方法が、ステップバイステップで本当に詳しく説明されていて、とてもよく理解できるようになります。


お手頃価格の結婚相談所



無料ご相談窓口-お気軽にご利用ください!

    管理人プロフィール

    管理人:婚活サポーターCarmina

    ラテン文化の中で培った経験と、持ち前の勤勉さで習得した婚活の知恵、及び、自身の恋愛、結婚話を、絶妙なコンビネーションでブレンドして、婚活を応援するための情報として、発信しています!

    詳しいプロフィールはこちら

    ページの先頭へ