犬ケ島・レビュー・感想(3回目のデートで観る映画としておススメ?)

目安時間:約 7分

今回は映画「犬ケ島」のレビュー・感想です。「3回目のデートで観る映画としておススメできますよ」みたいな感じで記事を書くつもりで見に行ってきたのですが、予想外の展開になりました。

 

どんな映画?


ウエス・アンダーソン監督の映画で、日本が舞台になっています。人形を少しずつ動かして撮影していく手法のストップモーション・アニメーション映画で、話題性があります。かわいい犬が沢山出てきて、お子さんや動物、特に犬好きの人などが「見たい」と思いそうです。

 

大まかなあらすじを記します。

犬インフルエンザが人間に感染するのを防ぐため、メガサキという架空の市の小林市長の決断で、すべての犬がゴミの島に捨てられます。市長の養子、12歳の男の子「アタリ」が、自分のガード犬「スポッツ」を探しにゴミの島へ渡り、そこで出会った犬たちとともに、探し回る、というお話です。

 

感想は?


小さいお子さんに見せる映画ではありません。小・中学生でも、私だったら見せたくないと思いました。重い内容で、バックミュージックも合わせて、全体的に暗いです。3回目のデートで観る映画としてはおススメしません。「彼女が見たいのであれば、見てもいいですよ」という程度です。

 

英語版なのに

映画の中の日本人は皆、日本語をしゃべって、英語の字幕なしです。私はオーストラリアに住んでいるので、オーストラリアでこの映画を見たわけですが、これって、日本語がわからない人が見て、何言ってるかわからなくて、イライラしませんかね。そういう効果を狙っているのでしょうか。私は日本人なのでわかりましたが。

 

それで、市長などの演説の時は、途中から同時通訳が実況中継で英語でしゃべるような設定になっていて、演説している人が言っていることはわかるという仕掛けです。

 

誰が英語をしゃべるのか

誰が英語をしゃべるのかというと、犬たちは全員英語でしゃべるのです。男の子「アタリ」が日本語でしゃべって、犬たちは英語で返すという・・・。これ、日本以外の国の人が見たら、完全に犬の立場に身を置いて感じるようになりませんか。

 

しかも、犬たちは皆、人間味(?)溢れて描かれています。日本の犬なのに、皆、西洋人っぽい・・・。そして、日本人は全員、表情に乏しいのですよね。主人公たるべき「アタリ」まで、魅力的に描かれていないというのが私の感想です。

 

アタリが犬に「お座り」をさせる場面があるのですが、そこは英語で言うのです。しかもすっごい日本人的発音で。「sit」ではなく「シット(shitto)」と何回も。その状況で視聴者は、「shitto」というのが「sit」の意味だけど、発音が全然なってないことに気付くわけです。

 

その後、物を投げて、犬に取ってこさす場面も同じようにあって、「fetch」ではなく「フェッチ(fecchi)」としつこく言っているのです。なぜここで、「お座り」などの日本語ではなく、英語で言わさなければならないのでしょうか。

 

英語をしゃべる人、他にもいます。日本の学校で唯一の外国人、ホームスティ中の、金髪のアメリカ人の女の子です。市長に反対して「人間の友」である犬たちを助けるためのグループにいるわけですが、「日本語をしゃべるので何を言っているかわからないおとなしい日本人学生」たちの中で、一番活躍する生き生きした女の子です。(この子が影の主人公?)

 

そして、もう一人、このアメリカ人と英語で話すことができる科学者の日本人女性が登場します。お下げの髪に、OとYのイニシャルがついています。オノヨーコさんだから英語をしゃべれるということでしょうか。

 

生殺し

映画の冒頭に、日本の歴史が流れ、外国人が好きなテーマ、「サムライの首切り」も当然のように出てきます。その後、人間の友である犬たちをゴミの島に生きたまま捨てますよね、日本人が。それから新鮮な寿司を作るシーンです。

 

生きたままの魚やタコなど、包丁でブッタ切ってもまだ、魚の口とか動いています。こういう、日本の文化の一部分を切り取って、意識的に大きく貼り付けるというのは、何か意図的なものがあるのではないかと思ってしまいました。

 

クジラ

この映画にクジラは一切出てきませんが、「絶滅に瀕したクジラを日本人が殺して食べている」というイメージまで連想してしまいました。

 

私の2人の娘たちはオーストラリア生まれで「オーストラリア人」なわけですが、日本が「クジラ捕獲」でバッシングを受けている時などは、「学校で何を言われても言い返さないように」と言い含めておりました。人知れず、苦労させていると思っています。

 

そんなことで、「カルメンの考えすぎ」的な、個人的感想でした。お許しください。日本にいる日本人は連想しないかもしれません。でも、よその国の人は連想するかもしれない、とは思いました。

 

更に

もう一つ、ストーリーとして腑に落ちない点があります。ネタバレになってしまうので、はっきりとは言えませんが、「アタリ」が自分の犬を探し回って、やっと見つけた後、犬に言われることです。腑に落ちません。(詳しくは、映画をご覧ください)

 

犬ケ島・レビュー・感想のまとめ


3回目のデートとして観る映画としてはおススメはしませんが、日本の方には自分自身の目で見て感じてもらいたいとは思います。ただ、日本のことをよく知らない、世界中の人たちに娯楽として観られて、「これが日本人のプロトタイプ」みたいなイメージを植え付けられるのは怖いと思いました。

 

非常に巧みに作り込んである映画という印象を受けました。

この映画はいったい、何を言いたいのか

なぜ舞台を日本にする必要があったのか

日本人はこれを見て喜んでいていいのか

 

黒澤明監督の影響を受けていると言われているようですが、根底から「違う」と思いました。

日本では5月25日公開予定だそうです。

 

 

(突然ですが)日本の少子化、心配です。

 

 

メルアドを雪ダルマ式に増やし無限のチャンスを手に入れる方法・感想

目安時間:約 5分

情報教材「メルアドを雪ダルマ式に増やし無限のチャンスを手に入れる方法」の感想を記したいと思います。この教材は 「メールの返信すらくれない女をいとも簡単に復活させて彼女にする方法」という、前回紹介した情報教材の特典の一つです。

 

PDF教材で全部で13ページです。浅井真、横山建共著となっていますが、この教材も浅井真氏が書いたものです。

 

「メルアドを雪ダルマ式に増やす」ってずいぶん大袈裟な言い方ですが、「女性にメルアドを聞けない」状況から、「「聞ける」状況になるのかどうか、また、「女性にメルアドを聞いて、断られる」という状況から「断られない」という状況になるのかどうか、という2点を押さえているかどうかをチェックしてみました。

 

概要

無理なく非常に簡単に女性にメルアドを聞く方法で、聞くことに抵抗がなくなるマインドについても記されています。

 

女性にメルアドを聞けない原因が詳しく説明されています。

 

メルアドを聞いた後、いつメールするか、そして何をメールすれば良いかも具体的に書いてあります。

 

9割の男性が陥っている、失敗の原因となるメールの内容についても触れられています。

 

女性の警戒心を取り除くべき、ということについての理解ができるようになる内容です。

 

そしてそれが、女性から確実に返事がもらえる方法でもあるということです。

 

感想

合コンや街コンなどでメルアドを聞く時の方法です。1対1のお見合いやデートの後で聞く場合とは違います。また、行きつけの店の店員さんや、いつも顔を合わせている職場の人にメルアドを聞くようなケースとも違います。(このような場合は、こちら  の情報教材の中の「メルアドの聞き方」が役に立ちます)

 

合コンで全然話せなかったり、少ししか話せなかった時など、効果を発する方法です。メルアドを聞かれた女性の心理状態や男性側の気持ちの説明がされていて、どういうマインドで聞けば、抵抗がなくなるのかが理解できるようになるのがいいと思いました。

 

そして、そうすれば、9割の女性が間違いなく、メルアドを教えてくれるとのこと。まあ、100%とは言っていませんが。

 

また、具体的に、いつ、何をメールしたらいいのかがはっきり示されていて、とてもわかりやすいです。確実にメールを返してもらえる内容が書かれています。

 

わかってしまえば、「なんだ、たったそれだけ?」と思うような簡単なことです。誰にでもできる。でも、やっぱり、教えてもらわないとわからないと思うので、特典としての価値は十分あります。

 

雪ダルマ式に増やさなくても、たった一人の素敵な女性からメルアドを聞き出すことができて、悩むことなくメールして、返事をもらうことができて、それがきっかけで、将来、家庭を築くことになるような関係を育んでいけたらいいですね・・・と思いました。

 

メルアドを雪ダルマ式に増やし無限のチャンスを手に入れる方法・感想まとめ

たかが特典ですけれど、されど特典という感じです。合コンや街コンなどで、女性にメルアドを普通に聞く聞き方、考え方の教材です。100%断られないとは言っていませんが、90%の女性が間違いなく教えてくれる方法です。

 

そして、返事を確実にもらえる具体的なメールの内容を知って、女性にメールして、そこから徐々にやり取りを増やしていくという、普通といえば普通のやり方です。ただ、「返事を確実にもらえる」というのがミソですね。

 

この特典をもらえる情報教材は  メールの返信すらくれない女をいとも簡単に復活させて彼女にする方法 ~好きなあいつの心を取り戻す脅威の復活マニュアル~  です。

メールの返信すらくれない女をいとも簡単に復活させて彼女にする方法・感想

目安時間:約 9分

今回は「メールの返信すらくれない女をいとも簡単に復活させて彼女にする方法」~好きなあいつの心を取り戻す脅威の復活マニュアル~という、長~いタイトルの情報教材の感想・レビューです。

 

すごいタイトルですよね。ホントか?って思いますよね。これが本当だったら、告白して保留にされてしまったときなどの解決策になるということですよね。全部読んでチェックしてみました!

 

制作者

浅井真と横山建の共著となっていますが、このマニュアルを作成したのは浅井真氏の方で、特典やメルマガの方で横山建氏が関与している形になっています。ですので、今回はこの復活マニュアル「メールの返信すらくれない女をいとも簡単に復活させて彼女にする方法」のレビューということで、浅井真氏の方に焦点を当てていこうと思います。

 

公式サイトには、浅井真氏の外見についていっさい触れられていません。ですから私は、どうせ背が低くない人なんでしょ、どうせ顔はそんなに悪くないんでしょ、どうせ髪の毛は薄くないんでしょ、どうせ太ってないんでしょ、そんな人が書いてるマニュアルなんでしょ、と思っていました。

 

でも、「メールの返信すらくれない女をいとも簡単に復活させて彼女にする方法」を読み進めていくうちに、愕然としました。この方、マジで女性に何度も嫌悪された経験のある人です。本当にそういう経験をしていないと書けない内容です。

 

「モテない男性」というのと、「嫌悪される男性」というのは同じではありません。ずっとモテなかったという人でも、嫌悪された経験のない男性だって普通にいます。

 

ずっとモテなかったのが、苦労の末、モテるようになって、情報発信する人もいるわけですが、「女性に嫌悪されるまでの失敗を繰り返した末、モテるようになって情報発信している人」が浅井真という人です。

 

高校1年から高校3年までの間に、告白しては振られ、を繰り返すこと12回だそうです。ちょっと普通じゃないですよね。1年に4回、季節ごとに1回告白しているという感じでしょうか。七転び八起きの精神で、高校3年のあるとき、「人が人を好きになる法則」に気付いてしまったのだそうです。

 

それからの10年間は120勝0敗とのこと。1年に12回、1か月に1回女性を口説いていた感じですね。真似しないでください。モテ男にならなくていい、という意味です。

 

ただ、婚活の場においては、「女性を口説く」ということをやっていかなければならないわけですよね。普通は、どうしたらいいかわからなくて当然です。こういう「恋のメカニズム」を知っている人から情報を得て真似してみるのは、婚活を成功させるための近道になると思います。

 

コンテンツ

全152ページです。公式ページには全190ページと記載されていますが、特典のPDFのページ数を合わせても全部で177ページでした。

 

女性を意図的に落としていくためのノウハウで、長い時間をかけて自然の成り行きに任せている暇がない、婚活のような場合に有効な戦略的内容になっています。

 

「好きにさせるにはどうしたらいいか?」という考え方がわかるようになります。恋愛の駆け引き、告白のタイミングについて詳しく説明されています。

 

女性の男性に対する好意レベルを「嫌悪」、「興味なし」、「普通」、「好意」、「好き」の5段階に分けて、それらのレベルの説明、見分け方、そして好意レベルを段階的に上げていき、最終的に女性を好きにさせるという方法が、具体的に会話例とともに記載されています。

 

「なぜあなたは嫌われてしまったのか」ということが詳しく明記されているので、嫌われてしまった原因というのがよくわかるようになると思います。そして解決策が講じられています。

 

会話や電話での会話のことについても書かれていますが、タイトルでお分かりのように、メールの仕方は重点的に非常に細かくわかりやすく説明されています。ですので、どういう内容のメールを送ったらいいかわからないとか、メールの頻度について知りたいという疑問は解消します。

 

とにかく考え方についてが徹底的に解説されていて、女性に好かれない原因が何であるかの気づきは確実にあるはずです。

 

女性の私が読んでも驚くほど、女心についての言及があり、図星です。心理学者さながらの描写が多々あります。とても興味深い内容で、よく解析されていると思います。

 

女性の好意レベルをよく見極めて、一つひとつ、段階的にレベルを引き上げるための具体策が書いてあるわけですが、私が特に特徴的だと思ったのは、「嫌悪」から「興味なし」に引き上げる方法がとても詳しく出ていることです。「興味なし」から「普通」もそうです。

 

女性攻略のこの手の情報教材は、どちらかというと、普通の状態から「好き」な状態へ持っていく方にウエイトを置いているものがほとんどだと思います。でも、告白して保留されて、しつこくメールしすぎて「嫌悪」レベルまで落ちてしまうケースなど多いと思います。

 

最悪のケースから復活させることができるマニュアルとして、価値は高いと思いました。もちろん、「好感」レベルの女性を「好き」レベルへ持っていく方法というのも、必見です!

 

おまけとして、「女性に嫌われることなく、ホテルへ誘う方法」というのもついていました。

 

デメリット

  • 価格が税込で25,272円です。ちょっと高いですね。

 

  • メールの返信すらくれない女を一瞬のうちに復活できるわけではありません。それなりに時間は要します。

 

  • タイトルに「いとも簡単に」とありますが、「いとも簡単」にできるようになるには、行動をおこす必要があります。

 

メリット

  • 特典が3つ付いています(1年間の回数無制限個別メールサポート、女性のメルアドを雪だるま式に増やし無限のチャンスを手に入れる方法、女性に好印象を与える効果的ファッション戦略)、その他に、「狙った女性の好意レベルを完璧なまでに見極める5つの読心術」という音声ファイルもいただきました(これはいつも付いているのかどうかわかりません)

 

  • ページ数が少ない割に、狙った女性を落とす効果が上げられる実践的な濃い内容です。

 

  • 女性にいつも「友達としてしか見れない」と言われるのがなぜなのかが明確にわかるようになります。

 

「メールの返信すらくれない女をいとも簡単に復活させて彼女にする方法」感想のまとめ

もともと、婚活中に女性に告白して保留にされてしまった場合の解決策で、より良い方法はないかと模索していてみつけた情報教材です。タイトルが胡散臭いような気がしたのですが、質の良い役に立つ教材でした。

 

告白して、保留にされたときの対処方として、有効だと思いました。それだけでなく、女性に好感は持ってもらっているけど、好きにはなってもらえないでいる場合や、いつも「いい人」どまりになってしまう人、完全に嫌われてしまったと悩んでいる人など、必ず状況から脱せる内容になっています。詳しくは公式サイトをご覧ください。

↓↓↓

メールの返信すらくれない女をいとも簡単に復活させて彼女にする方法 ~好きなあいつの心を取り戻す脅威の復活マニュアル~ af-0840

 

結婚してみた感想(婚活している人を応援する理由)

目安時間:約 6分

今回は、私が結婚してみた感想をお伝えしたいと思います。結婚と一言で言っても人それぞれだと思います。私の場合は、結婚適齢期にメキシコに住んでいたので、結婚した相手はメキシコ人です。私にとってそれはとても自然なことだったと思います。まわりに日本人の男性は全くいませんでしたから。

 

メキシコ人と結婚して良かったと思うのは、私が和食を作るのが下手でも問題のなかったことです。私が下手な和食を作っても、日本食ってこんなものかと思って食べてくれました。私は日本人だから、メキシコ料理が下手でも許されました。要するに、お料理ができなくても許される結婚生活だったことは幸運でした。

 

子どもができるまで10年以上かかり、もう子どもはできないものと思っていたので、夫婦生活をエンジョイすることができました。恋人のような期間が長かったのも幸運だったと思っています。子どもがいないで、二人だけで暮らしている場合は、家の中に大事にする人がお互いに、一人しかいないわけですからね。

 

結婚して10年以上たってから、娘二人を授かりました。子どもができると、子どもの方に重点が置かれてしまって、夫婦の間がちょっと空いてしまったりする期間があります。でも、自分の子どもという共通点ができるというのは大きいことだと思います。

 

自分一人だけでもいろんなことがあるのに、結婚して二人になると、もっといろんなことがあります。子どもが一人、二人と増えれば、もっともっといろんなことがあります。楽しいことや幸せなことは人数が増えた分だけ多くなります。でも、悲しいことや辛いことも増えますよね。病気とか。

 

でも、悲しいことや辛いことがあったときは、家族で支えあうことができます。大変でも、自分が大黒柱であると感じることは、あなたに生きがいを与えてくれると思います。私も、ただの女の子だったのに、結婚して、試行錯誤で子育てしたり、看病したり、お料理を作ったり、仕事してお金を得たり、いろんな問題をどうしたら解決できるか考えたり、相談にのったり、いつの間にかたくさんの役割を担って生きています。

 

自分が誰かに必要とされているということは、あなたに生きる力を与えてくれると思います。あなたに自信を与えてくれると思います。それはあなたに安心感をも与えてくれます。生きる喜びも与えてくれます。私もそれらを得ることができました。

 

結婚してできる冒険というのもあります。二人の人間が結婚するのですから、どちらかが、思いもよらないことを提案することもあります。最初はびっくりしても、そのうち二人で協力して、あなた一人の時には思いもよらぬような冒険をするかもしれませんよ。

 

私は前述したように、メキシコでメキシコ人と結婚しました。その後で、二人で日本で暮らし、その後オーストラリアに移住して、オーストラリアで二人の子どもをつくって育てています。長女は本人の好きなスポーツでオーストラリア代表となり、世界選手権大会にも出場しました。次女は14歳で日本語を勉強していて、「タトと書いて、外(ソト)と読むの?」とか「タタと書いて、多(オオ)と読むの?」なんて言っています。

 

一人だった時には想像もしなかったようなことが、結婚してから起こっているのです。結婚って、二人の人間が結婚することは先にも言いましたけど、本当に、あなた一人の時より世界が広がります。

 

確かに、子どものことで、ずいぶん喧嘩もしました。価値観が同じ人と結婚したと思ってたって、子どもが寝る時に、子どもに靴下をはかせて寝かすか否かで、大喧嘩にまで発展する騒ぎになったこともありました。いろんなことがあります。

 

でも、結婚して良かったと思います。だからあなたが結婚したいと思っているなら、私はあなたを応援したいです。

 

まとめ

 

結婚は人それぞれに違います。でも、私の場合は、結婚してから子どもができなかった時期があったり、いろんなことがあったけれど、結婚して良かったというのが感想です。だから、私はあなたの婚活を応援します!

 

結婚するために、婚活をしていて、もし、女性との会話が質問ばかりになってしまうなど、うまくいかないな、と感じているようでしたら、↓下のテンプレ会話術は管理人イチオシの教材です!

 

テンプレ会話術 感想

 

 

■テンプレ会話術~女性に好かれる会話のテンプレート~

■テンプレ会話術~女性に好かれる会話のテンプレート~

■これがわかれば婚活に成功する!女性との会話例

■ちょっとだけ真似して使ってみるだけで、女性の反応がずっと良くなる具体的な会話が15例も載っています。その15のテンプレートは状況別になっていて、例えば、告白して付き合いたい時に、どう言ったらいいか、手をつなぎたい時にどう言ったらスムーズに手をつなげるようになるのか、合コンや街コンで、初めて会った女性と打ち解けたい時はどのような会話をしていけば良いかなどが、具体的にわかりやすく書かれています。

■LINEテンプレート~女性に好かれるメール術~

■LINEテンプレート~女性に好かれるメール術~

■女性に好かれるメールの法則を知る!

■女性と連絡先を交換した後から、女性とどうやってメールのやりとりをして、デートに誘えるようになるのかなどの流れが、具体的に書いてあり、よくわかるようになります。メール実録も入っていて、読めば、どのようにメールによって女性に好かれるようになっていくのかが手に取るようにわかります。絵文字や顔文字、LINEのスタンプの上手な使い方も解説されています。女性に好かれるための、メールのルールなどについても説明されていて、既読スルーされてしまう原因も書かれています。

■パブロフの彼女:女性がMになるいじりのテンプレート

■パブロフの彼女:女性がMになるいじりのテンプレート

■いじりの会話テンプレートで、女性をリードできるようになる!

■女性をMにさせて、連絡先を交換したい時や、デートに誘いたい時など、男性がリードして、女性が要求を受け入れてくれる状態にもっていく方法が詳しく書かれています。女性をリードできない11の原因について解説してあり、なぜ、ただの良い人で終わってしまうのか、なぜ、なかなか女性を落とせないのかが、わかるようになります。いじり方を含む、女性をリードする方法が、ステップバイステップで本当に詳しく説明されていて、とてもよく理解できるようになります。


ページの先頭へ