ネットお見合いにおけるプロフィール

目安時間:約 4分

ネットお見合いにおけるプロフィールは、その書き方によって女性があなたに興味を持つかどうかが決まってくる、非常に大切なものです。とはいえ、嘘の記載は意味がありません。ばれたら、うまくいくものもうまくいかなくなってしまう可能性が大きいからです。

 

基本的な情報は誠実に記載した上で、プロフィール文は、女性に興味を持ってもらえるような内容を考えましょう。

 

女性に興味を持ってもらえるような内容って、どんな内容でしょうか?万人が書くようなことではインパクトに欠けますよね。具体性があって、あなたのプロフィールを読む女性が、あなたがどんな人なのかを想像できるようだといいと思います。

 

想像できても、それが、不安を伴うものではマイナスのイメージになってしまいます。女性は、自分を安心させてくれる人と結婚したいのだということを頭に入れて、そういうイメージを抱けるようなプロフィール文が書けるといいですね。

 

つまり、悲しいこと、辛そうなこと、心配なこと、みじめなことなどは、書かない方がいいです。反対に、楽しいこと、頼もしいこと、希望を持てることなどを書くといいと思います。

 

例えば「休みの日にはドライブをしたりして、夫婦生活を楽しみたいです」とか、「新築の家を建てて、暖かい家庭を築きたいと思っています」とか、「仕事にやりがいを感じています。家事も積極的に協力したいと思っています」などは、女性が見たときに、あなたがどんな人なのかイメージできて、そしてそれはプラスのイメージですよね?女性が結婚後の様子を想像できたら、申込みをしてOKとなる確率は高くなると言えるでしょう。

 

お相手への要望も、自分の希望をそのまま書くのは能がありません。女性が見て感じが良く思われなかったら、申込みもされないし、申し込んでもお断りされてしまいます。全然申込みOKされないという場合は、お相手への要望の見直しが必要です。嫌われないように、謙虚にお願いします。

 

申込みメールも同じく、女性があなたからメールをもらってうれしい気持ちになるように考えて、書いてくださいね。そうすればきっと、申込みを受けてもらえる可能性も広がってきます。

 

まとめ

 

プロフィールには嘘を書いてはいけない。でも、プロフィール文は、あなたに興味を持ってもらえるように、明るいイメージで、あなたの考えていることや気持ちが伝えられるように書けると良い。読む女性がどう思うかを考えて文を作ること。お相手への要望や申込みメールも、ネットお見合いにおいては、コンピューターの向こう側で、女性がOKするかどうかの判断材料にしているということを念頭に書く。

 

 

ネットお見合いにおける、危険なことまとめ

目安時間:約 4分

ネットお見合いは、料金もお手頃だし、自宅のパソコンで婚活ができるので簡単にできます。誰にも知られることなくできるというのもやりやすい理由かもしれません。それに、初めて婚活を始める人にとって、婚活パーティーのように、初めての所へ赴いて、たくさんの異性としゃべる、というのより、メールから入る出会いの方がハードルが低そうです。本人を証明する免許証などの書類提出くらいで始められるので気軽にできますね。

 

でも何か危険もありそうだな、と思うのが普通です。ですので、危険でありえることを以下にまとめてみました。

 

  • 迷惑メールがたくさんくるようになる
  • 退会できないようになっている
  • 退会させないためにサクラが用意されている
  • お金を払っても会えない

これらのような、悪い業者がやっている婚活サイトでないかどうか、登録する前に、よく調べる必要があると思います。利用規約は必ず読むようにしてください。

 

  • 詐欺師がいる

住む家を借りる敷金だとか、欲しい指輪があるとか、どんな理由があるにせよ、お金を渡してはいけません。

 

  • まじめに結婚相手を探していない
  • セールスが目的
  • 個人情報収集が目的

これらの人であることに気付くためには、すぐ会う約束を交わさず、事前にしっかりメールのやりとりをした方がいいと思います。それで気付かずに会ってしまったあと、何か変だと思ったらすぐにデートを切り上げて、あなたの情報を教えたり(住所など)、お金を渡したりしないようにしてください。

 

最初は普通、名前や自分のメールアドレスを知らせることなく、何回かメールの交換ができるようなシステムになっていると思います。その間に何かおかしいと感じれば、自分の名前やメールアドレスを教える前に、お断りできます。

 

その他に、危険というほどではありませんが、注意すべき点はあります。身分証明書の提出が必須であっても、その他のデーターは自己申告であるので、プロフィールは100%信じることはできないということです。もちろん、結婚相手を探しているのですから、普通は事実を書いているはずですが、特に女性の場合、体重を偽って申告しているケースはあると思います。

 

プロフィール写真を載せていない場合はどう考えるべきでしょうか?単に顔が悪いから載せていないんだろうと思うかもしれませんね。でも、特に女性の場合、自分の顔写真をネット上に公表するというのは、とても危険なような気がする人は多いと思います。本名とメールアドレスを教えあった後でも、まだ会ったこともない人に、自分の写真を送る、というのは怖い気がします。

 

ネット婚活、大丈夫かな?と、多少なりとも不安を持ちながら登録しているのです。あなたはまじめに取り組んでいる人でしょうけれど、女性が会う前に写真を送ってこないのにはそういう理由もあるということをわかっていてください。

 

まとめ

 

ネットお見合いにおける、危険なことが何かを理解していれば、トラブルを回避することができる。危険を回避して、ネットお見合いを上手に活用すること。

管理人プロフィール

管理人:婚活サポーターCarmen

ラテン文化の中で培った経験と、持ち前の勤勉さで習得した婚活の知恵、及び、自身の恋愛、結婚話を、絶妙なコンビネーションでブレンドして、婚活を応援するための情報として、発信しています!

詳しいプロフィールはこちら

ページの先頭へ